ニュース
» 2016年07月28日 15時56分 UPDATE

多彩な音楽を楽しめる一体型、「MusicCast」にも対応したヤマハ、「CRX-N470」

ヤマハはネットワークCDレシーバーの新製品「CRX-N470」を発表した。多彩な音楽ソースを再生できるアンプ一体型オーディオシステムだ。

[ITmedia]

 ヤマハは7月28日、ネットワークCDレシーバーの新製品「CRX-N470」を発表した。多彩な音楽ソースを再生できる一体型コンポ。シルバーとブラックの2色を9月上旬に発売する。価格は5万8000円。

「CRX-N470」のブラック。ヘアライン仕上げのアルミフロントパネルを装備
amazon

 音楽CD、ワイドFM対応のFMラジオ、USBマスストレージ対応の音楽再生機能などとアンプを一体化したコンパクトなオーディオコンポ。BluetoothやWi-Fiも内蔵しており、DLNA ver.1.5準拠のネットワークオーディオ機能でPCやNASに保存している音楽データを再生できるほか、にインターネットラジオ、AirPlay、ヤマハ独自の「MusicCast 」などもサポートした。ハイレゾ音源再生は192kHz/24bitまでサポート。BluetoothのコーデックはAACにも対応している。

背面端子
シルバーモデルとヤマハ製スピーカー「NS-BP182」を組み合わせた例

 デジタルアンプの定格出力は18W+18W。重低音再生が可能なサブウーファーを追加できる「サブウーファーアウト」なども備えた。本体サイズは270(幅)×110(高さ)×330(奥行き)mm。重量は3kg。リモコン、FMアンテナなどが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう