ニュース
» 2014年08月28日 13時00分 UPDATE

4KやBluetoothに対応――トレンドを取り込んだヤマハのシアターラック「ポリフォニー」新製品

ヤマハは、ラックシアターシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品2機種を発表した。

[ITmedia]

 ヤマハは8月28日、テレビラック型のサラウンドシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品として、「YRS-1500」および「YRS-2500」を発表した。2機種ともオープン価格で9月下旬から順次発売する。それぞれブラックとアーバンブラウンの2色を用意する。

ts_poli01.jpg ヤマハのラックシアターシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)

 高さ40センチのローボードに、YSPシリーズで定評のある「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術を内蔵したラックシアターシステム。最近のトレンドに合わせ、4K/60pや3Dのパススルーをはじめ、Bluetoothによるワイヤレス再生、スマートフォンやタブレットから操作できるリモコンアプリ「HOME THEATER CONTROLLER」をサポートした。またHDMI出力でOSD(日本語設定メニュー表示)が可能になり、ヘッドフォン出力はバーチャルサラウンドに対応した。

 「YRS-1500」は幅120センチ(〜50V型推奨)、「YRS-2500」は160センチ(〜60V型推奨)。天板には高級感のあるガラス材を使用。扉のない開放的なデザインで、ブラックの部分にはヘアラインウッド加工を施した。また脚部にはアルミ素材を採用してデザイン上のワインポイントとした。

ts_poli02.jpg ヘアラインウッド加工

 棚板の高さは3段階で調整可能。機器の背面につながるケーブル類は、背面のくぼみを通すことができるため、ラック自体は壁にぴったりと寄せて設置可能だ。またオプション金具「YTS-1200」を使用すれば、テレビを壁掛けのように設置できる。

 HDMI入力は3系統。ほかに光デジタル2系統、同軸デジタル、アナログ入力を備える。Bluetoothはver.2.1+EDRで、A2DPとSPPをサポート。コーデックはSBCとapt-Xで、対応機器との組み合わせなら低遅延/広帯域の伝送が可能だ。

 外形寸法は、「YRS-1500」が1200(幅)×400(高さ)×445(奥行き)ミリで重量は43.8キログラム。「YRS-2500」は1600(幅)×400(高さ)×445(奥行き)ミリ、重量は58.7キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう