ニュース
» 2016年10月13日 16時08分 UPDATE

USB端子を搭載した2つのアナログターンテーブル、オーディオテクニカから

オーディオテクニカは、アナログターンテーブル「AT-LP5」および「AT-PL300USB II」を11月に発売する。2機種ともレコード音源をPCで録音するためのUSB端子を装備。

[ITmedia]

 オーディオテクニカは10月13日、2機種のアナログターンテーブルを発表した。ダイレクトドライブ方式を採用した上位モデル「AT-LP5」(実売5万円前後)とスタンダードモデル「AT-PL300USB II」(実売2万円前後)の2機種をラインアップ。発売は11月18日を予定している。

 このうち上位機のAT-LP5は、独自デザインのJ字型トーンアームや制振設計を施した5mm厚ラバーマットなどが特徴。専用設計のVM型カートリッジ「AT95EX」およびヘッドシェル「AT-HS10」を搭載している。

「AT-LP5」(実売5万円前後)
「AT-PL300USB II」(実売2万円前後)

 また2機種ともレコード音源をPCで録音するためのUSB端子を装備。付属のPC用ソフト「MusiCut Plus」(ダウンロード提供)を使えば、録音したレコード音源を自動分割し、曲情報も自動的に認識するという。録音データはWMA形式(44.1kHz/16bit)となる。

レコード音源をPCで録音するためのUSB端子を装備

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう