ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ハイアール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Haier

CES 2020:
控えめな出展だったHuawei、米国を果敢に攻めるTCLとOnePlus CES 2020で感じた中国メーカーの温度差
CES 2020でのHuaweiとZTEは、2019年同様に控えめの展示だった。Huaweiは最新フラグシップの「HUAWEI Mate 30 Pro」や折りたためる「HUAWEI Mate X」を展示していたが、いずれも米国では購入できない。一方、TCLは米国で安価なスマホを展開する。OnePlusは5Gスマホを既に米国で投入している。(2020/1/20)

スマートファクトリー:
世界で最も先進的な工場として日本から初認定、日立大みか事業所など3工場
世界経済フォーラムは、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス(灯台=指針)」として新たに18工場を認定。今回は、日本関連で初めて、日立製作所の大みか事業所、GEヘルスケア・ジャパンの日野工場、三井海洋開発の海洋施設(ブラジル・リオデジャネイロ)の3工場が認定された。(2020/1/14)

現地レポート:
2019年の深センから見た、ハードウェアスタートアップシーンの今
世界中から多くのスタートアップ企業が集まる中国・深セン。「アジアのシリコンバレー」とも称されるこの地に拠点を置くスタートアップと、彼らを支援するベンチャーキャピタル(VC)、そして消費者視点で見た深センの街並みを取材した。(2019/12/27)

体当たりッ!スマート家電事始め:
欧州との差は開くばかり IFAで聞いたコネクテッド家電の現在
今年はIFAの会場でちょっとした異変があった。昨年まで大々的にアピールしていた「コネクテッド家電」という言葉があまり聞かれなくなったのだ。なぜか。(2019/9/24)

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【後編】:
「ファーウェイ排除」が意味するもの――Googleが中国のモノづくりをS級に変えた
米国による「ファーウェイ排除」の背景――。Googleが、品質の悪かった中国のモノづくりをS級に変えた変遷をひも解く。(2019/5/22)

製造業IoT:
消耗品を自動発注するIoT重量計が「Amazon Dash Replenishment」に対応
スマートショッピングは、同社が開発したIoT(モノのインターネット)デバイス「スマートマット」が、Amazon.co.jpが提供を始めた自動で消耗品を再注文するサービス「Amazon Dash Replenishment(Amazon DRS)」に対応したと発表した。(2018/12/5)

食材の鮮度が分かる冷蔵庫、帰宅すると照明やエアコンが一斉に——生活を変えるスマート家電
スマート家電は欧州の人々のマインドあるいは生活にも着実に浸透しているようだ。未来のコンセプトではなく、いつでも使える選択肢になった。「IFA 2018」で見つけた一歩先をいくスマート家電を紹介しよう。(2018/9/24)

ソフトバンクロボティクス、中国大手家電メーカーと「Pepper」開発へ
ソフトバンクロボティクスグループは家電メーカー「青島ハイアール」と戦略的パートナーシップを締結し、共同でPepper開発を行う。(2018/3/6)

次世代モビリティの行方(1):
自動車が目新しくない「CES 2018」は「ビジョン」から「ビジネス」の段階へ
これまでスタンドアロンな存在だった自動車は、自動運転技術の導入や通信技術でつながることによって新たな「次世代モビリティ」となりつつある。本連載では、「CES」や「Mobile World Congress」などの海外イベントを通して、次世代モビリティの行方を探っていく。第1回は「CES 2018」の自動車関連の動向をレポートする。(2018/2/22)

山谷剛史のミライチャイナ:
2018年の中国IT、家電メーカーが攻める
スマートシティーやモバイル決済、シェアサービスなどで一歩先を行く中国。今年は家電メーカーがITをけん引するようだ。現地に詳しい山谷氏のリポート。(2018/1/24)

ハイアールがスリムデザインの冷凍庫を発売 タッチ式操作パネルで庫内温度を調整
ハイアールジャパンセールスが、タッチ式操作パネルで温度設定などを行える前開き冷凍庫3種を1月19日から販売する。冷凍食品や作り置きの食材を入れる冷凍スペースを追加できる。(2018/1/19)

「狭いキッチンでも料理を楽しみたい」 機能充実のコンパクトな3ドア冷蔵庫 AQUAから登場
AQUAブランドから、コンパクトな3ドア冷凍冷蔵庫「AQR-SV24G」が登場。冷蔵室、冷凍室、野菜室が独立しており、「旬鮮チルド」も搭載。1月17日から販売開始。(2018/1/12)

スマートフォンで車のガソリン残量が分かる:
「Googleアシスタント」が幅広いデバイスで利用可能に――2018年、利用シーンをさらに拡大
「Googleアシスタント」は2018年に、ホームデバイス、スマートフォンおよびヘッドフォン、車載システムなどのさらに幅広いデバイスで利用できるようになる。(2018/1/10)

製造マネジメントニュース:
JDIがカンパニー制でスピード経営目指す、CMOに元アクア社長の伊藤嘉明氏が就任
ジャパンディスプレイ(JDI)が構造改革の進展状況や、2017年10月1日からの新たな組織体制について説明。0.5〜0.6mmの狭額縁を特徴とする液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」がシャオミのスマートフォン「Mi MIX2」に採用されたことも明らかにした。(2017/9/27)

中国版インダストリー4.0を推進:
製造業の発展を目指す中国、産業用IoTに焦点
「中国版インダストリー4.0」ともいわれる「中国製造2025」を推し進める中国。その戦略の中で鍵となるのが産業用IoT(モノのインターネット)だ。(2017/3/21)

アクア、リチウムイオン電池採用で50分間使えるスティッククリーナー
アクアは、コードレススティッククリーナー「AXEL CLEAN」シリーズの新製品として、同社初のリチウムイオン充電池搭載モデル「AQC-LX1E」を発売する。合わせてモーターもパワーアップ。(2017/2/3)

冷蔵庫は小さめでいいけどデザインにはこだわりたい! という人に「クール ステンレス」
ハイアール アジアグループのAQUA(アクア)は11月22日、「COOL Stainless」(クール ステンレス)シリーズの新製品として、2ドア冷蔵庫「AQR-U18F」および「AQR-U16F」を発表した。インテリアやデザインにこだわるシングル向けのラインアップだ。(2016/11/23)

組み込み開発ニュース:
合併により両組織の長所を結合し、IoT促進へ
AllSeen AllianceとOCFは、両組織のボードメンバーがOCFの名称および規約による合併に合意したと発表した。両者の強みを生かして1つの組織を作り、IoTのマーケットポテンシャルを最大化する幅広い相互運用性の確立を目指す。(2016/10/24)

製造業がサービス業となる日:
進む製造業のサービス化、アクアとマイクロソフトが家電IoTで協業
アクアと日本マイクロソフトは、家電IoT分野で協業することを発表した。第1弾としてコインランドリー向けのIoTサービスを2017年度から開始する。(2016/9/8)

コインランドリー利用状況をビッグデータ分析、新サービス開発へ MSとアクアが協業
アクアと日本マイクロソフトが協業。業務用コインランドリーの利用状況を分析し、新サービス開発に乗り出す。(2016/9/7)

コインランドリーをもっと便利に――AQUAと日本マイクロソフト、次世代「クラウドITランドリー」を共同開発
AQUA(アクア)と日本マイクロソフトは9月7日、日本国内で家電や業務用機器とクラウドを組み合わせた“家電IoTサービス”の開発で協業すると発表した。(2016/9/7)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

ガジェットもいっぱい:
ついに映画公開! 2015年「スター・ウォーズ」グッズ総まとめ
「スター・ウォーズ」新作映画公開に合わせて今年のコラボグッズを振り返ってみよう。(2015/12/18)

東芝、「白物家電をシャープと統合」報道にコメント
東芝が白物家電事業をめぐる報道にコメント。(2015/12/7)

帝国の逆襲――ジェダイを一掃したくなるコードレススティッククリーナー
前回の「R2-D2型移動式冷蔵庫」に続き、今度は「スター・ウォーズ コードレススティッククリーナー」を使ってみました。「ダースベイダー」と「ストームトルーパー」という帝国軍寄りのラインアップです。(2015/12/4)

「R2-D2型移動式冷蔵庫」を動かしたら暗黒面に堕ちそうになった件
R2-D2を実物大でリアルに再現しただけでなく、自由に動かせて、保冷庫やプロジェクターまで使える。究極のファンアイテムといえそうな「R2-D2型移動式冷蔵庫」をじっくりと見てきました。(2015/11/27)

3Dプリンタニュース:
ハイアール子会社、3Dプリンタ活用で試作時間を69%短縮
ストラタシス・ジャパンは、ハイアール・グループの子会社であるQiandao Haier Moldsにおける導入事例を発表。「Fortus 900mc」の活用により、製品開発サイクルを大幅に改善できたという。(2015/11/13)

冷蔵庫と冷凍庫で方法が違う! 節電できる正しい食品の並べ方
(2015/11/4)

Already know you, that which you need.:
「スター・ウォーズ」デザインの家電がお買い得――「AQUA Star Warsキャンペーン」スタート
AQUAブランドの直販サイト「A by A.com」が「スター・ウォーズ」デザインの家電の割引クーポンキャンペーンを開始した。第1弾は12月18日の23時59分まで。(2015/10/30)

動画と写真でチェック:
プロジェクター搭載でより“らしく”なった「R2-D2型冷蔵庫」
ハイアール アジアが正式発表した「R2-D2型移動式冷蔵庫」。プロジェクターを搭載し、より本物らしくなった実物大「R2-D2」の魅力に迫ってみよう。(2015/10/29)

「R2-D2型冷蔵庫」だけじゃなかった――AQUA「STAR WARSシリーズ」一挙登場
ハイアール アジアはAQUAブランドの新製品「STAR WARSシリーズ」を発表した。実物大の「R2-D2型移動式冷蔵庫」をはじめ、キャラクターをモチーフにした「MASK保冷庫」やコードレススティッククリーナーなど盛りだくさん。(2015/10/29)

等身大「R2-D2」冷蔵庫に、缶1本を冷やすダース・ベイダーのマスクも──ハイアール「スター・ウォーズ」コラボで“日本家電の覚醒”
ハイアールアジアが、映画「スター・ウォーズ」とコラボした「R2-D2型移動式冷蔵庫」、ダース・ベイダーの頭部を模した「MASK 保冷庫」を10月29日から発売する。(2015/10/29)

ハイアールアジア、amadanaブランドを体験できる期間限定ショップを渋谷PARCOにオープン
ハイアール アジアは、渋谷PARCOにamadanaブランドを体験できる期間限定ショップ「amadana POP UP STORE」をオープンした。(2015/10/23)

安いワインがおいしく変身? ハイアールがポップなデザインのワインクーラーなどお披露目
ハイアールがワインクーラーなど新製品を発表。発表会ではイタリアンカジュアルライフのススメとして、ワインやイタリア料理が振る舞われた。(2015/10/22)

IoT標準化をめぐる動き、引き続き過熱か:
IoT標準化団体「AllSeen Alliance」、バッファローなど13社が新加盟
The Linux Foundationは2015年10月14日(米国時間)、同団体が設立したIoTの標準化団体「AllSeen Alliance」に、バッファローなど、新たに13社が加盟したと発表した。これにより、同団体のメンバーは185社を超えた。(2015/10/15)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
曲面テレビはもう終わり?――IFAで見つけた“近未来”
今年のIFAでAV評論家の麻倉怜士氏はどのようなトレンドを見つけたのか。前回は有機ELテレビを取り上げたが、今回は8KやHDR、曲面ディスプレイといったテーマごとに映像機器の動向を読み解いていこう。麻倉氏ならではの業界ウラ話も……。(2015/10/5)

全部見せます:
こんなにあったの?――「コトン」のカラバリが増殖した理由
欲しいアイテムを見つけたとき「どこで買うか?」は意外と重要。最近はネット限定モデルや特定の店舗だけで扱う製品も増えています。「COTON」(コトン)もそんな商品の1つ。(2015/9/18)

IFA 2015:
勢いを増す中国メーカー、欧州市場で既存メーカーはどのように生き残るか――テレビ関連展示で振り返る今年のIFA
今年のIFAでテレビを展示した日本メーカーはソニーとパナソニックのみ。一方で中国メーカーは出展社数やブース面積を拡大しており、最近では地元ドイツや欧州メーカーを次々と吸収して1社が複数ブランドでの展示を行うケースも珍しくない。今年の「IFA 2015」をテレビ関連の展示で振り返ってみる。(2015/9/14)

IFA 2015:
未来が現実に――IFAで見つけた“使える”スマート家電
肌にやさしいスマートシェーバー、会話がはずむ未来の食卓、有名人の化粧方法を教えてくれるパウダールーム、スマート炊飯器など。白物家電メーカーのブースでは、近未来の生活が垣間見える。(2015/9/7)

ハイアール アジア、amadanaブランドのトースターを渋谷ロフトで期間限定販売
ハイアールアジアの展開するamadanaブランドのトースターが渋谷ロフトの「スタイリッシュ家電」企画に登場する。店頭販売は初。(2015/9/2)

ハンディー洗濯機「コトン」のAmazon限定モデルが“ブラック”で登場――販売開始記念タイムセールも
ハイアールアジアがハンディー洗濯機「COTON」(コトン)のAmazon限定モデルを発売した。本体色は「リッチブラック」で、洗練された大人の印象となっている。(2015/8/28)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
本命は“置き薬”ビジネス? 液晶パネル搭載冷蔵庫「DIGI」の狙い
「R2-D2」型のロボット冷蔵庫など、最近なにかと話題になることの多いハイアール アジア。しかし、実のところビジネスの“本丸”はまったく別のところにあった。液晶パネル付き冷蔵庫「DIGI」の狙いに迫る。(2015/8/24)

IFA 2015:
ハイアール アジア、IFAで「コトン」や液晶ディスプレイ付き冷蔵庫「DIGI」を披露――日の丸“価電”が世界に
ハイアール アジアは、世界最大級のコンシューマー・エレクトロニクス展示会「IFA 2015」に出展し、日本で先に発表したハンディ洗濯機「COTON」や液晶パネルを搭載した冷蔵庫「DIGI」を紹介する。(2015/8/21)

ハイアール アジア、amadanaデザインのトースターをAmazonストアで販売開始
ハイアール アジアは、amadanaデザインのオーブントースター「ATT-T11」および「ATT-W21」の販売をAmazonストアで順次開始する。(2015/8/17)

ハイアール アジア、ラオス科学技術省と共同開発中の電動バイク「e-bike」試作機を完成
ハイアール アジアは、ラオス科学技術省(MOST)と共同開発している電動バイクのプロトタイプを発表した。今後はMOSTと共同でテストを行い、年内の発売を目指す。(2015/7/28)

洗濯槽を傾けて“いいところ取り”――カラフルな洗濯機「スラッシュ」の狙い
ハイアール アジアがAQUAブランドの洗濯機「スラッシュ」と「ツインウォッシュ」の説明会を開催。「スラッシュ」の傾斜したドラム、「ツインウォッシュ」に透明なフタを採用した狙いを紹介した。(2015/7/23)

GoogleのリビングIoT戦略:
「Project Brillo」に見るGoogleのIoT戦略
「Android@Home」の夢を再び。「Nest」を送り出したGoogleは家庭内にそのターゲットを定め、「Project Brillo」を投入する。Amazonの「Amazon Echo」やApple「Homekit」とリビングのIoTを巡る争いが過熱しつつある。(2015/7/22)

ポータブル洗濯機です:
「コトン」で一点のシミもない“美白”なワタシを手に入れよう
パスタを食べていてソースを飛ばしてしまった……そんなときに限って白い服を着ていたりする。日常に潜む“シミ”の恐怖に立ち向かう秘密兵器が、AQUAブランドから登場した「COTON」(コトン)。今回はさまざまな汚れを用いてその実力を検証した。(2015/7/1)

家電を嗜好品にする――癒しの「スケルトン洗濯機」に自走する実物大「R2-D2型冷蔵庫」
ハイアール アジアの事業戦略発表会。中でも報道関係者の注目を集めていたのが、2016年の発売を目指す実物大の「R2-D2型冷蔵庫」、そしてスケスケの「スケルトン洗濯機」だった。(2015/6/2)

みなさん冗談と思っていますよね:
R2-D2を冷蔵庫にしちゃった……だって欲しかったんだもん
なぜ僕が冷蔵庫までものを取りにいかなかければいけないのか? という疑問から生まれた、世界初の呼んだら来てくれる冷蔵庫が登場する。(2015/6/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。