ニュース
» 2012年12月05日 21時43分 UPDATE

録画やネットワーク視聴も視聴率に、ビデオリサーチの新たな取り組み

視聴率調査会社もレコーダーやDLNAによるネットワーク視聴を無視できない時代になった。ビデオリサーチのプライベート展示会では、タイムシフトやプレイスシフトに対応する測定技術を紹介している。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ビデオリサーチは12月5日、プライベート展示会「VR FORUM 2012」を開催し、開発中の視聴率計測手法を披露した。これにはレコーダーの普及で増加しているタイムシフト視聴やDLNAによるネットワーク視聴など、テレビ視聴環境の多様化に対応する技術も含まれている。

ts_vr05.jpgts_vr06.jpg メインステージのデモ。ベッドルームのDLNA対応テレビでネットワーク視聴した場合でも、番組の放送日時やチャンネルが特定できるという。もちろんリアルタイム視聴率には反映されないが、番組の影響力を測る指標にはなる

 現在の視聴率調査は、テレビを所有する世帯のうち、「どの程度の世帯がテレビをつけ、どの放送局の番組を見ていたか」を示す指標だ。さまざまな世帯に調査用の「チャンネルセンサー」や「オンラインメータ」と呼ばれる機材を置いて計測、オンラインで集計する。ただし、調査はあくまでリアルタイムのテレビ視聴が前提で、録画番組の視聴などは含まれていない。

 一方、デジタル機器の進歩により、テレビの視聴方法は多様化している。PCにデジタルチューナーが搭載され、レコーダーでは複数番組の録画が当たり前だ。さらにDLNA/DTCP-IPにより、タブレット端末やスマートフォンでネットワーク視聴するケースも増えている。今後はVOD(ビデオ・オン・デマンド)による“見逃し視聴”なども含め、既存の方法だけでは対応しにくい。同社では2011年からチューナー内蔵PCも視聴率調査の対象としたが、さらに対応デバイスを広げる必要があると認識している。

 環境の変化に対応するため、開発した調査手法は多種多様。例えばタイムシフト視聴に対しては、音声透かし技術やフィンガープリント技術を提案している。このうち音声透かしは、テレビ放送の音声に人には聞こえない信号を混ぜ、調査機器のマイクで計測するというもの。レコーダーで長時間録画した番組でも「ある程度までは対応できる」(同社)としている。

 実用化に際しては、放送局側で音声透かしの埋め込みが必要となるため、専用のリアルタイム音声透かし埋め込み装置「SKC-1000」(試作機)を開発した。また、この技術を応用し、タブレットやスマートフォンにテレビ番組と同期した情報を配信するマルチスクリーン技術も検討中。IPDC技術を採用したマルチスクリーン型サービスと異なり、既存の規格と技術だけで実現できるサービスとして訴求する。

ts_vr01.jpgts_vr04.jpg 音声透かし埋め込み装置「SKC-1000」の試作機(左)。音声透かしは、今すぐ使えるセカンドスクリーン型放送サービスとしても訴求(右)

 一方、DLNAやVODによるネットワーク視聴に対しては、パケット解析技術を用いた測定装置を提案している。宅内のルータに専用の「VODアダプター/DLNAアダプター」を接続し、LAN内を流れるIPパケットを解析。「どのレコーダーの録画番組を視聴しているか」「どのVODサービスを利用しているか」まで測定できるという。

ts_vr02.jpgts_vr03.jpg パケット解析技術の解説

 これらの技術は研究段階であり、実用化の時期などが決定しているものではない。ただし、タイムシフトにデバイスシフト、プレイスシフトなどと言われるテレビ視聴の変化に対し、視聴率調査会社も対応が求められる時代になったことは確かだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.