ニュース
» 2014年06月09日 16時26分 UPDATE

トヨタとパナソニックが共同でクルマと家電をつなぐ新たなサービス――2014年後半にも開始

トヨタ自動車とパナソニックは6月9日、「スマートモビリティ社会を実現するクルマと家電をつなぐ新たなサービス」の提供を今年後半にも開始すると発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 トヨタ自動車とパナソニックは6月9日、両社で協力して「スマートモビリティ社会を実現するクルマと家電をつなぐ新たなサービス」の提供を2014年後半に開始すると発表した。

 トヨタ自動車はクルマの新しい付加価値として、クラウド上の「トヨタスマートセンター」を介して人とクルマと家をつなぎ、便利で快適なカーライフをサポートするサービスをグローバルに展開している。一方パナソニックは、これまでテレビやビデオ、エアコンなど様々なスマート家電を提供し、環境に配慮しながらネットワークを使って新しいスマートハウスへの取り組みを行ってきた。「A Better Life, A Better World」の実現に向けてという標語がそれだ。

 両社は2013年6月、クルマと家電をつなぐ次世代テレマティクスサービスの開発で協力関係を構築することに合意し、お互いのクラウドをつなぐインタフェースの開発を進めてきた。クルマの位置情報と連動して、出かける際にエアコンの切り忘れ通知を行う、または帰宅時に到着する前エアコンの起動をお勧めするなど新しいサービスの実用化に向けて準備を進めている。

hm_pana01.jpg クラウド連携とサービスの概念図

 将来的には、両社の強みを生かした新たなサービスの創造により、人、クルマ、家、そして街までをつないだ、スマートモビリティ社会のさらなる発展に取り組んでいくという。

 なお、共同開発中の新サービスについては、6月18日から20日までの3日間、東京ビッグサイト(江東区有明)で開催される「スマートコミュニティJapan 2014」のトヨタ自動車ブースにて紹介される。

hm_pana02.jpg スマートコミュニティJapan 2014の紹介ページイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう