ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BIONZ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BIONZ」に関する情報が集まったページです。

ソニー、フルサイズミラーレス「α7S III」 5年ぶりの超高感度モデル、4K120fps動画に対応 背面はバリアングル液晶に
ソニーは7月28日、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S III」(ILCE-7SM3)を発表した。価格は4200ユーロ(約52万円)で、欧州では9月に発売する。日本での発売時期や価格は未定。(2020/7/29)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月16日〜3月22日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」4週ぶりトップに
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。2位はオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」とキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」の2機種となった。(2020/4/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月10日〜2月16日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3週ぶりトップ
2連勝していたオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が2位に後退、入れ替わってキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」がトップに。(2020/3/1)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月3日〜2月9日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6100 ダブルズームレンズキット」が初登場
オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が2連勝、2019年10月発売のソニー「α6100 ダブルズームレンズキット」が初ランクイン。(2020/2/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月20日〜1月26日):
デジタル一眼ランキング、またもソニー「α7 III ボディ」「α7 III ズームレンズキット」がそろってトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」4連勝。2位オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」。(2020/2/17)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月6日〜1月12日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームキット」が6カ月ぶりの2位
キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が2連勝。ソニー「α6400 ダブルズームキット」の2位以内は2019年7月以来。(2020/2/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月11日〜11月17日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」「α7 III ズームレンズキット」が2度目の同時トップ10入り
トップはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」で3連勝。2位は前回に続いてキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。(2020/1/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(10月14日〜10月20日):
デジタル一眼ランキング、2カ月ぶりにソニー「α7 III」がランクイン
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」12連勝。ソニー「α7 III ズームレンズキット」が急上昇して8位に入った。(2019/12/5)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月23日〜9月29日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が9週ぶりトップ10入り
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が9連勝。ソニー「α6000 ダブルズームキット」が9週ぶり10位にランクイン。(2019/11/20)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月2日〜9月8日):
デジタル一眼ランキングにソニーのフラグシップ機「α7R IV」が登場
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で6連勝。9月6日に発売されたソニー「α7R IV」が8位にランクイン。(2019/10/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月12日〜8月18日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」と「α7 III ズームレンズキット」が同時トップ10入り
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が3連勝、2位にキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が帰ってきた。(2019/10/9)

デジタルカメラ総合販売ランキング(8月5日〜8月11日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」が6週ぶりトップ10入り
トップは「EOS Kiss M ダブルズームキット」で2連勝、2位はニコン「D5600 ダブルズームキット」。(2019/9/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月22日〜7月28日):
デジタル一眼ランキング、初めてトップ10中8つがミラーレス一眼に
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」の連勝がストップ。ソニー「α6400 ダブルズームキット」が初の1位。(2019/9/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月15日〜7月21日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が25連勝。2位はソニー「α6400 ダブルズームキット」。(2019/8/29)

ソニー、1型コンデジ「RX100 VII」発表 ミラーレス一眼「α9」の機能を凝縮
ソニーが「RX100 VII」を発表した。動体撮影に強い同社のミラーレス一眼カメラ「α9」の機能を詰め込んだという。(2019/7/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月24日〜6月30日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ズームレンズキット」に替わって「α7 III ボディ」がトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は22連勝。前回のソニー「α7 III ズームレンズキット」に替わって今度は「α7 III ボディ」がトップ10入り。(2019/7/27)

「Xperia 1」レビュー “ソニーならでは”の特徴を隅々までチェックする
「Xperia 1」は、デザインや仕様を刷新させた、プレミアム感の強いモデルに仕上がっている。基本的な特徴をおさらいしつつ、21:9のディスプレイ、カメラ、パフォーマンスなどの気になるポイントをチェックする。今回のXperia 1は買いなのか?(2019/7/18)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月17日〜6月23日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ズームレンズキット」が4月末以来のトップ10入り
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は21連勝。9位にソニー「α7 III ズームレンズキット」が1カ月半ぶりにランクイン。(2019/7/16)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月29日〜5月5日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α7 III ボディ」が約半年ぶりにランクイン
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は14連勝。ソニー「α7 III ボディ」が8位にランクイン。(2019/5/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月15日〜4月21日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームレンズキット」再びトップ3に
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は12連勝。前回初ランクインのソニー「α7 III ズームレンズキット」は10位キープ。(2019/5/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月8日〜4月14日):
デジタル一眼ランキングにソニー「α7 III ズームレンズキット」が初登場
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」11連勝。ソニー「α7 III ズームレンズキット」が10位に初ランクイン。(2019/5/17)

大きく路線変更した「Xperia 1」のカメラ その中身を解説
「Xperia 1」のカメラは、従来機から大きく路線変更したことがよく分かった。トリプルカメラや暗所撮影機能の向上は、真新しいものではない。しかし、動画撮影については、クリエイターを意識した機能を盛り込んできた。(2019/4/19)

日本で初披露 「Xperia 1」の実機に触れて「欲しい」と思った理由
ソニーモバイルが、日本で初めて「Xperia 1」を披露した。21:9という縦長の4K 有機ELをディスプレイ搭載したフラグシップ機。タッチ&トライコーナーでグローバル版の実機を触り、久しぶりに「欲しいXperiaだ」と感じた。(2019/4/17)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月25日〜3月3日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6400 ダブルズームキット」が発売2週目で2位
2月22日発売のソニー「α6400 ダブルズームキット」が2位、5連勝のキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」に肉薄。(2019/3/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月18日〜2月24日):
ソニー「α6400 ダブルズームキット」が早くも4位に急上昇 デジタル一眼ランキング
1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で4連勝、前回9位で初登場のソニー「α6400 ダブルズームキット」は4位に急上昇した。(2019/3/14)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月11日〜2月17日):
デジタル一眼ランキングにソニー「α6400 ダブルズームキット」が初登場
ソニー「α6400」がフライングで初登場。1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で3連勝、2位も3週続いてオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」。(2019/3/12)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月4日〜2月10日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6300 パワーズームキット」が4週ぶりトップ10入り
1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で2連勝、2位はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」。(2019/3/8)

MWC19 Barcelona:
「Xperia 1」は何が変わったのか? XZ3/XZ2 Premium/XZ2と比較する
ソニーモバイルの「Xperia 1」が発表された。従来の「XZ」からシリーズ名を一新し、ディスプレイやカメラを強化。2018年のフラグシップ機「Xperia XZ3」「Xperia XZ2 Premium」「Xperia XZ2」とスペックを比較した。(2019/2/27)

MWC19 Barcelona:
「Xperia 1」実機レポート 21:9のシネマ体験や復活のパープルに注目
ソニーモバイルが「Xperia 1」を発表。Xperia 1は、これまでのXZシリーズから製品名を一新し、ソニーの技術を結集した新しいフラグシップモデルに位置付けられる。MWC19会場に展示されたグローバルモデルの実機をもとに、主な特徴をレポートする。(2019/2/26)

MWC19 Barcelona:
ソニーモバイルが新フラグシップ「Xperia 1」発表 21:9の4K有機ELや3眼カメラを搭載
ソニーモバイルが、MWC19 Barcelonaの開催に合わせて、新フラグシップスマートフォン「Xperia 1」を発表。4K解像度の有機ELディスプレイや、広角+超広角+望遠レンズのトリプルカメラを搭載する。(2019/2/25)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月7日〜1月13日):
デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占
キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は24週連続トップ。前回に続いてキヤノン勢がトップ3を独占。(2019/2/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(12月3日〜12月9日):
ソニー「α7 III ボディ」がデジタル一眼ランキングに6位初登場
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が19週連続。6位にソニーのフルサイズミラーレス一眼「α III ボディ」が初ランクイン。(2019/1/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(11月19日〜11月25日):
デジタル一眼ランキングにソニー「α6300 パワーズームレンズキット」初登場
前回まで2週続いたキヤノンのトップ3独占はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」の急上昇で崩れた。ソニー「α6300 パワーズームレンズキット」が初めてトップ10に登場。(2018/12/12)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(28):
「XPERIA XZ2 Premium」にみる、スマートフォンの主戦場“カメラ周り”最新動向
2基のカメラを搭載する「デュアルカメラ・スマートフォン」が当たり前になりつつある。今回は、ソニーとして初めてデュアルカメラを搭載したスマートフォン「XPERIA XZ2 Premium」の内部を観察していく。(2018/9/27)

ソニー、フルサイズミラーレス「α7 III」 “ベーシックモデル”をうたうもフラグシップ同等の性能 23万円で3月発売
ソニーは、ミラーレス一眼カメラ「α7 III」を発表した。拡張ISO感度204800への対応や、693点の像面位相差AF、コンティニュアスAFモードでの瞳AF、メカシャッターで最大約10コマ/秒の連写などが特徴。3月23日にオープンプライスで販売を開始する。ボディーのみの市場想定価格は23万円前後(税別、以下同様)、「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」とのレンズキットは25万円前後。3月2日から予約を受け付ける。(2018/2/27)

高精度AFに毎秒10コマの高速連写 ソニーの新型ミラーレス一眼「α7 III」が“ベーシック”らしからぬ高性能
「ベーシック」ってなんだろう。(2018/2/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月29日〜2月4日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」2週連続トップ
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が2連勝。2位にはキヤノン「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」。(2018/2/19)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月22日〜1月28日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が1位に
3連覇のオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」を抑えて、ソニー「α6000 ダブルズームキット」がおよそ2カ月ぶりのトップ。(2018/2/6)

デジタルカメラ総合販売ランキング(1月8日〜1月14日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」連勝
オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が2週連続のトップ。2位はソニー「α6000 ダブルズームキット」。(2018/1/23)

ソニー、フルサイズ一眼「α7R III」発表 4240万画素・秒間10コマ連写可能に
ソニーは高画素モデル「α7R」シリーズの新モデルとして、秒間10コマ連写に対応した「α7R III」を発表した。(2017/10/26)

デジタルカメラ総合販売ランキング(9月18日〜9月24日):
デジタル一眼ランキング、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が初のトップ
ソニー「α6000 ダブルズームキット」が発売から3年以上たって初の首位。前回初登場のキヤノンのエントリーモデル「EOS Kiss X9 ダブルズームキット」は今回も10位キープ。(2017/10/4)

ソニー「RX10 IV」海外発表 像面位相差AF、秒間24コマ連写【国内価格追記】
ソニーは、グローバルサイトで1型センサー搭載のコンパクトデジカメ「RX10 IV」を発表した。(2017/9/13)

IFA 2017:
狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く
ソニーモバイルがIFA 2017に合わせてXperiaシリーズの3機種を発表した。中でも「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」は日本での発売が期待される。3機種投入の狙いを、ソニーモバイルの安達晃彦氏に聞いた。(2017/9/11)

デジタルカメラ総合販売ランキング(7月24日〜7月30日):
デジ一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i」6連勝、コンデジは「FINEPIX XP120」が初のトップ
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が6連勝。コンパクトデジカメランキングでは富士フイルム「FINEPIX XP120」が初めて1位に。(2017/8/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月26日〜7月2日):
ソニーとオリンパスの激しい3位争い続く、今回はソニー「α6000 ダブルズームキット」
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が2連勝。このところ毎週のように入れ替わる3位はソニー「α6000 ダブルズームキット」に。(2017/7/10)

ソニーモバイルに聞く「Xperia XZs」 全てが変わったカメラの秘密
「Xperia XZs」はカメラ回りがフルリニューアルといえるくらい進化している。では何がどう変わったのか? ソニーモバイルのカメラ担当者に聞いた。(2017/5/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(5月15日〜5月21日):
デジタル一眼ランキングはキヤノン「EOS Kiss X8i」が3連勝
キヤノン「EOS Kiss X8i」「EOS Kiss X7」が3週連続の1位2位。3位には久しぶりにソニー「α6000 ダブルズームキット」が入った。(2017/5/26)

ソニーが「α9」を国内発表――5月下旬発売で実売50万円前後
(2017/4/21)

ソニー、プロ向けフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」発表 世界初のフルサイズExmor RSイメージセンサー搭載
ソニーは、英国でプロフェッショナル向けのEマウントフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」を発表した。(2017/4/20)

Mobile Weekly Top10:
Androidスマホの「機能」について考えさせられる/Xperiaの「Motion Eye」カメラ
「格安スマホ」と呼ばれる事も多い、1〜2万円台のSIMロックフリースマートフォン。SNSやWeb閲覧では不満を抱くことはあまりありませんが、機能の省略によってアプリの一部機能を有効にできないことがあります。(2017/3/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。