ニュース
» 2015年12月16日 16時00分 UPDATE

バーブラウン、「業界最高性能」をうたうオペアンプ「OPA1622」を発表

日本テキサス・インスツルメンツは12月16日、オーディオ用のオペアンプ「OPA1622」を発表した。Burr-Brown(バーブラウン)Audioラインアップの新製品だ。

[ITmedia]

 日本テキサス・インスツルメンツは12月16日、オーディオ用のオペアンプ「OPA1622」を発表した。Burr-Brown(バーブラウン)Audioラインアップの新製品。2016年1月6日から米ラスベガスで開催される「2016 International CES」でお披露目を行う。

ts_opa01.jpg 製品イメージ

 最大150mWの高出力にくわえ、10mW出力時に−135dBという低い歪特性、2.8nV/√Hzの低ノイズ特性が特徴。「最高水準のプロ・オーディオ機器の開発を可能にする」(同社)という。

 また小型パッケージで低消費電力特性も実現。ハイレゾ音源対応のDACやヘッドフォンアンプ、スマートフォンといったポータブル機器にも適している。とくにヘッドフォンアンプに使用した場合、32オーム負荷&10mW出力時にTHD(全高調波歪み)特性が−135dBと「競合製品に比べ12倍の性能を提供できる」としている。

ts_opa02.jpg 「OPA1622」を使ったヘッドフォンアンプの回路構成例
ts_opa03.jpg

 パッケージは、3×3mmのDFN(デュアル・フラット・ノーリード)。1000個受注時の単価(参考価格)は2.90ドル。同社では、「オーディオ性能の水準をさらに押し上げる高性能オーディオ用オペアンプ」と胸を張る。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.