ニュース
» 2015年06月04日 10時51分 UPDATE

アップル、Bluetoothスピーカー「Beats Pill XL」自主回収プログラムを開始――バッテリーが過熱する恐れ

アップルが、Bluetoothスピーカー「Beats Pill XL」の自主製品回収プログラムを開始した。ごくまれにバッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが分かった。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 アップルは2015年6月3日、Bluetoothスピーカー「Beats Phill XL」の自主製品回収プログラムを開始した。同社によると「ごくまれに、内蔵バッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性があることが判明した」という。同製品は、2014年12月から日本でも販売されている。

hm_be01.jpg Bluetoothスピーカー「Beats Phill XL」。写真はブラックで、ホワイト、ピンク、メタリックスカイ、チタニウムの5色で展開されているが、全て自主製品回収プログラムの対象となる

 本プログラムの内容は、以下の通り。

1.専用ページで申込み

2.アップルから返品手配の連絡/返品

3.アップルで返品到着確認後、約3〜4週間以内に3万9000円分のApple Storeクレジットまたは銀行振込にて返金処理

※詳細は、Beats Pill XL スピーカー自主回収プログラム専用ページで確認できる。

hm_be02.jpg 「Beats Phill XLスピーカー自主回収プログラム」の専用ページ

 なお、上記返品手続きは、Webフォームでのみの受付となっており、店舗等で直接返品しないよう呼びかけている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.