ニュース
» 2014年03月13日 20時28分 UPDATE

ブラックも出た:オラソニック、Bluetoothスピーカー「TW-BT5」をステレオにするオプションを発売――セット商品も

東和電子は、“Olasonic”ブランドのBluetoothスピーカー「TW-BT5」用の増設用スピーカー「TW-SP5」を発表した。最初からステレオ仕様のパッケージ商品「TW-BT55ST」もラインアップ。

[ITmedia]

 東和電子は、昨年末に発売した“Olasonic”ブランドのBluetoothスピーカー「TW-BT5」の専用オプションとして、増設用スピーカー「TW-SP5」を発表した。4月中旬に発売する予定で、価格は4780円(8%税込み)。あわせて、新色となるノーブルブラック、および最初からステレオ仕様のパッケージ商品「TW-BT55ST」(ノーブルブラック、ブリリアントホワイト)もラインアップする。

ts_olasonicbt09.jpgts_olasonicbt07.jpg 増設用スピーカー「TW-SP5」のブリリアントホワイト

ts_olasonicbt01.jpg 「TW-BT5」の背面。「Lchスピーカー出力」に「TW-SP5」を接続する

 「TW-BT5」の背面にある「Lchスピーカー出力」(3.5ミリステレオミニ)に「TW-SP5」を付属のケーブルで接続するだけ。もともとアンプは2チャンネルぶん搭載しているため、すぐにステレオ再生が可能になる。

 「普段はステレオ再生し、必要なときにはRch(TW-BT5)だけを持ち運ぶことができる。Bluetoothスピーカーというと、コンパクトな一体型でステレオ感に欠ける製品が多いが、TW-BT5をステレオにすれば広い音場としっかりと定位する音像が楽しめる」(同社)。なお、増設用スピーカーに付属するケーブルは長さ約1メートルだ。

 一方、最初からステレオ仕様のセットで販売する「TW-BT55ST」は4月中旬に発売予定。価格はオープンプライスで、店頭では1万4580円前後(同)になる見込みだ。

ts_olasonicbt02.jpgts_olasonicbt03.jpg 増設用スピーカー、セット商品ともにノーブルブラックとブリリアントホワイトの2色を用意する

 仕様は「TW-BT5」+「TW-SP5」と共通。Bluetoothは、ver.2.1+EDRで、対応スマートフォンなどをタッチするだけでペアリングやワイヤレス接続が行えるNFCもサポート。ポリプロピレン振動板の50ミリ径フルレンジスピーカーに55ミリ径の大型マグネットを組み合わせて駆動力をアップ。大型化したディフューザーやパッシブラジエーターもそのままだ。

 各製品ともスピーカー1台あたりのサイズは、87(幅)×152(高さ)×87(奥行き)ミリ。ステレオ仕様時の重量は880グラム(2台合計)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.