ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

サードウェーブ、ゲーミングPCを無料貸与する「新eスポーツ部発足支援プログラム」
サードウェーブは、ゲーミングPCと高速通信回線をセットにした1年間無償で提供する「新eスポーツ部発足支援プログラム」を開始した。(2020/1/21)

Citrix、脆弱性修正のためのセキュリティパッチを提供開始
2020年1月19日に公開された修正プログラムは「Citrix ADC」のバージョン11と12.0が対象。残るバージョンについても1月24日に公開予定。(2020/1/21)

IEの脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生中、解決策なく「他のブラウザの使用を」
2020年1月21日現在、Microsoftの更新プログラムはリリースされていない。米国のセキュリティ機関は代替ブラウザの使用を勧告している。(2020/1/21)

12月の楽天モバイル通信障害、全回線の2割に影響 原因は「デッドロック」
楽天モバイルは、同社のMNOサービス「無料サポータープログラム」で2019年12月に発生した通信障害について、契約回線の約2割で正常な利用ができない状況だったと発表した。(2020/1/17)

iPhoneがGoogleアカウントのセキュリティキーに Googleが保護機能プログラム更新
これまでセキュリティキーを個別に購入して持ち歩く必要があったが、2019年からはAndroidにセキュリティキーの機能が内蔵された。2020年はiPhoneもセキュリティキーとして利用できる。(2020/1/16)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(65):
Windows 10の機能更新プログラムで削除される機能、開発が終了した機能[バージョン1909版]
Windows 10の機能更新プログラムでは新機能が追加される一方で、以前は利用できた機能が削除されたり、将来削除される可能性のあるリストに追加されたりします。企業のクライアントとしてWindows 10を利用している場合は、利用中の管理機能やセキュリティ機能が削除されることを事前に知り、代替策を用意することが重要です。(2020/1/16)

Microsoft、NSAが報告した危険度1の脆弱性修正を含む月例セキュリティ更新プログラムを公開
Microsoftが1月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。米国家安全保障局(NSA)が報告した暗号化を悪用する危険度1の脆弱性修正を含む。(2020/1/15)

Appleが「Smart Battery Case」の交換プログラムを開始 iPhone XS/XR用で充電に関する不具合
Appleは1月10日、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR用のバッテリー搭載ケース「Smart Battery Case」の一部で、無償交換プログラムを開始した。充電に問題が起きる可能性があるという。2019年1月〜10月に製造されたSmart Battery Caseが対象。(2020/1/14)

「ITアセットの把握」はデジタルトランスフォーメーションの前提:
PR:日本企業が「自社にどんなITが存在するのか分からない。ITで何をしたらいいのか分からない」4つの原因
デジタルトランスフォーメーションの取り組みが進む中、自社のIT環境をどう可視化するかがあらためて課題になっている。ハイブリッドクラウド/マルチクラウドの進展で、IT環境はますます複雑化している。従来のIT資産管理ツールやITアセスメントでは十分に対応できないケースが増えているのだ。そのような中、日本マイクロソフトが提案するのが“ITの人間ドック”となるプログラムだ。(2020/1/14)

AppleがiPhone XS/XS Max/XR用「Smart Battery Case」無償交換プログラム
Appleが、昨年1月に発売したiPhone XS/XS Max/XR用純正バッテリーケース「Smart Battery Case」の無償交換プログラムを開始した。安全性にかかわる問題ではなく、充電がうまくできない問題が報告されたためだ。(2020/1/11)

Pythonチートシート:
[Pythonチートシート]基本要素編
組み込みのデータ型、変数、制御構造、演算子、関数定義など、Pythonプログラムを構成する基本要素をギュッとまとめて紹介する。(2020/1/9)

「やりたいことが多過ぎて、何から手を付けて良いか分からない」の解消を支援:
PR:デジタル変革は成功例から想像せよ ワンチームで実践する共創型デジタル革新プログラム
大企業でもスタートアップでもない企業のデジタル変革は誰が進めるのか。事業運営や人材確保に疲弊する組織がデジタル化や変革を望むなら、どうすればよいか。そのノウハウを持つ組織に取材した。(2020/1/17)

30年のノウハウを凝縮:
シンフォニーマーケティング、B2Bに特化したマーケティング人材育成プログラムを企業向けに提供開始
教育研修プログラム「Symphony Marketing Master」の提供を開始。(2020/1/9)

IBM Watsonと連携するロボットで「健康や食」に関するAI人材の教育プログラム――北海道情報大学、2020年度から提供へ
北海道情報大学では、日本IBMとの連携により、「IBM Watson」を活用したAI教育プログラムを開発。ボール紙ロボット「TJBot」を用いて、「健康や食」に関するアドバイスをするロボットの制作も組み入れた。同大学がテーマとする「食の保健機能研究」を基盤に、地域・社会に貢献できるAI人材の育成を目指す。(2020/1/10)

Mobile Monthly Top10:
2019年を振り返る(12月編):auが「Pontaポイント」に合流へ/スマホに1.08億画素カメラは必要?
キャッシュレスでは先行していたものの、ポイントプログラムではある意味で遅れを取っていた「au WALLET」。それを挽回すべくKDDIが下した選択は、「Pontaポイント」への合流でした。(2020/1/6)

プレミアムコンテンツ:
Windows 10アップデート管理戦略ガイド
Windows 10は更新プログラムが頻繁に配信される。本PDFではそうした変更をITリーダーが管理する方法、累積的な更新プログラムがシステム管理者に及ぼす影響、円滑な移行のためにクラウドサービスが果たし得る役割について解説する。(2019/12/27)

Computer Weekly製品ガイド
離職率や教育コストを下げる起点となるVoE(従業員の声)
従業員の愛着やモチベーション向上に積極的な企業が、従業員の声を集約する技術やプログラムへの関心を高めている。(2019/12/27)

「Windows Server 2008」のサポート終了 「Azure」への移行はアリか?【前編】
サポート終了の「Windows Server 2008」を延命させる2つの選択肢
「Windows Server 2008」のサポートが2020年1月に終了する。Windows Server 2008をそのまま使い続ける方法を、「拡張セキュリティ更新プログラム」の購入と「Azure」への移行という2つの選択肢から考える。(2019/12/25)

2020年3月中旬以降から:
ソフトバンクの端末購入プログラムは「トクするサポート+」に プログラム料が無料に
ソフトバンクが、新たな端末購入プログラム「トクするサポート+」を2020年3月中旬以降に提供する。プログラム料の月額390円は発生しなくなる。新機種を購入+残債免除ではなく、ポイント還元を選べるようになる。(2019/12/25)

ソフトバンク、端末購入補助プログラムの月額料金を0円に 「トクするサポート+」20年3月開始
ソフトバンクが新たな端末購入補助プログラム「トクするサポート+」を2020年3月中旬に始める。既存の「トクするサポート」(月額390円)とは異なり、月額料金はかからない。同社の回線を契約していないユーザーも利用できる。(2019/12/25)

Appleのバウンティプログラム、macOSの脆弱性も賞金の対象に 最高額1億6000万円
iOSやmacOSの脆弱性を発見した研究者などに10万ドル〜100万ドルの賞金を贈呈。特定の条件を満たした場合は50%を上乗せする。(2019/12/24)

Microsoft Teamsに勝てるか
Slackがパートナー戦略でMicrosoftやCiscoに攻勢 大企業での利用は広がるか?
Slack Technologiesは「Slackサービスパートナープログラム」を開始し、さまざまな導入・活用支援サービスを提供する。アナリストは「パートナーエコシステムは長期的な存続に不可欠」と評価する。(2019/12/24)

Appleが最大約1億6千万円の報奨金 セキュリティ報告プログラム「Apple Security Bounty」を提供開始
Appleが、未知のセキュリティ報告に対して報償金を贈るサービスを提供し始めた。(2019/12/23)

産業動向:
高砂熱学の水電解技術が“月面”へ、水素/酸素生成を実験
高砂熱学工業は、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」に参加することをア明らかにした。プロジェクトでは、月へ打ち上げるロケットに水電解装置を積み、月に豊富に存在するといわれる水から電気分解で水素と酸素を取り出すことを想定した実験を試みる。(2019/12/20)

「ドコモ 子育て応援プログラム」d払いでdポイント還元キャンペーン、Amazonで最大10倍に
NTTドコモは、12月8日に「ドコモ 子育て応援プログラム」会員を対象とした「Amazon d払いでdポイント還元 プラス5倍キャンペーン」を開始。実施中のキャンペーンに加え、通常の5倍のdポイント(期間・用途限定)を進呈する。(2019/12/18)

大学・高専向けにPBL教育者を養成する「PBL導入プログラム」 課題解決型AI教育の実現へ――NECが2020年7月に提供開始
NECは、課題解決型のAI人材教育に向け、大学と高等専門学校でPBL(Project Based Learning)を担う講師を養成する研修プログラム「PBL導入プログラム」を2020年7月から開始する。AIに関する専門知識、データ利活用プロセスなど、PBL教育に必要な知識の習得を目指せる。(2019/12/18)

レッドハットは国内で「OpenShift」を広められるか? 日本独自のパートナー戦略から見えてくる、課題と狙い
レッドハットが、新たなパートナープログラム「OpenShift Managed Practice Program」を発表。国内のパートナー企業の一部が、「Red Hat OpenShift」を用いたコンテナ環境を、各社のクラウドサービスからマネージドサービスとして提供できるようにする取り組みだ。この戦略から見えてくる、同社の日本市場における課題と狙いを、ITジャーナリストの谷川耕一氏が解説する。(2019/12/17)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(6):
BCC(BPF Compiler Collection)によるBPFプログラムの作成
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、BCC(BPF Compiler Collection)によるBPFプログラムの作成について。(2019/12/17)

「Azure Red Hat OpenShift」も同日に発表:
レッドハットがOpenShiftマネージドサービスで、日本独自のパートナープログラムを発表
レッドハットは、マネージドサービスを提供する企業を対象とした日本独自のパートナープログラム「Red Hat Managed Practice Program」を発表した。また、日本マイクロソフトはこれに合わせ「Azure Red Hat OpenShift」を提供開始すると発表した。(2019/12/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(63):
WSUSによるWindows 10の機能更新プログラムの配布−バージョン1909版−
Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909、ビルド18363、通称:19H2)がリリースされました。現在、Windows Server Update Services(WSUS)でWindows 10 バージョン1903の更新管理を行っている企業は、これまでの機能更新とは異なり、スムーズにバージョン1909に移行することができます。(2019/12/12)

Microsoftの月例セキュリティ更新プログラム公開、既に悪用の脆弱性も
今回の更新プログラムでは計36件の脆弱性が修正された。このうち7件は「緊急」に分類されている。(2019/12/11)

楽天モバイルのMNOサービスで「通信障害」 原因は「調査中」
楽天モバイルのMNOサービスにおいて通信障害が発生。「無料サポータープログラム」の一部ユーザーが通信できなかったりしづらくなったりする状況になった。同社では具体的な影響範囲と原因を調べている。(2019/12/10)

楽天モバイルの自社回線で通信障害 約3時間通信ができない状態に
楽天モバイルは、無料サポータープログラムで通信障害が発生していたと発表した。午前8時30分ごろから約3時間、通信サービスが使えない状態だった。(2019/12/10)

エネルギー管理:
再エネの環境価値をブロックチェーンで取引、J-クレジット準拠の新実証
デジタルグリッドは、ブロックチェーンを活用した環境価値取引手法を、「J-クレジット制度」のプログラム型プロジェクトの新属性に適用すると発表した。太陽光発電など再生可能エネルギー設備の自己消費価値を高め、再エネの導入拡大を後押しする実証に取り組む。(2019/12/10)

「急速充電使い放題」を廃止 日産、EV向けサポートプログラムを改定 「ZESP3」12月16日開始
ユーザーからは「改悪だ」「いや予想できたことだ」といった声。(2019/12/3)

Amazon、量子コンピュータに本腰 3社の量子ハードでプログラミングできる「Amazon Braket」発表 研究所設立、共同研究プログラムも
米AWSは、量子コンピュータのフルマネージドサービス「Amazon Braket」を発表した。同サービス上で記述した量子プログラムを、複数社の量子ハードウェアで実行できる。(2019/12/3)

「Smart Cut」技術などを生かす:
SoitecとApplied、次世代SiC基板で共同開発へ
高性能半導体材料の生成と製造を手掛けるフランスのSoitecと米国の半導体製造装置ベンダーであるApplied Materialsは2019年11月18日(フランス時間)、電気自動車や通信、産業機器などに対する需要の高まりを受け、パワーデバイス向けに次世代SiC基板の共同開発プログラムを実施すると発表した。(2019/12/3)

「無料なのに未払い?」──楽天モバイルの無料プログラムで誤請求メール 原因は「システムトラブル」
楽天モバイルで10月から始まった「無料サポータープログラム」のユーザーに、楽天モバイルから誤請求のメールが届いた。同社は「誤送信だった」と説明している。(2019/12/2)

手すりやつり革を利用:
山手線の車内で鍛えてみませんか? JR東がトレーニングアプリを試験公開
JR東日本が山手線内で使えるトレーニングアプリを試験公開。乗車駅や降車駅を記入する。手すりやつり革を使ったプログラムを提供。(2019/11/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(62):
Officeの更新に起因するトラブル、緊急時の回避策まとめ
今回はWindows 10ではなく、Microsoft Officeの更新管理に関係する話です。Windowsの場合、毎月の品質更新プログラムや年に2回の機能更新プログラムで問題が発生すれば、更新プログラムのアンインストールや以前のバージョンへのロールバックで一時的に対処できます。しかし、Officeの更新で問題が発生した場合は、そう簡単にはいきません。(2019/11/26)

企業側へのアピールにも:
IT人材の「自分のスキルが適切に評価されない!」を防げ プログラミングの“基礎体力”を測る検定が開始
プログラミングに関する検定が12月から始まる。主催はプログラミングコンテストなどを行うAtCoder。従来にもプログラミングに関する検定はあったが、実際に1からプログラムを構築する能力を問うものは少なかったという。IT人材は、「企業の採用でスキルが適切に評価されていない」と不満を持つ人も少なくない。スキルを可視化する検定を始めることで、こうした現状を変えていく狙いがある。(2019/11/25)

年間1000万円で、中小企業がデータサイエンティストを「自社で養成」可能に? DataRobotが支援プログラム発表
DataRobotは、年商1000億円以下の中堅企業を対象に、AI活用支援プログラム「DataRobot Starter Program」を販売する。AIプロジェクトの成功ノウハウや教育プログラムを、中堅企業向けに最適化してプログラム化した。(2019/11/20)

Altモード対応で飛躍的に採用拡大:
帯域幅が約3倍に、8K対応の「DisplayPort2.0」
VESA(ビデオエレクトロニクス規格協会)は2019年11月15日、東京都内で記者説明会を開催した。コンプライアンス・プログラム・マネージャのJim Choate氏は、同年6月に発表したDisplayPortの最新バージョン「DisplayPort 2.0」(以下、DP 2.0)などについて説明した。(2019/11/21)

Airbnb、東京五輪に向け“臨時民泊施設”確保へ 許可なしで宿泊提供できる「イベント民泊」制度活用
Airbnb Japanが、東京五輪開催に向けて「イベント民泊」制度を活用した宿泊施設の確保やオリンピック選手と連携した競技体験プログラムの提供を行うと発表した。インバウンド需要の取り込みやアスリートの収入源を作り出す狙いがある。(2019/11/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(71):
リバースエンジニアリングしたけど、もうけてないから問題ないでしょう?
依頼主が作成したプログラムをリバースエンジニアリングして改修したエンジニアが訴えられた。僕、何か悪いことしましたか?(2019/11/18)

PC買い換えの前に試すべき設定を紹介
「Windows 10」の無料でできる高速化術5選
「Windows 10」PCを使い込んでいくと、徐々にその性能は低下する傾向がある。幸いなことに、ストレージスペースの解放や迷惑プログラムの削除など、高速化を図るためにできることは幾つかある。(2019/11/17)

5000人が対象
Microsoftがインド政府職員の「AI」スキル向上のためにやっていること
Microsoft Indiaはインド政府と提携し、同政府職員向けにAI技術やデータガバナンス、クラウドに関する新たなトレーニングプログラムを始動する。その中身とは。(2019/11/14)

事例:Home DepotのIT研修【後編】
リフォーム大手は「エンジニアになりたかった社員」の夢をどう実現したのか
Home Depotは独自のIT研修プログラム「OrangeMethod」を始めたことによって、現場をよく知りITにも明るい人材を見つけ、育て上げることに成功した。成功の秘訣(ひけつ)とは何か。(2019/11/14)

Microsoftの月例セキュリティ更新プログラム公開、既に悪用の脆弱性も
Microsoftは2019年11月の月例セキュリティ更新プログラムを更新した。既に攻撃の発生が確認されているスクリプティングエンジンのメモリ破損の脆弱性は、細工を施したWebサイトなどを使って悪用される恐れがある。(2019/11/13)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(148):
Windows 10 November 2019 Updateは「累積更新プログラム」なんかじゃない!
Windows 10の最新の機能更新プログラム「Windows 10 November 2019 Update」は、1つ前のWindows 10 バージョン1903に対しては毎月の品質更新プログラムと同じように短時間でダウンロード、インストールされる新たな配布方法が採用されます。”November 2019 Updateは累積更新プログラムの形式で配布される”という記事を見かけましたが、それは誤解を与える表現です。なお、本稿はInsider ProgramのRelease Previewリング向けに先行提供された機能更新プログラムに基づいていますが、正式リリースでもおおむね違いはないと思います。(2019/11/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。