ニュース
» 2014年02月25日 22時33分 UPDATE

DJモニターも可能なポータブルヘッドフォン「JBL BassLine」

ハーマンインターナショナル、DJスタイルのポータブルヘッドフォン「JBL BassLine」を3月上旬に発売する。低価格ながらDJモニターも可能な回転機構を装備。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは2月25日、DJスタイルのポータブルヘッドフォン「JBL BassLine」(ジェービーエル・バスライン)を発表した。3月上旬にブラック、ブルー、ホワイト、レッドの4色を発売する。価格はオープン。店頭では9980円前後になる見込みだ。

ts_bassline02.jpgts_bassline05.jpg 「JBL BassLine」。ケーブルは着脱式だ

 ハウジングは、トップ部分が梨地のアルミ材、ほかの部分も光沢のあるメタリック塗装が施されている。また「デュアル・ローテイティイング・イヤーカップ」と呼ばれる縦180度、横90度の回転機構を搭載。片耳で音を聴きながら、片方のヘッドフォンで次の曲を探す“DJモニター”も可能だという。もちろんコンパクトに折りたたむこともできる。

ts_bassline03.jpgts_bassline04.jpg 縦180度、横90度の回転機構を搭載(左)。DJモニターも可能(右)

 ケーブルは着脱式で、1.2メートルの4極プラグ対応ストレートケーブルが付属する。またケーブルにはマイク付きの1ボタンリモコンを備え、iPhoneなど幅広いスマートフォンとの組み合わせで、音量調整や再生/一時停止、ハンズフリー通話の着信応答や終話などの操作が可能だ。

ts_bassline01.jpg ブラック、ブルー、ホワイト、レッドの4色展開となる

 ドライバーは40ミリ径で、「名称はバスラインだが、重低音系というよりはバランスを重視した音作り」(同社)になっている。再生周波数は10〜2万2000Hz。感度は117dB、インピーダンスは32オームだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.