ニュース
» 2015年04月23日 20時45分 UPDATE

ソニーエンジニアリング、「Just ear」ブランドでカスタムIEMを発売

ソニーエンジニアリングは、オリジナルブランド「Just ear」の第1弾製品として、カスタムIEM「XJE-MH1/MH2」を発売する。

[ITmedia]

 ソニーエンジニアリングは4月23日、オリジナルブランド「Just ear」の第1弾製品として、カスタムIEM(インイヤーモニター)「XJE-MH1/MH2」を発表した。4月29日から東京・青山の「東京ヒアリングケアセンター青山店」で受注を開始する。

ts_justear01.jpg 「XJE-MH1/MH2」

 Just earブランドでは、「テイラーメイドヘッドフォン」という考えのもと、洋服を仕立てるように一人ひとりの耳の形に合わせてイヤフォンを制作する。受注時に耳型を採取するのは他社のカスタムIEMと同じだが、上位機「XJE-MH1」では数多くのヘッドフォンの音響設計を手がけてきたエンジニアが好みの音質に調節してくれる点が異なる。また納品時にはフィッティング調整を行うことで、世界に1台のイヤフォンを製作するという。

 一方の「XJE-MH2」は、あらかじめ「モニター」「リスニング」「クラブサウンド」という音質バリエーションを用意した音質プリセットモデル。ハードウェアの構成はXJE-MH1と共通で、中高音を担当するBA(バランスド・アーマチュア型)ドライバーと低域用の13.5ミリ径ダイナミック型ドライバーを組み合わせたハイブリッドタイプとなっている。最大入力は100ミリワット。

ts_justear03.jpg コードは着脱式

 また、外耳道に収まる音導管の部分には、体温によって柔らかくなる樹脂材料を使用。外耳道は口を開けるなど表情の変化で内側の形状が変わるため、それに追従しやすくすることで快適な装着感と安定した音質を得ることができるという。

ts_justear02.jpg 外耳道に収まる音導管の部分には、体温によって柔らかくなる樹脂材料を使用

 コードは着脱式。約1.2メートルまたは約1.6メートルのOFCリッツ線を選択できる。プラグはL型のステレオみにプラグだ。ほかにキャリングケース、キャリングポーチ、クリーニングツールなどが付属する。価格はオープンプライスだが、音質調整を伴う「XJE-MH1」が30万円前後、音質プリセットの「XJE-MH2」は20万円前後になる見込みだ。

ts_justear04.jpg 付属品一覧

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.