ニュース
» 2016年03月30日 17時58分 UPDATE

柴犬「まる」もおすすめ:犬まっしぐら!――おやつが飛び出すドッグカメラ「ファーボ」日本上陸

会社や学校にいても、家で留守番している犬と遊べる。愛犬家にとっては夢のようなアイテムが台湾からやってきた。

[ITmedia]

 会社や学校にいても、家で留守番している犬と遊べる。愛犬家にとっては夢のようなアイテムが台湾からやってきた。

 台湾Tomofunは3月30日、IoTとカメラを駆使した“スマートドッグカメラ”「Furbo」(ファーボ)を発表した。8月頃から3万8800円(税込)で販売する予定だ。ただし、4月1日から20日まではクラウドファンディングサイト「+Style」を通じて期間限定価格の1万9440円で販売する。

 Furboは、少しくびれた円筒形のボディーに広角カメラとマイク、スピーカーなどを搭載した双方向コミュニケーション端末だ。内蔵カメラの画角は120度で、室内が暗くても見やすい暗視機能を搭載。犬が吠えるとスマートフォンに通知してくれる「ワンワンお知らせ通知」機能や、Furboのスピーカーを使ってスマホから自宅の犬に声をかける機能もある。専用アプリはiOS/Android、およびApple Watchに対応する。

ts_furbo03.jpg 「ワンワンお知らせ通知」のイメージ
ts_furbo02.jpg スピーカーを使って声をかけることもできる

 さらにユニークなのは本体中央にある穴だ。専用アプリからの操作で、犬用のおやつを“ポーン”と射出することができる。同社によると、犬用のおやつにはさまざまなタイプがあるが、射出に適しているのは球形のドライタイプ。また、(犬にとって)おいしくて良く飛ぶおやつの開発も進めているという。

ts_furbo01.jpg イメージ画像。実際もこんな感じ

 Tomofunでは、Furboの日本発売にあたり、Instagramで240万のフォロワーを誇る“世界一有名な柴犬”こと「まる」とコラボ。飼い主である小野慎二郎氏と「まる」をマーケティングパートナーに迎えた。今後は小野氏が運営するギャラリー「GALLERY MARUSAN」(東京都文京区根津2-12-3)でFurboを展示するほか、さまざまな取り組みを実施していく方針。また3月31日から東京ビッグサイトで開催される日本最大級のペット関連イベント「Interpet」でもFurboの先行展示を行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう