ニュース
» 2014年03月28日 21時52分 UPDATE

zionote、USB出力のネットワークトランスポート「sMS-100」を発売

zionoteは、韓国SOtMのネットワークトランスポート「sMS-100」を発売する。DACなどは搭載せず、3つのUSB 2.0端子を備えたネットワークプレーヤーだ。

[ITmedia]

 zionoteは、韓国SOtMのネットワークトランスポート「sMS-100」を4月1日に発売する。DACなどは搭載せず、3つのUSB 2.0端子を備えたネットワークプレーヤーだ。価格は5万円(税抜き)。

ts_zionet01.jpg 「sMS-100」

 背面のUSB端子にPCオーディオ用のUSB-DAC(USB Audio Class 1.0/2.0対応機器)を接続し、ハイレゾ音源のネットワーク再生が可能。対応フォーマットはUSB-DACやサーバソフトの仕様によるが、最大384kHz/24bitまで対応し、DSDのDoP再生も可能だという。

ts_zionet02.jpg 背面に3つのUSB 2.0端子を装備

 DLNA、AirPlay、SqueezeLite、MPDをサポート。このうちSqueezeLiteは米LogitechのSqueezeboxストリーミングオーディオ技術のクライアントで、サーバとなるPC(Windows/Mac)やNASには、「Logitech Media Server」をインストールする必要がある。各種操作は、PCのWebブラウザもしくは「Squeezepad」などのSqueezebox対応アプリを導入したスマートフォン/タブレットで行う。

 本体サイズは105(幅)×53(高さ)×150(奥行き)ミリ。重量は700グラム。 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.