ニュース
» 2016年01月28日 16時20分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2016は「CPS/IoTエキシビション」に――コンセプト変更

10月に開催されるCEATEC JAPAN 2016は、「最先端IT ・エレクトロニクス総合展」から「CPS/IoT Exhibition」へ生まれ変わる。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会、一般社団法人電子情報技術産業協会、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の3団体で構成するCEATEC JAPAN実施協議会は1月27日、「CEATEC JAPAN 2016」(10月4日開催、幕張メッセ)の概要を発表、従来の「最先端IT ・エレクトロニクス総合展」から「CPS/IoT Exhibition」(サイバー・フィジカル・システム/インターネット・オブ・シングズ エキシビション)へ生まれ変わることを明らかにした。コンセプトは「CPS/IoTでつながりが深まる社会、新たにもたらされる未来を共に創り出す場」となる。

hm_ce01.jpg 「CEATEC JAPAN 2016」
hm_ce02.jpg コンセプトは「CPS/IoTでつながりが深まる社会、新たにもたらされる未来を共に創り出す場」

 今回のコンセプト変更について同実施協議会は、「従来の部品と完成品ソリューション提供企業に加え、モビリティ、エネルギー、ヘルスケアなどの他産業とユーザー側のサービス企業が新たに出展することで、幅広いプレイヤーがそろい、世界でも類を見ない、部品・製品・サービスが一堂に集う展示会として、新たにスタートする」とコメントしている。

 今年度の開催テーマは「つながる社会、共創する未来」。具体的には、展示会場内のエリア分けを大幅に刷新、CPS/IoTが活用される場面である「街」「家」「社会」と分類したエリアとCPS/IoTを支えるテクノロジー・ソフトウェアの4つのエリアで構成するという。詳細は7月頃に発表する予定だ。

 なお、出展募集は2月22日から開始。5月31日に締め切りとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.