ニュース
» 2013年09月10日 13時43分 UPDATE

ファブリック素材に身を包んだ“おしゃれ”Bluetoothスピーカー、ソニー「SRS-BTS50」

ソニーは、NFC対応のBluetoothポータブルスピーカー「SRS-BT50」を10月19日に発売する。水しぶきや雨がかかっても問題ない防滴加工で屋外でも利用できる。

[ITmedia]

 ソニーは9月10日、Bluetooth対応のポータブルスピーカー「SRS-BT50」を発表した。外装にファブリック素材を採用したオシャレなスピーカー。色鮮やかな5色を10月19日に発売する。市場推定価格は1万5000円前後。

ts_srs03.jpgts_srs012.jpg 「SRS-BT50」。ブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、レッドの5色。横から見ると丸みを帯びた三角形をしている

 コンパクトなボディーは、一見柔らかそうに見えるものの、触ってみると実はしっかりした構造だ。表面だけをファブリック素材として、「持ち歩く際に鞄の中にあるものを傷つけない」(同社)という。またファブリック部分を含めて表面に撥水(はっすい)加工を施したIPX 2(防滴)仕様のため、水しぶきや雨がかかっても問題ないという。操作部分にはラバー素材を用い、側面にはカラビナなどを装着できるフックも用意した。ファッション用品を連想させるタグは、ソニーのロゴ入りだ。

ts_srs22.jpgts_srs23.jpg 防滴仕様のため屋外やキッチンでも利用できる

ts_srs04.jpgts_srs010.jpgts_srs011.jpg ソニーロゴ入りのタブ。これも柔らかそうに見えて実は固い(左)。カラビナなどを装着できるフックも用意(右)

 39ミリ径のステレオスピーカーに加え、中央にパッシブラジエーターを搭載して低域を強化した。出力は2.5ワット+2.5ワット。内蔵バッテリーで最大約10時間の連続再生が可能だ。また通常のステレオ再生の「ノーマルモード」に加え、音の広がりを楽しめる「サラウンドモード」を搭載。本体を後ろに倒し、スピーカーを上向きにすると内蔵の加速度センサーが検知して音場を自動的に切り替える仕組みだという。「サラウンドモードは、複数人で音楽を聞くときに便利」(同社)。

ts_srs01.jpgts_srs02.jpg 本体を後ろに倒し、スピーカーが上を向くと「サラウンドモード」になる(右)

 Bluetoothはver.3.0準拠。NFC対応により、対応するAndroidスマートフォンなどであれば、ワンタッチでペアリングや接続が可能だ。音声コーデックは通常のSBCに加えてAACをサポート。また内蔵マイクによりハンズフリー通話も行える。

 音声案内の「ボイスフィードバック」機能も搭載。女性の声で「ペアリングモードです」などスピーカーの状態を教えてくれる。ほかにもボイスフィードバック機能を使えば、充電池の残量や電話をかける(リダイヤル)、ボイスダイヤルなどが可能だという。

 側面のカバーの下には3.5ミリミニジャックの外部入力と外部出力を用意。出力(ラインアウト)を手持ちのオーディオ機器に接続すれば、SRS-BT50をBluetoothレシーバーとして利用できる。「古いコンポを活用できるほか、車載オーディオにもライン入力付きの製品があり、車内でも利用できる」。

 本体サイズは、約175(幅)×70(高さ)×65(奥行き)ミリ。重量は約400グラム。ACアダプターが付属する。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.