ニュース
» 2015年07月29日 17時00分 UPDATE

DSD5.6MHzのネイティブ再生対応!:オンキヨー、ハイレゾ対応ネットワークステレオレシーバー「TX-8150」を発売

オンキヨーはネットワークオーディオ機能を搭載したステレオアンプ「TX-8150」を8月下旬に発売する。価格は6万4800円(税別)。Wi-Fi&Bluetoothを搭載し、DSD5.6MHzネイティブ再生にも対応する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは7月29日、オンキヨーブランドからハイレゾ対応ネットワークステレオレシーバー「TX-8150」を発表した。8月下旬発売予定で価格は6万4800円(税別)。本体色はシルバーのみ。

hm_on01.jpg ハイレゾ対応ネットワークステレオレシーバー「TX-8150」

 TX-8150は、家庭内のルータとLAN接続することで、ネットワーク内で共有しているPCやNAS内の音楽ライブラリーを再生できる。MP3、WMA、WMA Lossless、FLACやWAVの192kHz/24bit、DSDの2.8/5.6MHzネイティブ再生に対応するのが特徴だ。※USBの場合はWAV・FLAC96kHz/24bit、DSDは2.8MHzまで。

 DACには、旭化成エレクトロニクス製384kHz/32bit対応のプレミアムタイプを採用し、同社は「スタジオマスタークオリティのハイレゾ音源も高品位に楽しむことが可能」としている。

 また、FM/AMに加えてインターネットラジオを搭載する。「radiko.jp」「TuneIn」に単独でアクセスできるほか、USB端子に接続したUSBメモリやスマホ内のMP3データなども再生可能。実用最大出力140ワット×2のステレオアンプで、手軽にネットワークオーディオが楽しめる。

 無線ルータがあれば、無料のオンキヨー機器アプリ「Onkyo Remote」を使ってAndroid端末やiPhone/iPod touchをリモコンとして利用できる。

 電源部には、ケイ素鋼板シールド材でリーケージ・フラックスを低減したハイパワーEIトランスや8200マイクロF電解コンデンサー2基などを採用する。位相ズレを抑制することでL/Rchの焦点が定まり音像をくっきりと描き出すという。

 再生周波数特性は10〜10万Hz。SN比106dB(Line、IHF-A)、80dB(PHONO MM、IHF-A)、音声入力端子はデジタル×4(光×2、同軸×2。96kHz/24ビット、PCM信号に対応)、アナログ×6、PHONO×1、USB。4〜16オームのスピーカーに対応する。

hm_on02.jpg TX-8150のリアパネル

 サイズは435(幅)×149(高さ)×328(奥行き)ミリ、重量は8.6キロ。リモコン、FM室内アンテナ、AMループアンテナが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.