ニュース
» 2014年05月08日 15時12分 UPDATE

aptXコーデック対応:オーテク、Bluetooth 3.0対応のコントローラー一体型ワイヤレスイヤフォン「ATH-BT12」

オーディオテクニカは、新開発インライン・コントローラーを採用し、ハウジング部に操作機能を集約したBluetooth 3.0対応のワイヤレスイヤフォン「ATH-BT12」を5月23日に発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 オーディオテクニカは5月8日、Bluetooth 3.0を利用したワイヤレスイヤフォン「ATH-BT12」を発表し、5月23日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は1万4040円前後(税込)だ。

 ケーブル部分からコントロールボックスをなくし、ハウジングに必要な操作機能を集約する「インライン・コントローラー」を採用し”耳元で快適に操作できる”という。

hm_au01.jpghm_au02.jpg 「ATH-BT12」は2色(ブラック/ブラウン)のカラーバリエーションからなる(写真=左)、「ATH-BT12」の付属品一式(写真=右)

 イヤフォン部は、13.5ミリ径のダイナミック型ユニットを搭載する。再生周波数帯域は、5〜2万5000Hz。マイクロフォン部は、全指向性エレクトレットコンデンサー型。

 圧縮ロスが少なく再生遅延が生じにくい高音質aptXコーデック、SBCコーデックに対応。A2DP/AVRCP/HFP/HSPの各プロファイルに対応しており、Bluetoothを搭載したポータブルオーディオやiPhoneをはじめとしたスマートフォンなどと組み合わせて利用できる。また、複数のBluetooth機器を所有するユーザーに便利なマルチペアリングのほか、マルチポイントにも対応し、2台同時に携帯電話の着信待ち受けが可能だ。

 リチウムポリマー充電池を搭載し、連続再生時間および連続通話時間が最大約5時間、連続待ち受け時間は最大約200時間。microUSB経由で約3時間でフル充電となる。

 ブラック、ブラウンの2色カラーバリエーション。重量は約20グラム。付属品は、充電用USBケーブル(1メートル)、専用ケース、シリコンイヤピース(XS/S/M/L)、Cチップ(S/M/L)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう