ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

メカ設計ニュース:
加工プログラムをAIで完全自動化するソフトウェアの予約開始
アルムは、加工プログラムをAIで完全自動化するソフトウェア「ARMCODE1」の事前予約を開始した。AIで金属加工分野の加工プログラムを完全自動化し、少量生産の加工現場をデジタル化する。(2021/1/18)

CES 2021:
お古のGalaxyスマホを「赤ちゃんモニター」などに再利用 サムスンの環境保護プログラム
韓国Samsung Electronicsは、買い替え後不要になったスマートフォンを新たなスマートホーム機器として再利用できるようにするプログラム「Galaxy Upcycling at Home」を発表した。2021年中にGalaxyスマホの機能として導入するとしている。(2021/1/15)

Wi-Fi Allianceからの認定を受け:
アリオンが「Wi-Fi 6E」認証プログラムの提供を開始
第三者認証試験、品質検証、コンサルティングを提供するアリオンは2021年1月14日、同社グループ本社の台湾Allion Labsが、Wi-Fi Allianceから「世界初」(アリオン)のWi-Fi 6E認証試験機関として認定を受けたと発表した。これにより、Wi-Fi 6E関連の認証プログラムとコンサルティングの提供を開始する。(2021/1/15)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Windowsが遅い! その原因と対策「Windows Update」編
Windows 10の反応がなんだか鈍くなった、と感じることはないだろうか。いろいろな原因が考えられるが、Windows Updateによってバックグラウンドで更新プログラムがダウンロード、インストールされていることが原因となっていることがある。Windows Updateが原因でWindows 10が遅くなる場合の対処方法を紹介しよう。(2021/1/15)

飲食店を応援するプログラム、クラウドファンディング「READYFOR」が実施 手数料なしで支援募集可能
ALL-IN形式、サービス手数料無料のクラウドファンディングで飲食店をバックアップ。(2021/1/14)

FAニュース:
製造現場の制御データと映像を同時に記録する、FAカメラとレコーダーユニット
三菱電機は、生産現場の制御データと映像を同時に記録できる「カメラレコーダユニット」と、高精度録画が可能な「高速フレームレートFAカメラ」を発表した。装置制御のプログラムと関連付けることで、装置トラブルの遠隔解析が容易にできる。(2021/1/14)

MONOist 2021年展望:
自動車に「ソフトウェアファースト」がもたらす競争力を考える
今後、ソフトウェアが担う役割を拡大していく要因は、クルマがユーザーの手元に来た後に機能を拡充するアップデートを行おうとしている点です。以前は車両購入後のソフトウェア更新というと、ナビゲーションシステムの地図データのアップデートや、クルマの修理で制御プログラムを修正するのが中心でした。スマートフォンで好みのアプリを追加したり、より良い最新の状態にアップデートしたりするようにクルマが変わっていけば、クルマの使い方や価値も大きく変化します。(2021/1/13)

Okta、国内ソフトウェア開発ベンダー向けにアプリケーション統合プログラムを展開
Oktaは、国内のISV製アプリケーションを同社のビジョンアプリケーションテンプレート群「Okta Integration Network」に統合するプログラムを本格展開する。ISVが、エコシステムに参加することで得られるメリットは。(2021/1/12)

「吉野ヶ里遺跡で本物の青銅器が作れる」SNS投稿が話題に ロマンあふれる体験について担当者に聞きました
冬季限定の特別な体験プログラムです。(2020/12/28)

Gartner Insights Pickup(188):
データとアナリティクスのチーム作りにおける5つの落とし穴を避けるには
文化変革をリードし、データリテラシープログラムを開発し、既存スタッフのスキルを向上させることなどにより、効果的なデータとアナリティクスのチームを構築する。(2020/12/25)

事例紹介:
新人研修で育む、データサイエンティストのコアとなる“書く”スキル
データ分析企業のARISE analyticsでは、データサイエンティストとして必要なスキルを育むため、約3カ月の新人研修プログラムを導入している。そのなかで、ビジネスライティング、つまり仕事で使う“書く力”を鍛える研修を導入しているのが特徴だ。(2020/12/25)

情報を外部に送信している? 疑惑のWebブラウザ「Smooz」が配信停止に
Webブラウザアプリ「Smooz」が検索情報などを外部に送信していると話題になっている。開発したアスツールは20日にプログラムを修正したが、新たな問題が見つかったとして同日に配信を停止した。(2020/12/21)

不適切なsyscallアクセスを防ぐ:
面倒なアクセス制御を自動化、米大学がポリシーの自動作成ツールを開発
ミシガン大学とテキサス大学オースティン校の研究チームはOSや他のプログラムを危険にさらすことのないように、アプリケーションのポリシーを自動的に作成するツール「Abhaya」を開発した。脆弱性を突いたサイバー攻撃に対応できる。(2020/12/18)

Twitter、認証済み青バッジを2021年1月20日の再開に向けてポリシー公開
Twitterが、2017年に停止した認証済みアカウントプログラムを来年1月20日に再開する。申請が可能になる一方、新ポリシーの下、既に持っている青バッジを剥奪される可能性もある。(2020/12/18)

12月のMicrosoftセキュリティ更新プログラムは6個の緊急脆弱性に対処
Microsoftから2020年12月のセキュリティ更新プログラムが提供された。修正対象の脆弱性は58件、このうち6件は深刻度が緊急に分類されている。PCを乗っ取られる危険性などがあることから、迅速なアップデートが推奨されている。(2020/12/10)

Apple、「タッチの問題に対するiPhone 11ディスプレイモジュール交換プログラム」の提供を開始
シリアル番号を入力し、対象デバイスだった場合は無償修理となる。(2020/12/7)

iPhone 11、タッチに反応しなくなる可能性 ディスプレイの無料交換プログラムを開始
対象は2019年11月から2020年5月に製造されたiPhone 11のみ。(2020/12/6)

Facebook Japan、デジタルリテラシーの教育プログラムを開始 SNSとの向き合い方などを生徒に授業
Facebook JapanがSNSとの向き合い方などデジタルリテラシーの向上を目的にした教育プログラム「みんなのデジタル教室」を始めた。(2020/12/4)

リテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学習:
文系理系を問わず、全学部生を対象にした「AIとデータサイエンスの学習プログラム」を2021年4月から開始 中央大学
中央大学は、文系理系を問わず全学部生が対象となる「AI・データサイエンス全学プログラム」を2021年4月に開始する。AI、データサイエンスをリテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学習する。(2020/12/4)

テレワーク主体の働き方にも適応可能:
PR:肥大化を続ける「Windows Update」、アップデート作業を効率化する新たな一手とは
Windowsを使い続ける上で避けては通れない「Windows Update」。だが、Windows 10以降肥大化し続ける更新プログラムに起因する問題で、オフィスだけでなく、テレワーク環境でも悲鳴が上がっている。この問題に解決策はあるのだろうか。(2020/12/3)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(88):
Windows 10 バージョン1909以降の機能更新プログラム、これに注意しないと「ハマる」
ここ数カ月、Windows 10の機能更新プログラムおよびISOメディアを使用したバージョンアップグレードに関して、特定の条件下で発生する既知の問題が明らかになっています。企業のクライアントPCのバージョンアップグレードを今計画している場合は、影響を受けないように注意してください。(2020/12/1)

スモールスタートでDXを:
PR:LINEとAWSが強力タッグ 技術提供からマーケ支援まで丸ごとサポートする「DX駆け込み寺」の全貌
LINEが6月に「LINE DX Program with AWS」というプログラムの提供開始を発表した。アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)やAWSのパートナー企業と連携し、DXに関する技術提供やマーケティング支援などを行う「DX駆け込み寺」のようなプログラムだが、DXに悩む日本企業に対して、具体的にどんなサポートをしていくのだろうか。(2020/12/10)

Twitterが“青いバッジ”の認証プログラムを2021年に再開 意見を募集中
新しいポリシー案についてアンケート調査を実施しています。(2020/11/25)

最新版をリリース:
認定プログラムをまとめた「Wi-Fi Vantage」、Wi-Fi 6に対応
Wi-Fi Allianceは2020年11月19日、オンライン記者説明会を開催し「Wi-Fi Vantage」の最新版について説明した。Wi-Fi Vantageは、複数の認定プログラムをまとめたもの。最新のWi-Fi規格をはじめ、セキュリティや、シームレスなネットワーク認証、ネットワーク負荷のバランスを最適化する機能など、より優れたWi-Fiユーザー体験を提供するために必要な認定プログラムをパッケージ化している。(2020/11/25)

業界動向:
大和ライフネクスト、マンション管理員の研修にオンライン講義
大和ライフネクストは、マンション管理員の入社時研修にオンライン講義を採用し、全国共通のプログラムにリニューアルした。これにより、研修時間を短縮し、教育効果の向上も図る。(2020/11/25)

より安全な公衆Wi-Fiスポットを――「Wi-Fi Vantage」の最新バージョンが登場 Wi-Fi 6に対応
Wi-Fi Allianceが公衆Wi-Fi向けの認証プログラムを更新した。Wi-Fi 6やWPA3など、最新技術を取り入れている。(2020/11/19)

YouTube、パートナープログラムに加入していないチャンネルの動画にも広告を表示
パートナープログラムに加入していないため、投稿者に広告収入の分配はありません。(2020/11/19)

Amazon「みんなで応援」プログラム開始 支援が必要な施設・団体の「欲しいものリスト」を公開
アマゾンジャパンが、支援を必要とする施設や団体の「欲しいものリスト」を公開して寄付を募る「『みんなで応援』プログラム」を始めた。(2020/11/19)

Amazon「みんなで応援」プログラムを開始 支援を必要とする団体・施設に応援物資を贈る取り組み
「ほしい物リスト」で笑顔をお届け。(2020/11/19)

Apple、新たなデベロッパー向けプログラム「App Store Small Business Program」を発表 手数料率を半分に
App Storeで有料アプリを配布するときの両率を従来の半分である15%に引き下げる。(2020/11/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(173):
Windows Server(SAC)にも影響するアップグレード問題が“問題にならない”であろう理由
Windows 10の機能更新プログラム、またはインストールメディアによる新バージョンへのアップグレードで、「バージョンのロールバック」による解決が必要な問題が立て続けに明らかになりました。それらの問題は、実はWindows Serverにも影響します。しかし、ほとんど問題になることはないでしょう。なぜなら……。(2020/11/19)

「自然な文章」の真実
用途を広げる自然言語処理AI「GPT-3」の、既に見えた限界と課題
人間が書いたような自然な文章を生成することで知られるGPT-3は、プログラムやSQLの生成にも応用されている。だが、既に幾つかの課題や限界も見えてきた。(2020/11/19)

dポイント5周年、会員数7800万人超 キャンペーンも実施
NTTドコモのdポイントが12月1日に5周年を迎える。dポイントはドコモの回線契約を持ったユーザー向けのポイントプログラムとしてスタートし、その後ドコモユーザー以外でも利用できるよう、拡大してきた。(2020/11/18)

Google、VSCodeの代替を狙う「Eclipse Theia」コードエディタをクラウド統合開発環境として採用 Google Cloud Shellに統合を発表
Googleが、「Cloud Shell」の新機能としてコードエディタ「Cloud Shell Editor」を統合。開発者はプログラムをすぐにデプロイし、実行し、デバッグできる。クラウド主要3社がWeb IDEを自社サービスに統合した。(2020/11/17)

18歳以下と家族の月額料金を最大12カ月間1000円引き UQ mobileが「UQ学割」の提供を開始
KDDIと沖縄セルラーが、11月20日から18歳以下のユーザーとその家族を対象とするUQ mobileの学割プログラムの提供を開始する。「スマホプランS(3GB)」の月額料金を最大8カ月間580円、「スマホプランR(10GB)」の月額料金を最大12カ月間1000円割り引かれる。(2020/11/17)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(87):
仮想マシンテンプレート/イメージ展開用カスタムイメージの「Microsoft Defender」をオフラインのまま最新状態にする方法
Microsoftは2020年10月、Windows 10およびWindows Serverのインストールイメージにオフラインで「Microsoft Defender」の更新プログラムを適用できる更新パッケージと展開用PowerShellスクリプトの提供を開始しました。(2020/11/17)

TechTarget発 世界のITニュース
Ciscoがパートナー支援策を強化 ソフト販売市場「DevNet Marketplace」立ち上げへ
Cisco Systemsはパートナー支援策を強化する。「DevNet」などの開発者向け認定プログラムの拡充に加え、2021年春には認定取得パートナーがソフトウェアを販売できるオンラインマーケットプレースを立ち上げる。(2020/11/17)

製造マネジメントニュース:
学ぶのは技術だけじゃない、パナソニック流のモノづくり人材育成研修とは
パナソニックは2020年11月13日、同社のモノづくり人材育成を目的とした研修用施設「モノづくり研修所」の取り組みを紹介する記者説明会を開催した。高校卒技術系社員などを対象とした研修では、専門技術だけでなく、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルの涵養を目指した教育プログラムを展開している。(2020/11/18)

5Gビジネスの神髄に迫る:
富士通のローカル5G戦略を聞く ユースケース開拓、導入ハードルを下げる取り組みも
富士通は日本で初めてローカル5Gの商用無線局免許を獲得するなど、ローカル5Gの市場開拓に向けた取り組みに力を入れる。総務省の「第5世代モバイル推進フォーラム」など、ローカル5Gの普及を後押しするための会合などに積極的に参加していた。パートナー企業と、ローカル5Gを活用した具体的なユースケース創出とソリューション開発を進める「ローカル5Gパートナーシッププログラム」も打ち出した。(2020/11/16)

AIによるソフトウェア開発【後編】
AIによるプログラミングの限界と想定される危険性
GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。(2020/11/16)

マイクロソフト、クラウドゲームサービス「Project xCloud」のプレビュープログラムを11月18日に提供開始
マイクロソフトが、11月18日からクラウドゲームサービス「Project xCloud」のプレビュープログラムを開始する。参加登録の受け付けは11月12日から行い、日本と同じタイミングでオーストラリア、ブラジル、メキシコでも実施する。(2020/11/12)

AIによるソフトウェア開発【後編】:
AIによるプログラミングの限界と想定される危険性
GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。(2020/11/11)

【追記】サーバ管理会社の更新ミスで「ふくいナビ」の全データが消失 バックアップデータも消えて「復旧が不可能な状態」
サイトのシステムの全プログラムも完全に消失しました。(2020/11/9)

Cygames、グラブルやシャドバなどプレイ動画配信のガイドライン制定 条件を満たせば収益化もOK
YouTubeやniconicoなどの収益化プログラムが利用可能。(2020/11/5)

店舗から顧客にクーポンやメッセージを配信 dポイント&d払い加盟店向け「スーパー販促プログラム」
NTTドコモは、2021年1月下旬に「dポイント」「d払い」加盟店の販売促進活動を支援するマーケティングプラットフォーム「スーパー販促プログラム」を提供開始。加盟店の効果的な販売促進活動をサポートする。(2020/11/5)

ショップ解説から長期的な成長支援まで:
Googleが中小企業向けに「はじめてのオンラインショップ 支援プログラム」を開始
オンラインショップ制作と協業し、中小企業のオンラインショップ開設からその後の長期的な成長を支援。(2020/11/5)

製造ITニュース:
日立の「Lumada」がパートナー制度を開始、ソニーセミコンや富士フイルムも参加
日立製作所がデジタルソリューション「Lumada」の事業展開のさらなる拡大を目指して「Lumadaアライアンスプログラム」を開始すると発表。「Lumada Solution Hub」をサービス基盤として、パートナーとのオープンイノベーションを進める。既に国内外24社のパートナー企業が同プログラムのビジョンに賛同しているという。(2020/11/5)

日立がLumadaソリューションのエコシステムを発表 世界展開も視野に
日立は、Lumada事業のグローバル展開の中核を担うHitachi Vantaraと連携して「Lumadaアライアンスプログラム」の世界展開を開始する。業界を越えた多様なパートナー企業とエコシステムを構築する。(2020/11/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(126):
Update Complianceの新機能、機能更新プログラムのセーフガードホールド情報へのアクセスが可能に
Windows 10の機能更新プログラムをWindows Updateから直接的に取得する場合、既知の問題の影響を受けるPCには問題が解決されるまで配布がストップされる「セーフガードホールド(Safeguard hold)」という仕組みがあります。これまではその詳細を知ることができませんでしたが、Azureの「更新プログラムのコンプライアンス(Update Compliance)」サービスがセーフガードホールドに関する追加情報を提供するようになりました。(2020/11/5)

Cygames、ゲーム実況の配信ガイドライン発表 7タイトルは配信OK 収益化も条件付きで許可
Cygamesが、ゲーム実況動画などの配信に関するガイドラインを公開。「YouTubeパートナープログラム」などを使った収益化も認めている。(2020/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。