ニュース
» 2013年09月18日 14時57分 UPDATE

4K/8Kに注目、「CEATEC JAPAN 2013」は10月1日から

CEATEC JAPAN実施協議会は、10月1日に開幕するIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2013」の開催概要を発表した。

[ITmedia]

 CEATEC JAPAN実施協議会は、10月1日に開幕するIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2013」の開催概要を発表した。14回目を迎える今回は、出展者数が587社/団体と昨年(624社)より減少しているものの、展示小間数は2339と微増(前回は2288小間)。海外からは19の国と地域から163社/団体が参加する。

ts_2ceatec001.jpgts_2ceatec002.jpg 昨年の様子(左)。あいさつに立ったCEATEC JAPAN実施協議会の佐々木則夫会長(右)

 既報の通り、今年の開催テーマは「Smart Innovation―明日の暮らしと社会を創る技術力」。CEATEC JAPAN実施協議会の佐々木則夫会長は、昨今の為替相場やアベノミクス“第3の矢”といわれる成長戦略、そして2020年の東京オリンピック開催決定などを挙げ、日本経済に明るさが見えていると指摘。CEATECを「新しいIT/エレクトロニクス業界の活力を感じられる場」とした。

 会場となる幕張メッセは、電子部品やデバイスを紹介する「キーテクノロジステージ」(1〜3ホール)と、4Kテレビやスマート家電など暮らしをテーマにした「ライフ&ソサエティステージ」(4〜6ホール)と大きく2つに分かれる。また6ホールにはスマートモビリティやスマートハウスの提案と体験の場として特別展示「Lifestyle Innovation」を設ける。7/8ホールは、昨年に続いてスマートモビリティの走行デモと試乗エリアだ。トヨタやホンダのパーソナルビークル試乗会、日産の自動走行デモなどが予定されている。

ts_2ceatec003.jpgts_2ceatec004.jpgts_2ceatec005.jpg 展示会場(左)。「ライフ&ソサエティステージ」(中)と特別展示「Lifestyle Innovation」の概要(右)

 会期中には合計134のセッションが行われる。初日の基調講演には東芝の佐々木則夫副会長やシャープの奥田隆司会長が登壇するほか、午前中には家電メーカー各社や放送・通信事業者が参加するパネルディスカッション「始動!4K/8K時代」が予定されている。「話題性の高い注目カンファレンス」(主催者)だ。

ts_2ceatec006.jpgts_2ceatec007.jpgts_2ceatec008.jpg 「始動!4K/8K時代」の概要。家電メーカーはもちろん、放送と通信の両方からパネラーが選ばれた(左)。最終日の10月5日(土)には、恒例のジュニア&キッズ電子工作教室を予定。今回は「大人の科学マガジン」の「電磁実験スピーカー」を作成するという(中)。また学生のためのIT・エレクトロニクス業界研究セミナーなど多彩な催しものを予定している(右)

 CEATEC JAPAN 2013の会期は、10月1日(火)から10月5日(土)までの5日間。このうち1日(火)は招待日、3日(水)〜4日(金)が通常の公開日で、最終日の10月5日(土)は無料公開日だ。入場料は当日登録で一般1000円/学生500円だが、公式Webサイトで事前登録を行えば無料になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう