ニュース
» 2013年05月10日 17時27分 UPDATE

低価格ゾーンが充実:ソニー、Wi-FiやBluetoothを内蔵した「STR-DN1040」などAVアンプ3機種を発表

ソニーは、エントリーからミッドレンジにあたるAVアンプ新製品3機種を発表した。ネットワーク対応モデルは、最大192kHz/24bitのWAV/FLAC再生をサポート。Wi-Fiを内蔵し、AirPlayにも標準で対応する。

[ITmedia]

 ソニーは5月10日、エントリーからミッドレンジにあたる7.1ch対応AVアンプ3機種を発表した。価格は、エントリーモデルの「STR-DH740」が4万2000円、ネットワーク対応の「STR-DN840」は5万4600円、さらにHDMI2系統出力などを持つミッドレンジモデル「STR-DN1040」は6万8250円となっている。6月10日から順次発売する予定だ。

ts_sonydn02.jpgts_sonydn04.jpg 「STR-DN1040」(左)と「STR-DN840」(右)。フロントパネルがフラットになった。基本デザインは同じだが、高さはDN1040が172ミリ、STR-DN840は156ミリ

 全モデル共通の特長として、まずデザインを一新したことが挙げられる。新しいフロントパネルはフラットになり、「アンプとしての存在感はありながら、スッキリとしたデザイン。棚に入れても操作に不自由しない」(同社)という。

 “DN”型番の上位2モデルは、ネットワーク機能が充実。新たにWi-Fiを内蔵して手軽に家庭内LANに接続できるようになったほか、BluetoothやアップルのAirPlayにも標準で対応する。

ts_sonyavamp01.jpgts_sonyavamp02.jpg 「STR-DN1040」。フロントパネルにMHL対応のHDMI入力とUSB端子を備えている

 DLNAによるネットワークオーディオ機能は、最大192kHz/24bitのWAV/FLAC再生をサポート。ただし、192kHz/24bitへの対応は有線LAN接続時に限られ、Wi-Fi接続では最大48kHz/16bitになるという。また、上位機「DN-2030」(販売継続)がサポートしている4ポート有線ハブやマルチチャンネル(5.1ch)ハイレゾ音源再生などは採用していない。

 スマートフォンアプリ「Network Audio Remote」(Android/iOS)では、ネットワーク内のPCやNASに保存した楽曲データを選択、再生操作が可能(DLNAのDMCアプリ)。また「TV Side View」(Android/iOS)を使えば、ネットワーク内のソニー製AV機器をアプリから操作できる。

ts_sonydn06.jpgts_sonyavamp03.jpg 「STR-DH740」はネットワーク非対応モデル(左)。STR-DN1040のGUIは、ES型番モデルに近いデザイン(右)

 また、3機種ともフロントパネルにUSB端子を備え、ウォークマンやiPhone/iPodを接続して楽曲再生が行える。さらにDN型番の2モデルは、USBメモリーやUSB外付けHDDからの楽曲再生もサポート。AVアンプ側のGUI操作で音楽ファイルの選択や再生操作が行える。対応フォーマットは、MP3、AAC、WMA、および192kHzまでのWAVとFLAC。

新開発アンプ搭載、上位モデルの機能も採用

 映画館の臨場感を再現する「HD-D.C.S.」は全モデルで採用。上位2モデルは、世界的に有名なコンサートホールで実際に測定し、ホールの音場を再現する「コンサート・ホール・モード」も備えたほか、フロントハイ・スピーカーを使用してセンタースピーカーの音をリフトアップして画面にマッチングさせる機能や小音量でもバランスの良いサラウンド空間を再現する「サウンド・オプティマイザー」など、これまでは上位機種にしか搭載されていなかった機能を採用している。

ts_sonydn01.jpg 「コンサート・ホール・モード」で利用できる3つのホール

 STR-DN1040では、新開発の「リニア広帯域パワーアンプ」を搭載。あわせて新開発の大型ブロックコンデンサやオーディオ機器専用抵抗を採用するなど音質向上を図った。「よりフォーカス感が良く、スケール感の豊かなサラウンド空間を再現する」という。

 HDMI入出力も豊富だ。8入力/2出力をサポートし、新たにフロントHDMI端子がMHL(Mobile High-Definition Link)に対応した。4Kパススルー/アップルケールは従来のアナログ入力に加え、HDMI入力にも有効になっている。

ts_sonydn03.jpgts_sonydn05.jpgts_sonydn07.jpg 左から「STR-DN1040」「STR-DN840」「STR-DH740」のリアパネル

 そのほかの仕様は下表の通り。

型番 STR-DN1040 STR-DN840 STR-DH740
概要 7.1ch対応
アンプ出力 165ワット×7 150ワット×7 145ワット×7
Wi-Fi なし
Bluetooth なし
AirPlay なし
MHL なし なし
4Kアップスケール/パススルー ○/○ ○/ー ○/ー
HDMI入力/出力 8/2 6/1 4/1
価格 6万8250円 5万4600円 4万2000円
発売日 7月20日 6月25日 6月10日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう