ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京オリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オリンピック」に関する情報が集まったページです。

シャープの新規事業は「蓄冷材」 液晶の技術を応用 スポーツ観戦の暑さ対策にも
シャープは、社内ベンチャー「TEKION LAB」が開発した「蓄冷材」を新規事業として展開する。スポーツや医療、美容などさまざまな分野のトップブランドと協業。2025年までに売上50億円規模の事業に育てる。(2019/9/13)

メカ設計メルマガ 編集後記:
2020年夏、「こいつ……動くぞ!」は本当に実現するのか?
楽しみにしている人も多いのでは!?(2019/9/10)

日本初「レベル4」の大型バス自動運転公道実験へ 東京五輪直前に
レベル4の公道実験を大型バスで行うのは日本初だという。(2019/9/6)

日本初「レベル4」の大型バス自動運転公道実験へ 東京五輪直前に
内閣府は5日、限定区域内での完全自動運転にあたる「レベル4」相当の大型バスの自動運転の実証実験を、東京五輪・パラリンピック直前の来年7月に、一般客も乗せて公道で行うと発表した。信号機など道路側のデータを活用して制御する「インフラ協調型」の実証が主眼。レベル4の公道実験を大型バスで行うのは日本初だという。(2019/9/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
がっかりだった自動運転バスが新たに示した“3つの答え”
小田急電鉄などが手掛ける自動運転バスの2回目の実証実験が行われた。1年前の前回はがっかりしたが、今回は課題に対する現実的な解決策を提示してくれた。大きなポイントは3つ。「道路設備との連携」「遠隔操作」「車掌乗務」だ。(2019/9/6)

五輪期間中ホテル暴騰 宿泊施設足りない? 直前放出の可能性も
2020年東京五輪・パラリンピックの開催まであと1年を切る中、大会期間中の宿泊施設料金が東京周辺で高騰している。過去の五輪でもこうした現象が起きており、会場周辺のホテルを大会組織委員会が仮押さえしていることも影響しているとみられる。(2019/9/5)

宇宙からアムロとシャアのメッセージが降る 東京五輪×ガンダムコラボに新企画
抽選で10人に、メッセージ動画がTwitterのDMで届きます。(2019/9/4)

食パンで地球を救う? 大阪の店が「SDGsパン」開発
食パンが地球を変える−。大阪市鶴見区のパン店が、食品ロスや二酸化炭素(CO2)削減といった地球規模の問題への関心を呼びかけるユニークな食パンを開発した。その名も、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)にちなんだ「SDGs食パン」(2019/9/4)

モバイル決済で店舗改革:
「その国で最もポピュラーな決済手段を取り入れる」 Squareの決済戦略を聞く
mPOS(モバイルPOS)は決済手数料や初期費用が比較的安いというメリットがあり、中小規模の店舗が導入するのに適している。mPOS提供事業者の中でも古参ともいえるのがSquareだ。Squareで事業者向けサービス担当責任者を務めるアリッサ・ヘンリー氏に、同社の戦略と日本市場への取り組みについて話を聞いた。(2019/9/4)

荷物置き場が予約制に:
新幹線に新ルール 20年5月から自由席に大きな荷物の持ち込み不可に オリ・パラに合わせて
2020年5月から東海道、山陽、九州新幹線で荷物の持ち込みルールが新設される。指定席とセットで荷物置き場の予約が必要に。3辺の合計が161〜250センチの荷物に適用。オリンピック・パラリンピックに合わせた施策とのことだが、セキュリティーの向上も期待される。(2019/9/2)

産業動向:
住宅メーカーが不振、建設業4業種の第3四半期決算から見る市況概要
ヒューマンタッチ総研は、建設業主要各社の2020年3月期第1四半期決算のまとめをリリースした。プラント・エンジニアリング業を除く5業種が増収増益で、全体としてはおおむね好調な結果だった一方で、住宅建設業は6社が減益になるなど厳しい決算となった。(2019/9/2)

編集部員のつぶやき:
「映画化するわ」「やっぱやめるわ」の無限ループはいつ終わるの? AKIRA信者がハリウッド実写版AKIRAの無期延期にブチギレている話
「再アニメ化があるから良いじゃん」とかいう問題じゃないんだよ!!(2019/9/1)

選手たちの移動80分→20分に短縮 東京オリンピック期間中「首都高1000円値上げ」効果的と示すシミュレーション結果を公開
対象となるのは自家用車や社用車などのマイカー。(2019/8/30)

予約しないと有料 JR東海、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制へ 東海道・山陽・九州で導入
3辺の合計が160センチを超える荷物が対象となります。【訂正】(2019/8/30)

5Gネットワークインフラ市場は年平均73.7%で成長、2023年に4000億円規模へ――IDC予測
IDC Japanによると、国内の5Gネットワークインフラストラクチャ市場は、「5G SA」の本格運用が始まる2021年以降に急成長し、2023年には3999億8900万円に達する見通しだという。(2019/8/28)

タクシー業界、自動運転を積極導入 ガイドの「おもてなし」で逆境に対抗
自動運転やライドシェアなど新テクノロジーの脅威にさらされる日本のタクシー業界が、“逆攻勢”で生き残りを図っている。(2019/8/27)

タクシー業界、自動運転を積極導入 ガイドの「おもてなし」で逆境に対抗
自動運転やライドシェア(相乗り)など新テクノロジーの脅威にさらされる日本のタクシー業界が、“逆攻勢”で生き残りを図っている。来年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、国内外の観光客らの移動ニーズに合うよう、無人輸送と運転手によるガイドなど、「おもてなし」を重視した有人輸送が共存する日本型サービスを目指す。(2019/8/27)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークを取り巻く国内外の最新事情
(2019/8/27)

電気自動車:
トヨタが東京五輪に3700台のモビリティ、レベル4の自動運転車、1350台のEVが走る
トヨタ自動車は2019年8月23日、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で提供するモビリティについて発表した。提供する車両の90%を電動車とし、これまでの大会で最高レベルの環境負荷低減を目指す。また、大会専用車両や特別仕様車を開発し、さまざまなモビリティで移動を多面的にサポートする。(2019/8/26)

2020年夏には全社でテレワークを実施:
テレワーク普及は“とにかく体験させる”が鍵? シスコがWebexの特別プランを発表
他の先進国に遅れがちな日本企業のテレワーク推進へ、シスコが「Cisco Webex Meetings」の特別プランを開始する。東京オリンピック・パラリンピックを機にテレワークを普及させ、「企業文化レベルで、日本企業のマインドセットを変革したい」と語る、その意図とは。(2019/8/23)

成田空港、無人で「手荷物預け」可能に 自動チェックイン機との併用で搭乗手続きの「完全無人化」実現へ
成田国際空港が、無人で手荷物を預けられる機械を、今夏から全ターミナルに導入すると発表した。搭乗客の待ち時間短縮や、チェックインカウンターの混雑緩和が狙い。客が機械の画面にパスポートなどをかざすと本人確認が完了し、荷物用のタグを出力する。(2019/8/22)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI-OCR、医療、監視――広がる画像認識の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「画像認識」について。(2019/8/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サンリオピューロランド」の来場者数が5年で約2倍 現地で見えてきた“勝因”とは
屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」の売り上げが伸びている。来場者数も5年でほぼ倍になった。再成長している秘密を現地で探った。(2019/8/20)

Galaxyの購入者向け「東京オリンピック観戦キャンペーン」開催中 第1弾は「競技16種目」と「閉会式」が対象
サムスン電子が、「Galaxy S10」シリーズを購入した人を対象とする「2020年東京オリンピック」の観戦チケットのプレゼントキャンペーンを実施している。その第1弾(2000組4000人分)の対象種目が決定。陸上男女100m決勝、バドミントン男女決勝など競技16種目と、閉会式が対象となる。(2019/8/19)

機運しぼんだサマータイム、役割終えたのか 人件費削減などで効果も
 夏の就業時間を繰り上げるサマータイム(夏時間)。残業時間の削減などで成果をあげる企業がある一方、フレックスタイムや、自宅など社外で作業するテレワークなどより柔軟な勤務体系を取り入れる動きも進んでいる。政府の「働き方改革」を背景に、働き方をめぐる企業の制度が多様化し、サマータイムの評価も変化しつつある。(2019/8/16)

「あのレジェンドも」「ヤワラちゃんもいる?」:
真夏の車内にぎっちり 2000人以上の柔道家が山手線をジャック、8月16日から
「2019世界柔道トレイン」発車ー。(2019/8/16)

東京パラリンピックのチケット販売日程が決定 第1次抽選申込は8月22日から
販売サイトは東京五輪とは異なります。(2019/8/14)

産業動向:
上場ゼネコン57社の決算、利益率がリーマン後初の“下降”に
東京商工リサーチが公表した上場ゼネコン57社の「2019年3月期決算」業績動向調査結果によると、2019年3月期の各社利益率は、リーマン・ショック以降、順調に回復傾向にあったものの、2017年頃から伸び率の鈍化が顕著となり、2019年はついに下降に転じた。建築資材の高止まり、人手不足に伴う労務費の上昇が続き、売上の伸びに対してコストアップ吸収が難しくなっていると指摘する。(2019/8/14)

コミックマーケット96、4日目の来場者数は20万人 初の4日間開催で合計73万人が来場
史上初の4日間開催。(2019/8/12)

もう最終日だと……? 「夏コミ4日目」という未踏の地を行くコスプレイヤーさんを追いかけてきた
最終日もシャッター切りまくったぞい。(2019/8/12)

コミケ準備会が謝罪 「長時間の待機で5人救急搬送」「並んでいるのに入場規制解除」に批判
熱中症で倒れる人が出た状況や、あとから来た人が先に入場できるようになっていたことが批判されていました。(2019/8/11)

世界よ、これが夏コミだ! 猛暑に負けない、キャラ愛あふれるコスプレイヤーさんを汗だくで全力レポート
かわいいお姉さんからネタ系までいっくよー!(2019/8/10)

大河ドラマ「いだてん」、北島康介が“フジヤマのトビウオ”古橋廣之進役で登場
クロールで泳ぐ北島に阿部サダヲ「速い速い!」。(2019/8/9)

コミックマーケット96、1日目の来場者は16万人 初の4日開催でも来場者数は例年並みに
「4日目」がある分、さらに増える……?(2019/8/9)

レベル高えぇぇぇ! 初の4日間開催となったコミケを彩るコスプレイヤーさんを猛烈に撮影してきた
広大になった灼熱(しゃくねつ)のフィールドを撮影して回るよ!(2019/8/9)

夏コミに「AKIRA」の東京五輪看板コス参戦 足だけニョキっと生えた異様さで開幕前から大人気
身に着ける意味はあるのか? などと言ってはいけない。(2019/8/9)

「ラスボス」小林幸子ができるまで 転落からネットの人気者に
10歳の天才少女歌手として前の東京五輪の年に世に出てから55年。波瀾(はらん)万丈の歌手生活の末、インターネット世代の若者たちにも愛されるなど芸能界で唯一無二の存在になった。(2019/8/9)

伝説の「コミケ雲」ができる理由を科学的に考える【漫画版】
汗と涙とアツさの結晶。(2019/8/9)

東京、ガチで暑かった 約9割の外国人が「東京は自国より暑い」と回答
東京五輪のころ、大丈夫かな……。(2019/8/12)

コミケ直前 新会場「青海展示棟」はどうなる? 通信対策やコンビニ事情をチェック
8月9日〜12日に開催される「コミックマーケット96」では、4月から本格的な運用が始まった青海展示棟が会場として使われる。周辺の電波状況やコンビニ事情を調べた。(2019/8/8)

首都高、「渋谷入口(下り)」「小松川JCT」2019年内開通へ 渋滞緩和、時短効果に期待
混雑する都心環状線(C1)を回避しやすくなります。(2019/8/8)

小泉進次郎議員、滝川クリステルが結婚&妊娠を発表 「一緒に移動したこともなかった」と“秘密の恋愛”を告白
おめでとうございます!(2019/8/7)

産業動向:
長谷工は5年で約3割の従業員増、労働生産性は戸田建設がトップ
ヒューマンタッチ総研は、建設関連6業種別の主要上場企業10社の従業員数および1人当たり売上高の推移をまとめた。従業員数は6業種全てで大幅に増加した他、管工事業、住宅建設業、電気設備工事業、ゼネコンの4業種で1人当たりの売上高が増えたと判明した。(2019/8/7)

「約2%減」ヤフーが東京五輪交通規制実験の分析結果を公開 目標に遠く及ばず
Yahoo!カーナビのプローブデータから分析。大会組織委の目標は首都高30%減/一般道10%減です。(2019/8/6)

導入しない理由「適した業務ない」:
テレワーク、中小企業の導入は14% 未導入の5割が「今後も予定なし」
都心の大企業などを中心にテレワークを導入する動きが活発になっているが、中小企業はどうだろうか。エン・ジャパンの調査によると、導入率は14%。2年前と比べると6ポイント上昇した。(2019/8/5)

新卒採用で増える、Web面接
最近の新卒採用では、さまざまな新しい採用手法が取り入れられています。なかでも動画選考は成長著しいものの一つ。Webを使い、録画・ライブ形式で採用選考を行うもので、PCやスマートフォンなどから面接を受けることができます。(2019/8/5)

西武鉄道新型特急「ラビュー」 都市と自然に溶け込む球面デザイン
西武鉄道が今年3月から運行を始めた新型特急「Laview(ラビュー)」は、今年のゴールデンウイークでは乗客数が前年の同時刻列車と比べ、6割増になるなど、上々の滑り出しをみせ、人気を集めている。(2019/8/5)

「野生のエロ本」最近はめっきり少なく…… 大阪で「野生のエロ本捜索隊」イベント開催へ
あのころのドキドキをもういちど。(2019/8/2)

GIS:
39年ぶり日本開催「ICC2019」レポ、準天頂衛星などGISの可能性を提示
第29回国際地図学会議(ICC2019)が2019年7月15〜20日に、東京・江東区青海の4会場で開催され、GISデータを活用した測量会社らの新たなソリューションが提案された。(2019/8/2)

何で黄色じゃないの? 軽自動車なのに「白ナンバー」の謎
今さら聞けない「特別仕様ナンバープレート」、これ何?(2019/8/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。