ニュース
» 2014年03月19日 17時33分 UPDATE

木目調スピーカーも:多彩なソースをカバーする一体型、ソニーが「MAP-S1」などハイレゾ対応オーディオの第2弾を発表

ソニーは、ハイレゾ対応オーディオシステムの新製品として、「MAP-S1」およびスピーカー「SS-HW1」を発表した。ネットワーク、PC直結など、さまざまなスタイルでハイレゾ再生が可能なモデルだ。

[ITmedia]

 ソニーは3月19日、ハイレゾ対応オーディオシステムの新製品として、「MAP-S1」およびスピーカー「SS-HW1」を発表した。昨年秋の「HAP-Z1ES」などに続くハイレゾ対応オーディオの第2弾は、DSDのネイティブ再生にも対応する。4月19日にオープンプライスで発売する予定で、店頭では「MAP-S1」が7万円前後、「SS-HW1」は6万円前後になる見込みだ。

ts_highres01.jpgts_highres02.jpg 「MAP-S1」と「SS-HW1」の組み合わせ例(左)。MAP-S1はブラックとシルバーの2色展開(右)

 MAP-S1は、DLNA/AirPlayに対応するネットワーク対応の一体型オーディオシステム。3月下旬にリリースされるメディアサーバ機能搭載の「MediaGo 2.7」と組み合わせ、ハイレゾオーディオファイルを再生できる。また、PCとケーブルで直結するUSB-DAC機能や、ハイレゾ対応ウォークマンやUSBメモリをUSB接続して保存されているハイレゾ音源をダイレクトに再生できる前面USB端子など、さまざまなスタイルでハイレゾ再生が可能になった。対応フォーマットは、最大192kHz/24bitのPCM音源(FLAC/WAVおよびDSD 2.8MHzだ。

ts_highres04.jpg

 本体にはCDドライブやFM/AMチューナーも内蔵。NFCとBluetoothによるスマートフォン接続、USB端子によるiPhone/iPod接続など、さまざまなメディアに対応する。さらにCDやラジオ(AM/FM)をウォークマン内蔵メモリやUSBメモリに録音する機能も搭載。CDの場合は約2.5倍速録音、ラジオ録音ではタイマー設定にも対応した。なお、「radiko.jp」や「tunein」を使ってインターネットラジオの聴取も可能だが(ネットラジオ聴取にはアプリの「SongPal」が必要)、ネットラジオの録音は不可だ。

 内蔵アンプは、ソニーお得意の「S-Master HX」で、実用最大出力100ワットを確保した。またアップサンプリングとビット拡張を行う「DSEE HX」も搭載。CDや圧縮音源もハイレゾ相当のサンプリング周波数に拡張できる。「S-Master HXは、ハイレゾ音源の再生帯域におけるノイズ除去性能を改善するなど音質改善を進めてきた。豊富な情報量を持つハイレゾ音源で心ふるえる臨場感を体感できる」(同社)。

 外形寸法は、約251(幅)×115(高さ)×290(奥行き)ミリ。重量は約5.6キログラム。本体カラーはブラックとシルバーの2色を用意している。

ハイレゾ対応スピーカーに木目調モデルが追加

ts_highres05.jpg 「SS-HW1」は木目調のシックな趣

 一方の「SS-HW1」は、19ミリ径ソフトドーム型のスーパーツィーターを上面と前面の2カ所に搭載したブックシェルフ型だ。先に登場した「SS-HA1/HA3」と同じユニットとスタイルを採用したという。

 ツィーターは25ミリ径ソフトドーム型、130ミリ径のウーファーにはMRC(発泡マイカ)振動板。またバッフルには15ミリ厚のMDFを採用し、補強桟などで補強した。さらにウーファーとツィーターのキャビネットを仕切り、不要な振動伝達を排除するなどして音質向上を図っている。再生周波数帯域は50〜5万Hzで、インピーダンスは4オーム。キャビネットの表面仕上げはリアルウッドを使った突板ピアノ塗装だ。

 外形寸法は、約171(幅)×309(高さ)×273(奥行き)ミリ。重量は約5.1キログラム(いずれも1台)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.