ニュース
» 2017年04月21日 12時57分 UPDATE

ソニーが「α9」を国内発表――5月下旬発売で実売50万円前後

[ITmedia]

 ソニーは4月21日、プロフェッショナル向けのEマウントフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」を国内でも発表した。発売は5月26日の予定で、実売想定価格はボディのみで50万円前後(オープン価格)。予約販売は4月27日(木)の10時に開始する。

「α9」

 新開発の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」を搭載。積層化による回路部の拡張とメモリーの内蔵により、センサー内の読み出し速度を「α7 II」のセンサーに比べて20倍以上に高速化した。画像処理エンジン「BIONZ X」および無音&無振動で最高1/32000秒の電子式アンチディストーションシャッターを組み合わせ、これまでにない高速性能を発揮。「新次元の高速性能ともいえるAF/AE追従の最高20コマ/秒ブラックアウトフリー連続撮影機能と693点の全面位相差センサーに加えて、無音・無振動のサイレント撮影機能を小型・軽量ボディに収めた」(同社)という。

「α9」で撮影した画像

 ソニーでは、「フルサイズ対応でありながら、今まで捉えきれなかった瞬間を高速連写で捉え、かつサイレント撮影により場所やシーンを選ばずに撮影できる。プロフェッショナルの撮影領域と表現の可能性を大幅に拡大する一眼カメラ」としている。

 なお、合わせて各種アクセサリー類も発表した。ラインアップは、縦位置グリップ「VG-C3EM」(3万5000円)、リチャージャブルバッテリーパック「NP-FZ100」(9000円)、リチャージャブルバッテリーチャージャー「BC-QZ1」(9800円)、外付けマルチバッテリーアダプターキット「NPA-MQZ1K」(4万2000円)、アイピースカップ「FDA-EP18」(1300円)、グリップエクステンション「GP-X1EM」(1万2800円)など。

縦位置グリップ「VG-C3EM」(3万5000円)
リチャージャブルバッテリーパック「NP-FZ100」(9000円)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう