ニュース
» 2017年04月19日 19時10分 UPDATE

あの“チェキ”がハイブリッド型に進化――プリント前に加工できるぞ

[芹澤隆徳,ITmedia]

 チェキ(instaxシリーズ)といえば、撮影してその場でプリントが楽しめるインスタントカメラ。その新製品としてチェキ史上初のハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」が登場した。

「instax SQUARE SQ10」

 “ハイブリッド”と呼ばれる理由は、デジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載しているから。「撮ったその場で写真が得られる」「シンプルな操作性」といったinstaxシリーズの特徴はそのままに、「暗い場所や近距離といった難しい環境下でも上手に写真が撮りたい」「色味や表現にもう少しこだわりたい」といったユーザーニーズに応えるため、デジタル技術を活用する。

 例えば自動露出調整や人物検出、オートフォーカスといった機能を搭載。室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影などに対応する。さらに二重露光や夜景撮影に便利なバルブ撮影も可能になるなど、手軽さとともに写真表現の幅を広げた。

 撮影後に写真を加工することも可能だ。色味や彩度の異なる10種類のフィルター、画像の周辺部分の光量を19段階に調整できるビネット、そして19段階の明るさ調整という3つの主な機能を組み合わせ、背面の3インチカラーモニターで画像の編集と加工が可能。例えば彩度を上げて全体の色味を強調したり、彩度を落として黄色みを強調しレトロな写真の雰囲気を演出することもできる。

フィルター機能や明るさ調整など

 納得できる画像に仕上げたらプリントボタンを押すだけで加工済みの写真が出てくる。フィルムには、スクエアフォーマット(縦/横が1:1)の「instax SQUARE Film」を採用した。フィルムはの価格は、10枚パックで1350円(税込)。またバッテリーはデジカメ用として市販されている「NP-50」で、約160枚のプリントが可能だ。

 一方、撮影・加工した画像は1980×1980ピクセルのデジタルデータ(Exif Ver.2.3)として内蔵メモリーもしくはmicroSD/microSDHCメモリーカードに保存される。PCで再加工したり、逆にほかのデジカメやスマホで撮影した画像をSQ10に取り込み、加工やプリントをすることも可能だという。ただし、SQ10の画面上ではトリミングができないため、事前に加工しておくことをおすすめする。

 サイズは119(幅)×47(奥行き)×127(高さ)mm、重量はバッテリーやフィルムパックを含めて450g。

 instax SQUARE SQ10は、5月19日に発売予定。価格はオープンプライスで、店頭では3万1800円(税込)になる見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう