ニュース
» 2014年09月04日 19時28分 UPDATE

動画あり:ダイソン、初のロボット掃除機を日本でお披露目――より確実にゴミを取り除く「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」

ダイソンが「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を日本で発表した。「ほかのどのロボット掃除機よりも吸引力が高く、効率的に部屋を掃除する」という。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ダイソンは9月4日、「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」を発表した。世界に先駆け、2015年の春から日本で販売を開始する。来日した英Dysonのチーフエンジニア、ジェームズ・ダイソン氏は、「16年に及ぶ研究開発を経た製品。ほかのどのロボット掃除機よりも吸引力が高く、効率的に部屋を掃除する」と胸を張った。

ts_dysonrobo01.jpg 来日したダイソンのチーフエンジニア、ジェームズ・ダイソン氏

 ダイソン氏は、従来のロボット掃除機について「掃除機としての機能をまったく考慮していない」と指摘する。それはバッテリー消費を抑えるために出力の低いモーターを使用し、吸引力が十分ではないからだ。また多くの製品は周囲の状況を把握できず、掃除が行き届かない場所が残るという。

ts_dysonrobo03.jpg 「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」

 ダイソンでは、独自のデジタルモーター「V2」と「ラジアルルートサイクロンテクノロジー」をロボット掃除機に搭載した。モーターは10万rpmで高速回転し、吸引力は20AWと他社製品の数倍に及ぶ。さらにルートサイクロンテクノロジーにより、0.5マイクロメートルという微細なゴミも空気から分離することが可能だ。HEPAフィルターを備え、排出される空気もきれいだという。

ts_dysonrobo05.jpgts_dysonrobo04.jpg 他社製品との吸引力比較(左)と実際のデモンストレーション。通った後に残るゴミの量が違う

 特徴的な上部のレンズは、赤外線センサーと連動して動く全方位パノラマカメラだ。これを利用して周辺環境の特徴を把握し、詳細にマッピングした上で部屋を規則正しく掃除していく。パノラマカメラにしたのは、一度に室内全体を捉えることができるため、三角法を用いて自分の位置を正確に測ることが可能だ。同社はこれを「360度ビジョンシステム」と名付けている。

ts_dysonrobo06.jpgts_dysonrobo07.jpg 上面中央部に前方向パノラマカメラを装備。部屋の中心から外側に向かって規則正しく掃除していく

 一方で多くのロボット掃除機に付いているサイドブラシは装備していない。「サイドブラシは、ゴミを取り除くというより、微細なゴミをまき散らすだけだ」(同氏)。その代わり、機体とほぼ同じ幅のブラシを搭載し、部屋の隅まで寄って掃除する仕組みとした。

 もう1つ、特徴的なのはキャタピラのような「ベルト駆動式転輪」だろう。凹凸のある場所でも障害物を乗り越え、さまざま素材の床でも確実に移動できる。

ts_dysonrobo02.jpg 「ベルト駆動式転輪」。機体とほぼ同じ幅のブラシはカーボンファイバーとナイロンを組み合わせたものだ

 本体のサイズは約230(幅)×120(高さ)×242(奥行き)ミリ。重量は約2.4キログラム。バッテリーはリチウムイオンで約20〜30分の駆動が可能だ。もちろんバッテリー残量が残り少なくなると自動的に充電スタンドに戻る仕組みだ。

 またダイソンでは、専用アプリ「Dyson Link」(iOS/Android)も用意した。掃除機のチェックやユーザーガイドに加え、掃除のスケジューリング管理などを外出先からでも行えるという。

 「ダイソン 360 Eye ロボット掃除機」の発売は2015年の春で、日本から販売をスタートするという。価格も未定だ。なお同社では、9月4日から同社サイトで製品モニターの募集を開始している。これは日本の家庭環境でより良く機能するように最終調整を目的としたもので、30人前後を予定。当選者には10月中旬までに通知するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.