ニュース
» 2014年07月08日 13時00分 UPDATE

ロングセラーモデルが正統進化、ヤマハ「YSP-2500」登場

ヤマハは、「YSP-2200」の後継機となる“デジタル・サウンド・プロジェクター”の新製品「YSP-2500」を8月上旬に発売する。外観はあまり変わらないが、音質と使い勝手の両面が進化した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ヤマハは7月8日、“デジタル・サウンド・プロジェクター”の新製品「YSP-2500」を発表した。2010年秋の登場以来、安定した人気を保ってきた「YSP-2200」の後継機だ。8月上旬発売予定で、価格はオープンプライス。店頭では9万3000円前後(税別)になる見込み。

ts_2500ysp01.jpg 「YSP-2500」。スリムなバータイプのメインユニットと、設置位置を選ばないワイヤレスのアクティブサブウーファーで構成される2ピースタイプ

 ヤマハのデジタル・サウンド・プロジェクターは、小口径のビームスピーカーを多数並べたスピーカーアレイを用い、指向性の強い音を壁に反射させることでリアスピーカーの効果を生み出す。形状は一般的なサウンドバーに近いが、信号処理のみのバーチャルサラウンド技術とは一線を画す“リアルサラウンド”が特徴だ。

 YSP-2500は、YSP-2200と同様に28ミリ径のビームスピーカーを前面中央に16個並べた。異なるのは、ビームスピーカーを駆動するデジタルアンプに使用する電源用コンデンサーに変更を加えたことと、筐体(きょうたい)が“音のビーム”の放出に影響を与えないようにスピーカーの位置を少し前に移動させたこと。この新しいレイアウトに合わせた音質チューニングも施しており、ヤマハでは「ヌケの良い、より聞きやすい音質になった」としている。実用最大出力は合計32ワット。

ts_2500ysp05.jpgts_2500ysp03.jpg ビームスピーカーは、フロントのパンチングメタルに近づいた。センターユニットのサイズは、944(幅)×51(高さ)×144(奥行)ミリ。付属のレッグを装着すると高さは73〜86ミリで調節できる

 付属のアクティブサブウーファーは、2.4GHz帯無線接続(Bluetooth)のワイヤレスタイプだ。キャビネットの板厚を増したほか、梁(はり)を2箇所増やすなどの構造強化で不要振動を低減。またインピーダンスの低減により信号変化による電源への影響を抑えたという。10センチ径ユニットを2基搭載し、合計75ワット(実用最大出力)の内蔵アンプで駆動する。

ts_2500ysp06.jpgts_2500ysp04.jpg サブウーファー(写真=右)は、縦置き/横置きの両方に対応する。縦置き時のサイズは、147(幅)×444(高さ)×353(奥行き)ミリ。横置きの場合、スタンドを外せるため高さを129ミリに抑えられる

 「シネマDSP」の音場メニューは、YSP-2200と同じ10種。HDMI入力の番組ジャンルを参照して自動的にサラウンドメニューを設定する「おまかせサラウンド」、セリフの音声帯域を持ち上げて聞き取りやすくする「クリアボイス」などを搭載した。一方、ヘッドフォン出力は新たにバーチャルサラウンドに対応した。

 ユーザビリティの面では、日本語設定メニューを表示するOSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)対応が大きな違い。YSP-2200では、メニューを表示するにはHDMI出力とは別にビデオケーブルをテレビに接続する必要があったが、新製品ではHDMIケーブル1本で済むことになった。HDMI出力はARC(オーディオリターンチャンネル)もサポートしており、テレビ音声を出力するために別途光デジタルケーブルを用意する必要もない(ARC対応テレビのみ)。

ts_2500ysp07.jpgts_2500ysp08.jpg 日本語OSD(オン・スクリーン・ディスプレイ)対応(写真=左)。付属のリモコン(写真=右)

 入力端子は、3系統のHDMIに加え、光デジタル2系統、同軸デジタル1系統、アナログRCA1系統。Bluetoothを内蔵し、スマートフォンなどからの音楽再生も可能だ。Bluetoothのバージョンは2.1+EDRで、コーデックはapt-XとSBCをサポート。圧縮音源の音を改善する「ミュージック・エンハンサー」機能も「YSP-2200」から継承した。

 また上位モデル同様、スマートフォン/タブレットからBluetoothを介して「YSP-2500」を操作することが可能。専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」の「YSP-2500」対応バージョンは7月9日に公開される予定だ。

 本体重量は、センターユニットが4キログラム。サブウーファーは7.9キログラム。専用リモコンのほか、1.5メートルの光デジタルケーブル、インテリビームマイク、簡易マイクスタンド、サラウンド確認用DVD、滑り止めパッド8個などが付属する。

 なおヤマハでは、初代デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-1」の登場から10周年を記念して、同日より特設サイト「YSPのすべて」を公開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう