ニュース
» 2016年09月07日 12時50分 UPDATE

コインランドリーをもっと便利に――AQUAと日本マイクロソフト、次世代「クラウドITランドリー」を共同開発

AQUA(アクア)と日本マイクロソフトは9月7日、日本国内で家電や業務用機器とクラウドを組み合わせた“家電IoTサービス”の開発で協業すると発表した。

[ITmedia]

 ハイアールアジアグループのAQUA(アクア)と日本マイクロソフトは9月7日、日本国内で家電や業務用機器とクラウドを組み合わせた“家電IoTサービス”の開発で協業すると発表した。第1弾として、業務用コインランドリー機器のIoT化を促進する。

アクアのコイン式洗濯乾燥機(写真は現行モデル)

 アクアの「ITランドリー」は、全国1252店舗のコインランドリーで1万6000台以上が稼働中。会員になるとコインランドリーの空き情報をスマートフフォンなどで閲覧できたり、洗濯中に離席しても終了時にメールが届いたりと利便性の高いサービスを提供している。

アクアの「ITランドリー」では、機器の稼働状況をスマホやPCで確認できる

 今回の協業により、両社は次世代の「AQUA クラウドITランドリー」(仮称)の開発を進める。プラットフォームにはマイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」を使用。コインランドリーの稼働状況などをビッグデータとして蓄積し、UIやサービスの開発に活用する。具体的には、現在のITランドリーが持つ機能に加え、地図サービス、SNS、電子マネー、外部ポイントサービスとの連携といったサービスを追加する計画。2017年から順次テストマーケティングを開始するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう