ニュース
» 2013年09月05日 10時00分 UPDATE

ハイレゾ対応:「MDR-1R」の弟分? ソニーから小型軽量の密閉型ヘッドフォン「MDR-10Rシリーズ」が登場

ソニーはプレミアムヘッドフォン「MDR-1R」の技術や音、デザインコンセプトを継承しながら小型軽量化を図った新しい密閉型ヘッドフォンシリーズを発売する。

[ITmedia]

 ソニーは9月5日、プレミアムヘッドフォン「MDR-1R」の技術や音、デザインコンセプトを継承しながら小型軽量化を図った新しい密閉型ヘッドフォン「MDR-10R」シリーズ4機種を発表した。10月25日に発売する。

ts_10mdr01.jpg 「MDR-10R」。デザインコンセプトはMDR-1Rと共通だ

 ドライバーは、MDR-1Rよりも一回り小さい40ミリ径ながら、再生周波数帯域は5〜4万Hzを誇る新開発「HDドライバーユニット」。またハウジング上に設けた通気孔により、低域の過渡特性を改善する「ビートレスポンスコントロール」もMDR-1Rから継承した。「MDR-1Rの開発時にソニー・ミュージックと共同で検討した部分。楽器の生の音をスパッと再生できると“過渡特性がいい”といえるが、いわゆる音の立ち上がり/立ち下がりと同義だ」(同社)。

 イヤーパッドには低反発ウレタンフォームを立体的に縫製。装着時にはパッド部分が内側に倒れ込む構造を採用し、耳を包み込むような装着性と高い気密性を実現した。空気の漏れも減るため、音漏れの低減や低域再生の力強さにも影響するという。

オンイヤー型もラインアップ

 スタンダードな「MDR-10R」のほかに、NFCとBluetoothを搭載したワイヤレスモデル「MDR-10RBT」、約99.4%の騒音低減率を誇るデジタルノイズキャンセリング機能付きの「MDR-10RNC」を用意しており、ラインアップ構成までMDR-1Rと共通にした。Bluetoothモデルは、同時にリリースされた「MDR-1RBTMK2」と同様、音声コーデックにSBC/AAC/apt-Xをサポートしている。

ts_10mdr02.jpgts_10mdr03.jpg Bluetoothヘッドセットとなる「MDR-10RBT」。内蔵バッテリーで約17時間の連続再生が可能だ(左)、ノイズキャンセリング機能付きの「MDR-10RNC」。単四形乾電池1本で約20時間使用できる(右)

 一方、MDR-1Rになかったのがオンイヤー型の「MDR-10RC」だ。ドライバーはほかのモデルと共通だが、イヤーパッドは耳乗せ型(オンイヤー)で、重量は約165グラムともっとも軽量。本体の折りたたみも可能で、スマートフォンのハンズフリー通話に対応したマイク/リモコン付きコードが付属するアウトドアにも適した仕様となっている。

ts_10mdr04.jpgts_10mdr05.jpgts_10mdr06.jpg オンイヤー型の「MDR-10RC」には3つのカラーバリエーションを用意。折りたたみも可能だ

 そのほかの仕様は下表の通り。

型番 MDR-10R MDR-10RBT MDR-10RNC MDR-10RC
タイプ オーバーイヤー型 オンイヤー型
ドライバー 40ミリ径
再生周波数帯域 5〜4万Hz(Bluetoothモデルは有線接続時)
カラー ブラック、ホワイト ブラック ブラック、ホワイト、レッド
重量 約180グラム 約210グラム 約205グラム 約165グラム
実売想定価格 1万9000円前後 2万7000円前後 3万円前後 1万9000円前後
発売時期 10月25日
iconicon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう