ニュース
» 2016年07月13日 22時59分 UPDATE

ポタフェスでお披露目:5万円を切る、だと? デュアルDAC&フルバランス設計のハイレゾプレーヤー「Luxury & precision L3」登場

Luxury & precisionブランドからハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「L3」が登場。デュアルDAC&フルバランス設計ながら販売価格は4万9800円(税込)という高コストパフォーマンスモデルだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 サイラスとe☆イヤホンは7月13日、ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「Luxury & precision L3」を発表した。デュアルDAC&フルバランス設計ながら販売価格は4万9800円(税込)という高コストパフォーマンスモデルだ。「ポタフェス2016東京」開幕日の7月16日から「e☆イヤホン」で販売する。

「Luxury & precision L3」
amazon

 Luxury & precisionは、数年前にハイエンドDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の一角として注目を集めた「Colorfly C4」の開発メンバーが独立、設立した中国のオーディオブランド。精密機器レベルの性能と忠実な音、美しい質感を追求していることから、Luxury(豪華)とPrecision(精密)というキーワードをそのままブランド名にしたという。

 回路設計は、ヘッドフォン/イヤフォンのバランス駆動を前提としたもの。DACにはCirrus Logicの「CS4398」を2基搭載し、DACチップからアンプ出力までL/Rを完全分離したフルバランス設計とした。また高精度のTXCO(温度補償水晶発振器)を搭載している。PCMは192kHz/24bit、DSDは5.6MHzまでのネイティブ再生に対応している。

DACチップからアンプ出力までL/Rを完全分離したフルバランス設計

 プラットフォームは、AlteraのリアルタイムOS、MicroC/OSをベースに独自開発した。DSDのネイティブ再生時でもCPUの動作周波数はわずか100MHzと低MEIと低消費電力化も実現したという。

2.5mmの4極バランス端子と3.5mmステレオミニ(シングルエンド)、アナログラインアウトと同軸デジタル(端子共用)、USB入力を装備。PCやスマートフォンと接続してUSB-DACとして使える

 本体下部には、2.5mmの4極バランス端子と3.5mmステレオミニ(シングルエンド)を装備。内蔵バッテリーでアンバランス出力なら最大約10時間、バランス出力では約8時間の連続駆動が可能だ(いずれも48kHz/16bit FLAC再生時)。さらにPCやスマートフォンと接続してUSB-DACとして使えるモードも備えている。

 本体上部には2つのカスタムキーを備え、EQ(イコライザー)やデジタルフィルター切替、再生モード(リピート、シャッフルなど)などの機能からユーザーの好みで設定できる。3.5型の液晶パネルはIPS方式(480×320ピクセル)でタッチパネルを装備。16GBのフラッシュメモリーを内蔵するほか、microSDカードスロット(SDXC対応、最大128GB)を用意している。

左から2つがカスタムキー。EQ(イコライザー)やデジタルフィルター切替、再生モードといった機能を設定できる

 本体サイズは60(幅)×114(高さ)×15.2(奥行き)mm。重量は165g。専用ケース、USBケーブルなどが付属する。

付属の専用ケース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう