ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベルサール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベルサール」に関する情報が集まったページです。

「dynabook Day 2019」7月9日開催 最新デバイスやソリューションが結集
Dynabookが7月9日、東京都新宿区でプライベートイベントを開催する。同社が「dynabook」ブランドで展開している最新デバイスやソリューションが展示される他、講師を迎えてセミナーも開催する。(2019/6/11)

墨出し・杭打ちBIM&クラウド連携セミナー:
レイアウトナビゲーターとBIM 360を活用した墨出しポイント取得ワークフロー
トプコンソキアポジショニングジャパンは、人為的なミスの削減やデータ管理の円滑化を目的に、トータルステーションとオートデスクのクラウドサービスを連携した墨出しポイント取得ワークフローの普及を推進している。(2019/6/11)

国内最大級のLANパーティー「C4 LAN」は5月10日から サイコムが足湯やピザを提供
来る5月10日〜12日まで、国内最大級のLANパーティー「C4 LAN 2019 SPRING」がベルサール高田馬場で開催される。(2019/4/26)

秋葉原でeスポーツイベント「E-GST」開催 格ゲー大会に1000円遊び放題のゲーセン、「サムスピ」新作の先行体験も
昔ながらの「ゲーム大会」感。(2019/4/19)

「セガフェス2019」にせがた三四郎登場 「血染めのコントローラー事件」など撮影時の壮絶なエピソード語る
壮絶。(2019/3/31)

あなたは「ぷよぷよ」「ぷよ通」どっち? 「メガドライブ ミニ(仮)」の収録タイトル、人気3シリーズを投票で決める企画開始
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「ぷよぷよ」「シャイニング・フォース」シリーズのうち、1作目と2作目どちらを入れるかを投票で決定!(2019/2/25)

編集部主催セミナーのお知らせ:
「働き方改革」を成功させたセゾン情報システムズの取り組みを紹介
10月17日、ITmedia エンタープライズ主催のセミナーを開催します。テーマは“働き方改革”。働き方改革を本格化させ、働きがいがある会社へと変わったセゾン情報システムズの取り組みをお話しします。(2018/10/10)

「アズールレーン」がテレビアニメ化決定! 監督は天衝、シリーズ構成は鋼屋ジンに「ガチやん」「なんという俺得」の声
ティーザーPVも初公開!(2018/9/15)

「新たなPRの場」とグラドルたちも期待 紙媒体写真集オンリー即売会に約2000人が来場
主催側も想定外の客入り。(2018/7/17)

中指立てた「クソイヤフォン」ポプテピピックコラボ ハイレゾ仕様だが作品楽曲にハイレゾなし
e☆イヤホンがベルサール秋葉原で開催している「ポタフェス2018」(7月14日〜15日)で、パイオニアが大川ぶくぶの4コマ漫画「ポプテピピック」とコラボしたイヤフォン「SE-CH5T」を展示している。(2018/7/14)

史上初「人生ゲーム日本一決定戦」 優勝者には「人生ゲーム紙幣の肖像になれる権」
タカラトミーは「人生ゲーム」の発売50周年を記念して、初の「人生ゲーム日本一決定戦」を開催する。優勝者にはラスベガスツアーや「人生ゲーム紙幣の肖像になれる権」が贈られる。(2018/7/12)

TDBC Forum 2018:
ラストワンマイルの移動を支えるバスとタクシー、「時代遅れ」から脱却するには
運輸業界のデジタルテクノロジー活用を推進する運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)は、「TDBC Forum 2018」を開催。特別講演では、“地域公共交通プロデューサー”として旧弊な交通事業・サービスの革新と公共交通の育成に取り組む名古屋大学大学院 環境学研究科 教授の加藤博和氏が登壇した。(2018/6/1)

サードウェーブ、「C4 LAN 2018 SPRING」にブース出展 ステージイベントなども実施
サードウェーブは、ベルサール高田馬場で開催されるユーザー参加型ゲームパーティー「C4 LAN 2018 SPRING」への出展を発表した。(2018/5/9)

セガフェスで「シェンムー I&II」「新サクラ大戦」発表! ニンテンドースイッチ用新生「SEGA AGES」も
きたぁあああああああああ!!!(2018/4/14)

懐かしの名機が蘇る! セガ「メガドライブ ミニ(仮称)」を2018年発売へ
やったあああああああああああ!(セガ好き)(2018/4/14)

事務所に戻らず現場だけで仕事を完結、ゲンバノートに動画共有の新機能
MateMoJi(メタモジ)は、iOS用高機能デジタルノート「GEMBA Note(ゲンバノート)」の法人向け製品をVer4.0にアップデートし、2018年4月11日に出荷開始した。動画共有やカスタマイズ開発の新機能が追加され、現場だけの作業完結や本社や事務所との情報共有など、業種を問わずに現場が抱えるさまざまな課題を解決する。(2018/4/13)

「ぷよぷよ」初のプロライセンス選手決定 「もこう」「Kamestry」「くまちょむ」など11人
4月15日に初のプロ大会を開催予定。(2018/4/9)

NTTドコモ、ホコリまみれのクルマに絵を描いた「dusty car」展示
NTTドコモは、ホコリをかぶったクルマに絵を描いた「dusty car」を展示した。(2018/3/5)

存在感高まる「ワイヤレス」 ポタフェス2017冬 クアルコムも参戦
e☆イヤホンがベルサール秋葉原で開催している「ポタフェス 2017 WINTER 東京・秋葉原」の1日目の様子を、ワイヤレスイヤフォンを中心に振り返っていく。(2017/12/16)

過去最大規模の「ポタフェス」が16日開幕、国内外194ブランドが出展
e☆イヤホンは12月15日、翌16日に開幕する「ポタフェス2017 WINTER 東京・秋葉原」の概要を発表した。国内外から194ブランドが参加するポータブルオーディオの専門イベント。(2017/12/15)

JRAとモンハンがまさかのコラボ 狩った素材で馬を育てる育成ゲームやモンスターのレース予想など遊べる企画が満載
秋葉原や東京競馬場ではリアルイベントも。(2017/12/13)

写真100枚で見る「Fate/Grand Order Arcade」 コラボカフェ、「FGO VR」も
初披露となった「Fate/Grand Order Arcade」を写真でじっくり見る。おまけあり。(2017/12/8)

セキュリティ業界、1440度(21):
初のiPhone個人Jailbreaker、ホッツ氏が語る「OSSによる自動車の自動運転化」――CODE BLUE 2017レポート
2017年11月7〜10日、日本では最大規模のセキュリティ国際カンファレンスである「CODE BLUE 2017」が開催されました。本稿では、9〜10日に開催されたカンファレンストラックにおいて、興味深かったセッションをピックアップして紹介します。(2017/12/7)

霧子デンジャラスじゃないですか! 内田理央、「仮面ライダーゲンム」岩永徹也とゾンビポーズ
キリコォォォォォ。(2017/12/1)

「SoftBank Robot World 2017」の総合受付で採用:
シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者管理のロボットアプリ「ロボウケ」とAPI連携し、総合受付機能をPepperを通じて提供することが可能になったと発表した。(2017/11/22)

「Pepperは、空を飛ぶまで進化させたい」――ロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」開幕
ソフトバンクロボティクス主催のロボットカンファレンス「SoftBank Robot World 2017」が開幕した。(2017/11/21)

「FGO秋葉原祭り」アーケード版もテスト展示
スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」のミニイベントが、秋葉原で開催される。開発中のアーケード版の実機を展示予定。(2017/11/7)

SIPシンポジウム 2017:
2018年度末までの大規模実証実験がスタート、SIPの自動走行システムも集大成へ
内閣府がSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)の成果などを発表するため開催した「SIPシンポジウム 2017」。残り1年半となった期間で何を進めていくのか。「自動走行システム」のプログラムディレクターである葛巻清吾氏が語った。(2017/10/13)

Synology、同社製品をアピールするプライベートイベント「Synology 2018」 10月25日開催
Synologyは、同社製品の紹介や新製品披露などを行うプライベートイベント「Synology 2018」の開催を発表した。(2017/10/4)

ソフトバンクら、Pepperだけでない「ロボット」のイベント開催 50体を展示
イベントでは、Boston Dynamicsのロボットも見ることができそうだ。(2017/10/3)

設計開発ツール:
シャシーダイナモでどこまで公道走行を再現できるか、東陽テクニカの挑戦
東陽テクニカのプライベート展「東陽ソリューションフェア 2017」(2017年9月7〜8日、ベルサール東京日本橋)において、東陽テクニカ 技術研究所 所長の木内健雄氏が基調講演を行った。輸入販売事業を主とする同社がなぜ技術研究所を立ち上げたのか。(2017/9/13)

「Re:ゼロから始める異世界生活」アニメ新作エピソードが制作決定! 完全新作PVも公開
言質、とりました!(2017/9/10)

士郎正宗デザインの“ワイヤレス”イヤフォンが登場――「ポタフェス2017」
(2017/7/15)

“Astell&Kern”と“AZLA”のブースが黒山の人だかり ポタフェス2017 東京・秋葉原
(2017/7/15)

スクエニのゲームに「ポタフェス」が登場 コラボヘッドフォンのプレゼントも
(2017/7/6)

“完全ワイヤレスイヤフォンの先駆け”が進化――第2世代の「EARIN M2」登場
(2017/7/6)

賞金総額1200万円越えのeスポーツ大会「RAGE vol.4 GRAND FINALS」 6月10日
CyberZは、同社運営のeスポーツ大会「RAGE」の決勝ラウンド「RAGE vol.4 GRAND FINALS(決勝大会)」の開催を発表した。(2017/6/8)

PR:パターンファイル依存に潜む“落とし穴”――鍵は「AI」による防御
ランサムウェアに代表されるサイバー攻撃の凶悪化に伴い、IT部門にはより一層の対策強化が求められている。しかし、既存のエンドポイントセキュリティ製品には、実は大きなリスクがある。NECソリューションイノベータが語った、既存の対策の問題点と、その対応策とは。(2017/3/24)

「いい子に育つか、悪い子に育つか」――Twitterで“人工知能少女”育成、バンナムが結果報告
バンダイナムコが、Twitterユーザーが人工知能(AI)キャラに言葉を覚えさせるプロジェクトを実施。どんな人工知能少女に育ったのか、同社の二見鷹介プロデューサーが報告した。(2017/3/7)

VRを悪用すれば「相手を洗脳できる」「数千人を嘔吐させられる」 「サマーレッスン」開発者がリスク指摘
「サマーレッスン」開発者の原田勝弘さんが、政府のサイバーセキュリティ啓発イベントでVR技術に潜むリスクを説明。ユーザーを嘔吐させたり、洗脳したりできる可能性があるという。(2017/3/6)

「国とコラボするとは」――政府がアニメ「ソードアート・オンライン」とサイバーセキュリティ啓発 その理由は
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が、アニメ「ソードアート・オンライン」と組んで啓発イベントを開催。コラボが実現した理由は。(2017/3/6)

一芸ならぬ「いちゲー採用」 ゲームのプラチナトロフィーで1次面接免除など、面白法人カヤックが2018年度採用に導入
おもしろそう。(2017/3/1)

イヤフォンの試聴に特価販売も――「アキバ大好き!祭り」にポタフェスが進出
(2017/2/24)

内閣とSAOのコラボイベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」が3月に秋葉原で開催 松岡禎丞さんらのトークイベントに公式コラボ漫画の配布も
SAO原作者・川原礫さんや伊藤智彦監督らも登場予定です。(2017/2/20)

政府が「SAO」「サマーレッスン」講演、サイバー攻撃の啓発イベントで 川原礫さんら登壇
内閣サイバーセキュリティセンターが啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」を3月に開催。アニメ「ソードアート・オンライン」原作者の川原礫さんらのトークイベントなどを行う。(2017/2/20)

「アナログにコンバートしない」フルデジタルサウンドを車載で聞いてみたらすごかった──ポタフェス2016冬
(2016/12/18)

円安が気になる!? 「ポタフェス」会場で見つけたホットな新製品
東京・秋葉原で「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。国内外189のブランドを集めた国内最大級のオーディオイベントでは、多くの新製品がお披露目されている。しかし、会場では最近の円安傾向が輸入オーディオの販売価格を押しあげるという声も。(2016/12/17)

秋葉原で「ポタフェス」開幕、“極上の音”で「スクフェスAC」コーナー大人気
快晴の東京・秋葉原でポータブルオーディオの専門イベント「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」が開幕した。今回は会場を2カ所に分け、一方では従来にない新しい試みを行っているポタフェス。その効果は……絶大だった。(2016/12/17)

「ポタフェス」のステージはアニメファン的に超豪華――スクフェスACの“極上音楽体験”イベントも
「ポタフェス2016冬 in 東京/秋葉原」の各種イベントと特設ステージのタイムスケジュールなどが発表された。豪華なミニライブやトークショーに加え、PSVRやスクフェスACが体験できるコーナーも。(2016/12/16)

採用例が拡大「CompTIA Security+」、間もなく提供開始「CompTIA CSA+」:
PR:CompTIA認定資格が「あなた」に必要とされている、本当の理由
「若者のIT業界離れ」や「セキュリティ人材の不足」が、この先、日本の抱える深刻な課題と挙げられている。しかし、その人材をどう育成/採用していけばよいのかに悩む企業が多いのも、また大きな課題だ。そんな中、セキュリティ人材の採用基準の1つとして、多数の国内外の企業や政府機関で取り入れられている認定資格がある。CompTIA認定資格を推進する、CompTIAのキーパーソンにその真意を聞いた。(2016/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。