ニュース
» 2014年03月10日 21時55分 UPDATE

ソニーとパナソニック、業務用の次世代光ディスク規格「Archival Disc」策定

ソニーとパナソニックは、デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業拡大に向け、業務用の次世代光ディスク規格「Archival Disc」(アーカイバル・ディスク)を発表した。

[ITmedia]

 ソニーとパナソニックは3月10日、デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業拡大に向け、業務用の次世代光ディスク規格「Archival Disc」(アーカイバル・ディスク)を発表した。ロードマップとロゴマークなどを公開している。

ts_sonypana01.jpg 「Archival Disc」のロゴマーク

 まず、2015年夏以降を目標に、1ディスクあたり300Gバイトの追記型ディスクおよびシステムを順次市場導入する。片面3層の両面ディスクにランド&グルーブフォーマットを使用。トラックピッチは0.225マイクロメートルまで狭くなるが、隣接トラックからのクロストークを電気的に除去し、高品質な再生性能を実現するクロストークキャンセル技術、および高次のPRML(Partial Response Maximum Likelihood)信号処理技術を用いて大容量化と高い再生信号品質の両立を図った。読み出しには波長405ナノメートルのレーザーを使用する。

ts_sonypana02.jpg

 さらに両社が保有する技術をベースに、1ディスクあたりの記憶容量を500Gバイト、1Tバイトに拡大していく計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう