ニュース
» 2013年01月29日 22時42分 UPDATE

QNAPの「TurboNAS TS-x69Pro/TS-x69Lシリーズ」がメディアプレーヤーに変身

QNAP製のNASがメディアプレーヤーになる最新ファームウェアが登場。HDMIポートに接続したテレビでHD映像を視聴できる「HD Station」機能を実装した。

[ITmedia]
ts_qnqp02.jpg HDMI端子は背面にある

 フォースメディアは、同社が取り扱う台湾QNAP Systems製のNAS「TurboNAS TS-x69Pro/TS-x69Lシリーズ」がメディアプレーヤーになる「HD Station」機能を発表した。最新のファームウェア「Ver.3.8.1」で利用できる。

 HD Stationは、TurboNAS TS-x69Pro/TS-x69LシリーズのHDMI端子にテレビを直接接続し、HD映像を再生できる機能。NASに録画した映像を視聴できるほか、Google Chrome(ブラウザ)をサポートしているため、YouTubeの動画再生やブラウジングも大画面テレビで楽しめる。

 iPhone/iPad/iPod touchがあれば、専用の無料アプリ「Qremote」を使ってHD Stationの操作が可能。また、Androidに対応したリモートアプリも用意している。スマートフォン以外では、オプションのIRリモコン(型番/価格未定)、USBワイヤレスキーボード&マウス、MCE(メディアセンターエディション)互換リモコンによる操作も可能になるという。

ts_qnqp01.jpg 対象製品

 最新ファームウェアの対象製品は、QNAP TurboNAS TS-x69LおよびTS-x69Proシリーズ(TS-269L/Pro、469L/Pro、569L、669L/Pro、869L/Pro)だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.