ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

楽天モバイルの「最強家族プログラム」、グループ作成手順は? 同社が動画で解説 「他社より安い」と三木谷氏
楽天モバイルは2024年2月21日、「最強家族プログラム」の提供を開始した。同一名字の家族なら「Rakuten最強プラン」が1回線あたり毎月110円引きになる。同社は、そのグループを作成する方法について、動画で解説している。(2024/2/22)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(10):
2024年1月の「WinRE更新エラー」は、なぜ、どのように発生したのか? どうやって解決するつもりなのか?
2024年1月の定例のセキュリティ更新では、多くのWindows 10ユーザーがセキュリティ更新プログラム「KB5034441」がエラー「0x80070643」で更新の失敗を繰り返すという問題に遭遇しました。失敗の原因や回避策、その後の対応を追跡します。(2024/2/22)

蔵出しブックレット
「無線LANルーターの7割は侵入可能」の真相と“驚き”の手口
無線LANルーターへの侵入は、今や安価なハードウェアと攻撃プログラムさえ用意すれば可能なものになりました。侵入を防ぐにはどのような対策を取ればよいのでしょうか。驚きの侵入手口とその対策を解説します。(2024/2/22)

楽天モバイル、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ 最大3万3000円相当の還元も
楽天モバイルは、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ。キャンペーンやプログラムを更新し「Rakuten最強プラン」と対象「iPhone」をセットで購入すると最大3万3000円相当の割引やポイント還元を行う。(2024/2/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
「IaC」(Infrastructure as Code)は“もろ刃の剣” その理由とは?
インフラの環境構築作業をプログラムで実行する「IaC」(Infrastructure as Code)には、構築速度の速さといったメリットもあるがデメリットもある。導入に失敗する人が見落としがちな課題とは。(2024/2/21)

アメリカン・エキスプレス、旅行特典やボーナスポイントプログラムを備えた「ゴールド・プリファード・カード」発行
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは、個人向けカード「ゴールド・プリファード・カード」の会員募集/発行を開始した。継続特典として無料宿泊券のプレゼントや有効期限が無期限のボーナスポイントプログラムなど、従来のゴールドカードよりもサービス面で充実していることが特徴だ。(2024/2/20)

さくらのクラウドを経産省が支援 「海外サービスに依存しない状況確保する」
さくらインターネットの「さくらのクラウド」が、経済産業省による「特定重要物資クラウドプログラムの供給確保計画」の認定を受けた。経産省は今後、同サービスの技術開発に関する人件費などを助成する。(2024/2/20)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

楽天モバイルが「最強家族プログラム」を提供する理由 お得度は他社と比べてどれほど最強?
楽天モバイルが2024年2月21日から、「最強家族プログラム」を提供する。複雑な条件なしに割引を受けられるのが大きな売りとなっている。提供の理由は何か、お得度は他社と比べてどれほど最強なのか……?(2024/2/13)

楽天モバイルが「最強家族プログラム」を提供 三木谷氏「他社の家族割より安い」
楽天モバイルは13日、家族で加入することで通信料の割引などが受けられるプラン「最強家族プログラム」を21日から提供すると発表した。(2024/2/13)

楽天モバイルが家族割引「最強家族プログラム」発表 家族の月額料金を110円割引
楽天モバイルが2月13日、家族向けの割引サービス「最強家族プログラム」を発表した。2月21日から提供する。グループの代表者と同一の名字のユーザーに対して、「Rakuten最強プラン」の基本料金を割り引く。(2024/2/13)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(31):
Windows 11だけじゃない! Windows 10にも「制御された機能ロールアウト(CFR)」をバックポート
2025年10月にサポート終了を迎える「Windows 10」(バージョン22H2)に、「2023年11月のオプションの更新プログラム」で、Windows Updateに関連する新機能が1つ追加されました。それは、「Windows 11 バージョン22H2」以降に採用されている「制御された機能ロールアウト」です。(2024/2/13)

石野純也のMobile Eye:
ソフトバンクが“1年で実質12円”の購入プログラムを作った背景 約1年前から入念に準備も、厳密な運用は困難
2023年12月27日に電気通信事業法のガイドラインが改正されたことに伴い、ソフトバンクが新たな端末購入プログラムを導入した。「新トクするサポート(バリュー)」は、1年で端末を下取りに出すことで実質価格を抑えることが可能になるプログラム。同社がこのプログラムの仕組みを検討し始めたのは、1年前にさかのぼるという。(2024/2/10)

Cybersecurity Dive:
Citrixの新たな頭痛の種 2つのゼロデイ脆弱性が見つかる
Citrixは2つのゼロデイ脆弱性を公開した。これらはCitrixBleedとは無関係であるとされているが、同社はシステムを保護するために直ちに修正プログラムを適用するよう呼び掛けている。(2024/2/10)

人工知能ニュース:
リコーが130億パラメーターの日英対応LLM開発 AWSジャパンの支援プログラム活用
AWSジャパンは2024年1月31日、国内に拠点を持つ企業や団体を対象に、大規模言語モデル開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」の成果発表会を開催した。同プログラム参加者のうち、NTTとリコー、ストックマートが登壇し、成果を紹介した。3者の発表内容を順に紹介する。(2024/2/6)

ミスドの公式アプリ刷新 来店スタンプをためるとドーナツがもらえる新特典や会員ランク制度
2月7日から新しい特典プログラムを実施。(2024/2/5)

CIO Dive:
IT人材不足解消の切り札になるか? CompTIAがトレーニングや認定資格を刷新
CompTIAは技術トレーニングのラインアップを拡大し、サイバーセキュリティやデータサイエンス、フルスタックの資格を追加して既存の5つの認定プログラムを刷新する。(2024/2/2)

NTTがAWSのLLM開発支援プログラムに参加 「H100」96基の提供受ける
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)の開発支援プログラム「AWS LLM開発支援プログラム」の成果報告会を開催した。これまでは非公開だったが、NTTがプログラムに参加していたことも明らかになった。(2024/1/31)

組み込みシステムの性能向上へ:
MCU用コードをMPUに移植するソフトウェア開発
STマイクロエレクトロニクスは、マイコン(MCU)「STM32」用に開発したプログラムコードを、マイクロプロセッサ(MPU)「STM32MP1シリーズ」に移植するためのソフトウェア「STM32CubeMP13」を発表した。システム設計者は、開発済みのソフトウェア資産を活用し、高機能でリアルタイム性能を備えた次世代製品向けソフトウェア開発を容易に行うことができる。(2024/1/31)

VR/AR/MRニュース:
開発者向けARグラスを無償提供する「XREAL ARコンテンツ推進プログラム」始動
XREALは、開発者向けARグラス「XREAL Light」を無償提供し、専用SDK「NRSDK」を用いて制作したARコンテンツの開発を促進する取り組み「XREAL ARコンテンツ推進プログラム」を開始した。(2024/1/31)

Nutanix、BroadcomによるVMware買収完了の影響に言及
NutanixのAPJセールス責任者が同社ビジネスの近況を説明した中で、BroadcomによるVMware買収完了とその後のパートナープログラム再編の影響に言及した。(2024/1/29)

通信機器ベンダーが語る6Gの技術と活用例
「5G」の次世代「6G」で何ができる? インドで始まる“モバイルの未来”を解説
通信機器ベンダーEricssonは、インドにおける「6G」研究プログラムを開始した。どのような新技術や活用例が登場するのか。名門工科大IITと提携する狙いとは。(2024/1/29)

Tech TIPS:
万一に備えて知っておきたいMicrosoft Update手動更新の手引き【Windows 10/11】
ごくたまにWindows Updateでエラーが発生してしまい更新プログラムが適用できないことがある。それが累積更新プログラムの場合、新しい脆弱(ぜいじゃく)性だけでなく、過去の脆弱性の修正も含まれている。そのため、新規インストールしたWindows 10/11などでは、多くの脆弱性がある状態での運用に迫られる可能性がある。このような場合、1カ月前の更新プログラムを手動で適用すればよい。その手順を紹介しよう。(2024/1/26)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(9):
Windows Server 2012/2012 R2のESUに“抜け道”なし――サポートが終了したOSをセキュアに保つ正規の方法とは
Windows Server 2012/2012 R2に対して「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を通じて提供される「セキュリティ更新プログラム」は、Microsoft Updateカタログから誰でもダウンロード可能です。しかし、それをインストールするには“ESUを利用する権利”が必要です。ESUを知らずにセキュリティ更新プログラムを入手、インストールした場合、どうなるのでしょうか。検証してみました。(2024/1/30)

Twitch、ストリーマーへの支払い方法変更 10万ドルの上限撤廃など
Amazon傘下のTwitchは、ストリーマー向け収益化プログラムに変更を加えると発表した。場合によっては減収につながる変更については実施時期を数カ月先に設定している。(2024/1/25)

1月26日から変更:
ドコモ、いつでもカエドキプログラム利用時の実質負担額を引き下げ 「iPhone 14 128GB」は6万7650円→3万1834円に
NTTドコモは1月25日、「いつでもカエドキプログラム」を利用した場合の実質負担額を引き下げると発表した。適用可能になるのは一部の機種で、26日以降に変更となる。対象端末には「iPhone 14」「Google Pixel 7a」など売れ筋の端末が含まれる。(2024/1/25)

日本に2兆2600億円を投資:
AWSの大規模投資は日本企業の「生成AI活用熱」を取り込むタネになるか
AWSが日本での2兆円を超す投資を発表して話題を集めた。生成AIブームによる国内企業のクラウドサービス利用拡大を見越した投資だ。AI導入支援プログラムにも力を入れ、この商機を逃さないという意気込みが感じられる。(2024/1/25)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(12):
外部入力で取り込んだ値によってプログラムを制御する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第12回では、外部入力を取り込みその値によってプログラムを制御することに挑戦する。(2024/1/25)

ソフトバンクの「iPhone 15(128GB)」がMNPで“実質12円”に 1年後の端末返却で
ソフトバンクが、「iPhone 15」を「新トクするサポート(バリュー)」の対象機種に加えた。このプログラムを適用すると、128GBモデルは1年間実質12円で運用できる。MNPでソフトバンクに移り、オンラインショップ割を適用することが条件。(2024/1/22)

マイクロチップ PIC18-Q24:
拡張コード保護機能を搭載したマイコン
マイクロチップ・テクノロジーはファームウェアへの不正な読み出しや消去、変更を防ぐ機能を搭載したマイクロコントローラーファミリー「PIC18-Q24」を発表した。PDID機能を採用していて、プログラムおよびデバッグインタフェースへのアクセスを遮断できる。(2024/1/19)

ドコモの「iPhone 13(128GB)」が実質約2.2万円、「Xperia Ace III」が実質約1.3万円に 1月19日以降
NTTドコモは、1月19日以降に「iPhone 13(128GB)」「Xperia Ace III」の割引内容を変更。「いつでもカエドキプログラム」残価額変更に伴うプログラム適用時のユーザー負担総額やオンラインショップ価格などが対象となる。(2024/1/18)

電通デジタル、企業が「DX推進の壁」を自社で乗り越えるための支援プログラムを提供開始
電通デジタルは、企業がDX推進の壁として立ちはだかるさまざまな要因を自社内の正しい議論の活性によって解消できるようにするための支援プログラムを提供する。(2024/1/18)

株式会社グリーンフィールド・オーバーシーズ・アシスタンス提供ホワイトペーパー:
PR:エンジニアの米国派遣、増加する入国トラブルの背景と推奨される対応を解説
エンジニアの米国派遣において、ビザ免除プログラム(ESTA)利用におけるトラブルが頻発している。その背景や、入国トラブルにより発生する損害を確認しながら、企業に推奨される対応を解説する。(2024/1/16)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(29):
Windows 10/11で「2024年1月の更新プログラム」のインストールが失敗(エラー0x80070643)! その原因は?
2024年1月10日、2024年最初のセキュリティ更新プログラムがリリースされました。Windows 11 バージョン22H2/23H2以外を利用しているユーザーの中には、その日の更新プログラムの一つがエラー「0x80070643」で失敗を繰り返すことに悩んだ人もいるでしょう。この更新プログラムは、「Windows回復環境」の脆弱性問題を解決するセキュリティ更新プログラムです。(2024/1/16)

GitHubエキスパートとしてのスキルをアピールできる:
GitHubの認定資格プログラム、誰でも参加可能に
GitHubは、これまで従業員とパートナーに限定して提供してきた「GitHub Certification」(GitHub認定資格)プログラムの一般提供を開始した。(2024/1/12)

OpenAI、カスタムAIボットの「GPT Store」開店 収益化プログラムはQ1中に開始
OpenAIは、サブスクユーザーが自作のAIチャットボット「GPT」を公開できるストア「GPT Store」を開店した。利用できるのはサブスクユーザーのみ。第1四半期中に収益化プログラムが開始される見込みだ。(2024/1/11)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
命令型プログラミングと宣言型プログラミングの「ソース」の違い 選ぶべきは?
「命令型プログラミング」と「宣言型プログラミング」の違いを知っておくことは、プログラム開発者にとって重要だ。両者の主な4つの違いを解説し、どちらを選ぶべきかの判断材料を提供する。(2024/1/11)

Wi-Fi Allianceが「Wi-Fi 7」の認証プログラムを開始
Wi-Fi Allianceが、IEEE 802.11be規格の無線LAN機器に関する認証プログラムを開始した。認証を得た機器には「Wi-Fi CERTIFIED 7」のロゴの付与が認められる。(2024/1/9)

管理者、一般従業員の双方で徹底した対策が必要:
当たり前過ぎて忘れていない? アクトが提言する「年始に気を付けたいセキュリティ対策」
アクトは、年末年始の休暇明けにとるべきサイバーセキュリティ対策について提言した。徹底すべき対策として、システム管理者には修正プログラムや定義ファイルの更新など、ユーザーには不審なメールやURLへの注意を挙げた。(2024/1/9)

Tech TIPS:
ひと目で分かるWindows 10/11 サポート期限一覧【2024年版】
Windows OSは、提供開始から約10年のサポート期間が設けられている(一般的なエディションの場合)。ただ、機能更新プログラムの適用状況(バージョン)によって、サポート期間は変わる。例えば、Windows 11 Home/Proの2021 Update(バージョン21H2)は、2023年10月10日にサポートが終了している。また、エディションによってもサポート期間が異なるので注意が必要だ。そこで、サポート期間を一目で分かるようにまとめてみた。(2024/1/9)

auの一部スマートフォンで価格改定 Xperia 1 IVは約7万4000円の値下げ【更新】
12月27日から、auの一部スマートフォンの価格や実質負担額を改定した。「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担額を、一部機種で上げている。Pixel 8(128GB)、Xperia 1 IV、Redmi 12 5G、Galaxy A54などは一括価格を下げている。(2023/12/27)

ソフトバンク、スマホ値引き規制後も「実質12円」で運用できるワケ 新プログラムのカラクリを解説
ソフトバンクが12月27日に、新たな端末購入プログラム「新トクするサポート(バリュー)」を開始した。このプログラムを活用すると、機種によっては1年間、実質12円で運用できる。27日から適用される新たなガイドラインには違反しないのか?(2023/12/27)

ドコモの「Galaxy Z Fold5」「Google Pixel 8」、12月27日以降は「いつでもカエドキプログラム」しか利用できず
NTTドコモは一部機種で利用可能なプログラムについて案内している。「Galaxy Z Fold5 256GB/512GB」「Google Pixel 8」は12月26日23時までなら「いつでもカエドキプログラム+」の対象となるが、翌27日以降は「いつでもカエドキプログラム」しか選べなくなる。ドコモは本件についてドコモオンラインショップにて案内している。(2023/12/26)

ドコモ、27日から一部スマホの“実質負担額”を値上げ 法令改正を受けて
NTTドコモが、「いつでもカエドキプログラム」を適用した際の実質負担額を、12月27日から値上げする。このプログラムは、端末単体(白ロム)の購入も対象だが、12月27日からは、端末単体購入の場合も、電気通信事業法の省令(ガイドライン)で割引金額が4万4000円(税込み、以下同)までに規制される。(2023/12/26)

2023国際ロボット展:
音声でプログラム生成やロボット操作を実現、AIが縮める人とロボットの距離
デンソーウェーブは「2023国際ロボット展(iREX2023)」において、音声指示で動作するロボットのデモンストレーションなどを披露した。(2023/12/25)

楽天モバイルの「買い替え超トクプログラム」、AndroidとiPhone SE(第3世代)が対象外に 法令改正を受けて
楽天モバイルが、12月22日から「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」の対象機種を変更し、Android全機種とiPhone SE(第3世代)を対象外とした。12月27日から電気通信事業法の施行規則が変更されるため。(2023/12/22)

楽天「SPU」改定の満足率は? MMDが4キャリアのポイントプログラムを調査
MMD研究所が、12月22日に「大手4キャリアユーザーのポイントプログラム利用に関する調査」の結果を発表。楽天モバイルのポイントプログラム改定は60.4%が「満足」と答えた。(2023/12/22)

データ連携の内製化まで支援、ハイブリッド環境のデータ連携を迅速化――IIJ
データ連携を進める組織や人材がない企業を支援するソリューションが増えてきた。IIJは、専任エンジニアが付いてデータ連携プログラム開発の内製化を支援するメニューを自社のデータ連携サービスに追加する。サイロ化した企業データの活用は進むか。(2023/12/20)

ドローン:
Starlinkとポート付きドローンで目視外自律飛行、現場監理の時間を8割短縮 大林組とKDDI
大林組とKDDIスマートドローンは、目視外で自律飛行し、建設現場やインフラの巡視、点検、計測、異常検知を自動で行うドローンシステムを開発した。実証では、現場監理業務の時間を80%削減し、官民研究開発投資拡大プログラムでA評価を獲得した。(2023/12/18)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
2023年最後のWindows月例セキュリティ更新プログラム登場/Googleが新AI「Gemini Pro」のAPIを提供開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、12月10日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。