ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東京オリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オリンピック」に関する情報が集まったページです。

TechTarget発 世界のITニュース
Acerへのランサムウェア攻撃をダークWebで暴露 “身代金5000万ドル”は本当か
台湾のPCベンダーAcerがランサムウェアに感染した疑いがある。同社は「異常な状況を観察し、関連する法執行機関に報告した」ことを認めた。(2021/5/13)

武井壮、オリンピック開催巡る批判に猛反論 「馬鹿だの脳筋だの権力に靡いてるだの勝手な妄想で罵詈雑言」
武井さん「お見苦しい言葉遣い反省いたします」。(2021/5/11)

「辞退してほしい」「反対に声をあげてほしい」 池江璃花子選手、東京五輪中止を求める声に「とても苦しいです」
池江選手のSNSアカウントにさまざまな声が寄せられているようです。(2021/5/7)

秋には「乗車ポイント」付与サービス開始:
東武鉄道、21年度の設備投資計画 高架化の推進や駅施設の改装などで総額241億円
東武鉄道が鉄道事業における2021年度の設備投資計画を発表。総額241億円の設備投資を行う。(2021/5/7)

3つのステップ:
「決める質」を決めるものは何か
「決」の字は、「さんずいへん」に「えぐる」という組み合わせです。これは大雨で川の水が増し、大規模な洪水が起きそうな切迫した状況の中で、堤防の一部を切って水を流し、被害を最小に留めるかどうかを判断することを示しています。そんな心労を伴う「決める」ですが、さて「決める質」を決めるのは何なのでしょう……。(2021/5/4)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
スマホ以前の“カメラ付きケータイ”は、独自の進化を遂げて面白かったのである
2000年に登場したカメラ付きケータイは、独自の進化を遂げた。2002年はまだ11万画素カメラの端末が当たり前のようにあったのに、2003年には100万画素を超え、メガピクセル時代になるのだ。デジタルカメラのブランドを冠したモデルも登場した。(2021/4/27)

TechTarget発 世界のITニュース
SolarWinds製品の脆弱性を悪用 メールセキュリティベンダーが被害を公開
Mimecastは、同社のデジタル証明書に不正アクセスがあった攻撃について侵害調査の結果を公開した。攻撃者の侵入経路が判明するとともに、被害がデジタル証明書以外にも及んでいることが分かった。(2021/4/27)

感染拡大で辞退者続出、オンラインに変更……五輪ボランティア研修にも影響
コロナ禍のため延期となった東京五輪の開幕まで3カ月。収束の見通しが依然立たない中、会場となっている宮城・福島県ではボランティアの辞退者が続出。研修をオンラインで行うなど、両県の担当者は対応に苦慮している。(2021/4/26)

「めっちゃカッコいいね」「最強にかわいい!!」 卓球・平野美宇、21歳バースデーでまぶしいブロンドヘア姿
願掛けの意味もあるのかな。(2021/4/15)

G.G佐藤、始球式で「世紀の落球」を思い出す“ポロリ”演出 「自分が持っているものを全部出せました」
現在は実父の会社で副社長を担い着実にキャリアアップ。(2021/4/15)

競泳・池江璃花子は体調管理にWeb会議ツール活用 五輪まであと3カ月
白血病から復帰後、競泳日本選手権で4冠を達成し、リレー2種目で東京五輪代表に内定した池江璃花子選手。自国開催の晴れ舞台で輝くカギはWeb会議ツール「Zoom」の活用という。(2021/4/14)

コロナ禍だけが原因じゃない:
国内に75万室! 供給過剰のビジネスホテル インバウンド消失で生き残る策はあるのか
ホテルが供給過剰? コロナ禍でインバウンド消失、国内需要も激減とあっては当然のことと思われるだろう。しかし筆者は、供給過剰というワードは、コロナ禍ではなく“コロナ禍前の状況”を表していると指摘する。(2021/4/14)

アニメ「やくも」の舞台裏【前編】:
多治見が舞台の陶芸アニメ『やくならマグカップも』、“原作者”は東京ディズニーランド生みの親! 仕掛け人が明かす観光戦略の裏側
聖地巡礼の元となる地域住民がコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――そんな地方創生戦略のもとに動いていた作品がある。漫画『やくならマグカップも』だ。陶芸に打ち込む女子高生を描いた作品で、「美濃焼」で知られる岐阜県多治見市を舞台にしている。仕掛け人のIT企業「プラネット」の小池和人会長によると、その背景には東京ディズニーランドの生みの親である故・堀貞一郎さんとの切っても切り離せない関係があるという。東京ディズニーランドと『やくも』はどうつながっているのか。なぜ、コンテンツで地方創生を志そうと思ったのか。小池さんに聞いた。(2021/4/5)

建設業の人材動向レポート(31):
建設業の外国人労働者の実態をヒューマン総研が分析、「コロナ禍でも労働者数は増加」
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポート。今回は、2020年に労働者数が過去最高を記録した建設業界での外国人労働者の雇用状況について分析している。(2021/4/2)

改善は見込めない:
阪急阪神、「大阪新阪急」など6ホテルの営業を終了へ 
阪急阪神ホールディングスは31日、新型コロナウイルスによるホテル事業の悪化を受け、傘下の阪急阪神ホテルズが直営する21ホテルのうち、大阪新阪急ホテルなど6ホテルの営業を令和7年度末ごろまでに順次終了すると発表した。(2021/4/1)

五輪関係者の健康管理アプリ、仕様見直しへ 海外客の受け入れ見送りで
平井卓也デジタル改革担当相が7月に開幕予定の東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京五輪)で来日する選手や関係者向けに提供する健康管理システムについて、システムの仕様や運用方法の見直しを行うことを明らかにした。(2021/3/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仕事中に下品なことを言う」人の未来がない、これだけの理由
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言、テレビ朝日「報道ステーション」のCMなど、このところジェンダー問題が噴出している。この問題を回避する方法はあるのか。筆者はシンプルな方法を考えていて……。(2021/3/30)

東京五輪内定の空手・植草歩、師範のパワハラ告発 竹刀で左目を突かれるなど危険な指導も「謝罪の言葉は無く」
精神的・肉体的なパワーハラスメントを告発しています。(2021/3/29)

産業動向:
建設技術者の人材需給及び建設市場の動向、2020年のまとめと2021年の予測
ヒューマンタッチ総研は、建設技術者の人材需給及び建設市場の動向について、2020年のデータを振り返るとともに、2021年についての考察をまとめた。(2021/3/26)

官製値下げで窮地に:
いずれはNTTが買収も? 楽天・郵政タッグに透けて見える、「楽天モバイル」の“賞味期限切れ”感
楽天と日本郵政が資本提携も、提携による具体的なメリットが見えづらく、実質的には窮地の楽天モバイルに対する国からの資本注入ではないかと筆者は指摘する。当初は業界の閉塞的な状況を打破することを期待され、鳴り物入りだった楽天モバイルは、今後どうなってしまうのか。(2021/3/26)

外資VS.日系の顧客獲得合戦:
「御三家」の帝国ホテル、建て替えの決断 リッツ・カールトンやハイアットにどう立ち向かう?
帝国ホテルが、主力の「帝国ホテル 東京」(東京都千代田区)を建て替える方針を固めたとの報道があった。その理由として本館の老朽化と、外資系高級ホテルへの対抗があるという。日系ホテルは外資系にどう立ち向かえばいいのだろうか。(2021/3/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

チャーリー・プース「8パックじゃなくてすまんね」 体形ネタにされるも粋な返しに反響
「WE LOVE YOU CHARLIE」というサポートメッセージがトレンド入り。(2021/3/23)

広がる生体認証……五輪や電子決済で拡充 非接触ニーズも追い風 
指紋や顔で本人を確認する「生体認証」の導入が活発化している。東京五輪などのイベントを控えたテロ対策に加え、電子決済などが広がる中、本人への成り済ましや偽造被害の防止といったニーズも増えている。(2021/3/22)

産業動向:
大卒で建設技術者の就職率は2020年は減少も“女性は増加傾向”、ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年3月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、文部科学省「学校基本調査」を基礎資料に、大学・大学院新卒で建設技術者として就職する学生数の推移についてまとめている。(2021/3/22)

渡辺直美、東京オリンピックの侮辱演出に言及 「もっとみんなが分かりあって理解し合える世界になったらいい」 
容姿を動物に例えた演出提案が物議を醸していました。(2021/3/19)

USJのニンテンドー新エリア、視界不良の船出
USJでマリオシリーズの世界を再現した新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業したが、新型コロナウイルスの感染の収束は見通せず、訪日外国人客の集客も当分見込めない。約600億円を投じた新エリアは、視界不良の船出となっている。(2021/3/19)

ようやく開業:
USJのニンテンドー新エリア、視界不良の船出
大阪市のUSJで18日、任天堂の人気ゲーム「マリオシリーズ」の世界を再現した新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」が開業した。新型コロナウイルスの感染拡大で2度の延期を経てようやく開業にこぎつけたが、感染の収束が見通せず、訪日外国人客の集客も当分見込めない。(2021/3/18)

モバイルフォーラム2021:
MVNOで音声かけ放題は実現するのか? 5G時代の接続ルールはどうなる?
モバイルフォーラム2021のパネルディスカッションでは、MVNOの音声定額サービスや5Gへの取り組みについても議論。MVNOにとっても通話に関する動きは好転しているが、ニーズはどれほどあるのか。5Gサービスを提供しているMVNOもあるが、どのような接続ルールが望ましいのか。(2021/3/18)

渡辺直美、東京オリンピックの侮辱演出騒動にコメント 「最初に聞いていた演出とは違う」「私自身はこの体型で幸せです」
渡辺さん「私自身正直驚いております」。(2021/3/18)

「調子に乗って出したアイデア」 女性タレントをブタに見立てた五輪演出統括、謝罪文全文を公開
チームメンバーの批判を集め、撤回していたといいます。(2021/3/18)

池江璃花子、プールに戻った“1年前の自分”を公開 「転んだら折れちゃいそうなくらい細い」「薬もたくさん飲んでた」
池江選手「今こうして元気に選手権に向けて頑張ってる、なんて想像もしてなかったな」。(2021/3/17)

「密室」問題から読み解く:
東北新社・NTT・総務省のエリートたちは、なぜハイリスクでも高額接待を実行したのか
東北新社やNTTの官僚接待が波紋を呼んでいる。なぜ、エリート官僚はリスクの高い接待に応じたのか。解決のカギは「密室文化」にありそうだ(2021/3/9)

国内景気、3カ月ぶりにプラスへ 製造業を中心に持ち直しの動き
帝国データバンクは、全国2万3702社を対象に2021年2月の国内景気動向を調査し、景気動向指数を表す景気DIとして発表した。その結果、21年2月の景気DIは3カ月ぶりに前月比プラス(1.9ポイント)の35.8となった。(2021/3/6)

「真実でなく事実」を伝える男・丸山ゴンザレスに聞く“諜報活動のリアル”
映画「太陽は動かない」公開にかこつけて、私たちの知らない世界を聞きました。なお映画については「令和のタカとユージ」とのこと。(2021/3/5)

調査レポート:
近畿圏の新築分譲マンションの市況を調査、全体的に低迷するも大阪都心部では一部好調
大阪不動産マーケティング協会は、会員企業の31社を対象に、近畿圏の新築分譲マンションにおける市況に関して調査した。結果、新型コロナウイルス感染症の影響で、モデルルームへの来場者が減少している他、近畿圏で新築分譲マンションの需要が低迷している一方で、大阪市都心部ではニーズがあり、一部好調な企業が存在することが明らかになった。(2021/3/5)

聖火ランナー辞退の常盤貴子、所属事務所が経緯報告「舞台への出演が決まっていたため」
2020年1月時点で既に舞台出演が決まっていたため。(2021/3/1)

世界を「数字」で回してみよう(65)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話
日本でもいよいよ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が始まりました。収束のメドが立たない現状においてワクチンが“希望の光”であることは確かですが、やはり恐怖心はそう簡単に拭い去れるものではありません。あの“轢断のシバタ先生”から、長文のメールが届いたのはそんな時でした。今回も超大作のそれには、現役医師によるワクチンの考察と分析がつづられていたのです。(2021/2/26)

今日のリサーチ:
電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9年ぶりのマイナス成長で、リーマンショックの影響を受けた2009年に次ぐマイナス幅でした。(2021/2/25)

開発費73億円で話題の“五輪アプリ”、機能は? 発注元の内閣IT室に聞く
7月に開幕予定の東京五輪に向け、政府が関係者向けに開発を進める健康管理アプリとその開発費がネットで注目を集めている。どんな機能を備えているのか、開発を担当する内閣官房IT総合戦略室にアプリの詳細を聞いた。(2021/2/25)

「遊郭」が舞台:
「差別」か「過剰反応」か 「鬼滅の刃」の続編に思わぬ逆風
コロナ禍のなか、社会現象にもなった大ヒット漫画『鬼滅の刃』に思わぬ逆風だ。新作テレビアニメ「遊郭編」の年内放送が発表されると、ネット上がビビッドに反応。「子供に遊郭をどう説明すればいいのか」などの意見が上がったのだ。(2021/2/23)

ラグビー福岡堅樹、順天堂大学医学部合格 「多くの方々にサポートして頂きました」
おめでとうございます!(2021/2/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した2020年12月期の通期決算によれば、当年における最終赤字は同社としては史上最大の1595億円となった。しかし本業では黒字である。最大の要因は、海外事業における「のれん」の減損損失1403億円だ。(2021/2/19)

ワクチン接種開始、あなたはいつ打てる? AIが予測
新型コロナウイルスの流行収束の切り札と期待されているワクチン接種が17日、いよいよ国内で開始した。JX通信社の「AIワクチン接種予測」では、年齢と居住地、職業や基礎疾患の有無などを入力すると、AIによる接種時期の予測が表示される(2021/2/18)

30年半ぶり3万円突破:
“令和バブル”突入か 日経平均「3年後に6万円」予測も
東京株式市場の日経平均株価が15日、約30年半ぶりに3万円の大台を突破した。「実体経済とかけ離れている」と過熱感ばかりを強調する相場解説も多いが、以前から株価3万円を予測していたストラテジストは「通過点にすぎない」として、1989年12月の3万8915円の史上最高値更新と4万円台突入も遠くないとみる。(2021/2/17)

ニューノーマル時代のセキュリティ:
サイバー攻撃が発生! 「いつ、誰が、何を、どのように対応すべきか」を事前に整理せよ 「プレイブック」のすすめ
日本企業でも「インシデントの発生を前提に対策する」という考え方は広がりをみせているが、まだ根付いていないように感じる。インシデントからの回復を強化する「プレイブック」について解説する。(2021/2/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
森喜朗氏、菅義偉氏から逆説的に学ぶ、正しい謝り方
森喜朗会長や菅義偉首相の「謝り方」について、厳しい批判の声が飛び交っている。謝罪しているのに、なぜその意図が伝わらないのか。ビジネスパーソンにとって、正しい謝り方は……。(2021/2/16)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
施工図の設備異常を診断しRevitファイルの読み込みと書き出しが可能な建築設備専用CAD
富士通四国インフォテックは、施工図における設備の異状を診断する機能とRevitファイルの読み込みと書き出しが行える機能を備えた建築設備専用CADソフト「CADEWA Smart V2.0」を開発した。(2021/2/16)

経済界、森会長辞任「やむなし」 五輪スポンサー企業から批判やまず
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞意を固めたことを受け、経済界には「やむを得ない」といった雰囲気が広がっている。スポンサー企業からは森氏の女性蔑視ともとれる発言に批判や苦言が相次いでいたからだ。消費者や国際世論の厳しい反応がこれ以上に拡大すれば、企業イメージの低下につながりかねない。日増しに強まっていった企業の批判的な姿勢が、辞任に少なからず影響した可能性がある。(2021/2/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」特別編:
再度利益上方修正のトヨタ その背景と森氏への苦言
トヨタ自動車は第3四半期の決算を発表し、期首に5000億円だった年間利益見通しは、第2四半期に続いて2度目の上方修正を加えて、ついに2兆円に達した。(2021/2/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。