ニュース
» 2017年03月17日 14時44分 UPDATE

パナソニック、プラズマディスプレイ関連資産の処分を終了

[ITmedia]

 パナソニックは3月17日、兵庫県尼崎市のプラズマディスプレイパネル(PDP)第3工場、第4工場建物の譲渡に関連して、3月15日に引き渡しが完了したと発表した。譲渡先は、物流不動産に特化した開発会社のESRが組成する特定目的会社。

2004年、新工場(尼崎第3工場)建設発表会で披露された外観予想図

 パナソニックは主に大型テレビにPDPを採用しており、尼崎第3工場は2005年9月、第4工場は2007年6月に量産を開始した。その後、液晶テレビの急速な大型化や2008年のリーマン・ショックを契機とする世界的な価格競争の中で苦戦。2013年10月末にPDP生産からの撤退を正式発表した。

 2013年12月末にPDPの生産を終了し、翌2014年3月末には事業活動を停止。その後は関連資産の処分を進め、今回の第3、第4工場の譲渡をもってPDP関連資産の処分がすべて終了することになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.