ニュース
» 2016年01月06日 17時31分 UPDATE

CES 2016:DSDレコーディングに対応したアナログターンテーブル、ソニーが発表

ソニーは、「CES 2016」でハイレゾマーク入りのアナログターンテーブル「PS-HX500」を発表した。米国で春に発売される予定だ。

[ITmedia]

 ソニーは、「CES 2016」でハイレゾマーク入りのアナログターンテーブル「PS-HX500」を発表した。米国で春に発売される見込みだ。

ts_sonyces_record.jpg ハイレゾマーク入りのアナログターンテーブル「PS-HX500」。フォノイコライザーは内蔵
ts_sonyces_record02.jpg

 内蔵のADC(アナログ/デジタルコンバーター)により、最大192kHz/24bitのPCM(WAV)および5.6MHz DSDで出力あるいは録音が行えるターンテーブル。PC/Mac用の専用ソフトウェア「Hi-Res Audio Recorder」が付属しており、ユーザーはトラックごとなど好みでファイルを分割して保存できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.