ニュース
» 2015年12月19日 15時02分 UPDATE

第7回ポタフェス:世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」に触ってみた

スウェーデンからやってきた世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」。そのサイズにくわえ、バランスド・アーマチュア型ドライバーを採用した点もユニークだ。

[ITmedia]

 東京・秋葉原の「ベルサール秋葉原」で開幕した「第7回ポタフェス」。1階のモダニティブースでは、スウェーデンからやってきた世界最小クラスのBluetoothイヤフォン「EARIN」を国内で初めて展示した。

ts_earin05.jpg モダニティブースは「EARIN」がメイン
ts_earin06.jpg 「EARIN」。携帯用のカプセルに本体を充電する機能を持たせた

 20×14.5mm、重量約3.5gの小さなボディーにBluetoothチップ、アンテナ、リチウムイオンバッテリー(容量60mAh)などを内蔵した。コーデックはSBCにくわえ、AACとapt-Xをサポート。ドライバーはバランスド・アーマチュア型のフルレンジ1発で、コンプライ製のイヤーチップが付属するなどオーディオファンも注目の仕様となっている。「解像度の高いサウンドが特徴」とモダニティ。実際に少し聴いてみたところ、低域はもう少しほしい気もするが、解像感のある中高域が楽しめた。

ts_earin01.jpg サンタさんに装着してもらった。ケーブルがないため、外観はすっきり。女性にもウケそうだ

 サイズが小さいだけに気になるのは使用時間だが、内蔵バッテリーで連続約2時間半〜3時間の使用が可能だという。またバッテリー内蔵の携帯カプセルが付属しており、本体を入れて充電すれば、さらに2時間半〜3時間は使える。カプセルのバッテリー容量は600mAh。充電にかかる時間は約75分間となっている。

ts_earin02.jpg 携帯カプセルに本体を入れて充電すれば、さらに2時間半〜3時間の使用が可能。本体背面のロゴは充電用の接点を兼ねている。カプセルのサイズは21(径)×95(長さ)mm。重量は42g

 また付属品として、落下防止用のシリコン製アタッチメントを同梱しているため、ジョギングなど軽い運動でも安心して使えるという。

ts_earin04.jpg 落下防止用のシリコン製アタッチメント「スタビライザーロック」をつけたところ。耳にフィットするので軽い運動くらいなら問題ない

 iOS/Android、Windowsに対応した専用アプリを使えば、スマートフォンなどの画面でバッテリー残量や低域を増強する「ベースブースト」、片耳だけで使うときに便利な「ステレオ/モノラル切り替え」といった設定が行える。

ts_earin03.jpg 専用アプリの画面。バッテリー残量はL/Rを個別に表示できる

 EARINは、クラウドファンディングサイトの「Kickstarter」で世界40カ国から約150万ドルを集め、同サイト内で最も資金調達に成功した製品として注目されている。モダニティでは12月下旬から国内で販売する予定で、価格は2万9800円(税別)。ただし、既に初期出荷分は終わり、今から注文すると2016年1月以降出荷分になるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.