ニュース
» 2015年06月11日 19時30分 UPDATE

CD再生に対応:ヤマハ、インテリアとして使えるBluetooth対応オーディオシステム「TSX-B141/B235」を発売

ヤマハは、インテリアとしてなじむデザインを採用したBluetooth対応のデスクトップオーディオシステム「TSX-B141」と「TSX-B235」を発売する。

[ITmedia]

 ヤマハミュージックジャパンは6月11日、インテリアとして違和感なく空間になじむBluetooth対応のデスクトップオーディオシステムを発売した。ラインアップはソリッドでシンプルなデザインの「TSX-B141」と天然木のウッドテーブルを天面に備える「TSX-B235」の2モデル。それぞれ6月下旬と7月下旬に発売する。価格はオープン。

photo 「TSX-B141」
photo 「TSX-B235」

 CDやUSB端子から音楽を再生したり、FM/AMラジオを聴いたりできるほか、Bluetoothによるワイヤレス再生も可能。コーデックは高音質なaptXやAACに対応する。また、NFCを搭載するため、ワンタッチで簡単にペアリングできる。

 スマートフォン向け専用アプリ「DTA CONTROLLER」(iOS/Android共に無料)を使うと、音量調節や入力切り替えなどの操作や、アラームの設定などが可能。

 いずれのモデルも80ミリ径のフルレンジスピーカーを採用し、低音から中高音域までバランスの取れたナチュラルな音質を実現したとしている。ヤマハ独自の音質改善技術「ミュージックエンハンサー」を備え、スマホやタブレット内の圧縮音楽ファイルをダイナミックによみがえらせるという。そのほか、低域・中域・高域の音質を調節する3バンドイコライザーを搭載した。

 TSX-B141の再生周波数特性は55〜2万Hz、消費電力は17ワット。サイズは400(幅)×137(奥行き)×180(高さ)ミリ、重量は3キロ。カラーはブリック、ブラック、シャンパンゴールドの3色を用意した。

 TSX-B235の再生周波数特性は60〜2万Hz、消費電力は30ワット。サイズは370(幅)×234(奥行き)×110(高さ)ミリ、重量は3.92キロ。カラーはホワイトとブラックの2色を用意した。

photo 「TSX-B235」のインテリアイメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.