ニュース
» 2017年05月25日 16時08分 UPDATE

東芝レグザがHLG方式のHDR入力をサポート――上位機は「DAZN」対応も

[ITmedia]

 東芝映像ソリューションは5月25日、同社の薄型テレビ“レグザ”のうち、4K対応の4シリーズがHLG(Hybrid Log-Gamma)方式のHDR信号入力に対応すると発表した。

有機ELテレビの「X910」シリーズ

 HDMI規格のHLG方式でのHDRフォーマット入力は、2016年12月にHDMIフォーラムで規格化されたばかり。Ultra HD Blu-rayのHDR 10フォーマットと合わせて対応したことで、外部機器と接続してさまざまなHDRコンテンツが楽しめることになる。

接続イメージ

 対象製品は、有機ELテレビの「X910」シリーズ、液晶フラグシップ「Z810X」シリーズのほか、「BZ710X」「M510X」を含む4シリーズ。このうちBZ710XシリーズとM510Xシリーズは対応済みで、X910シリーズとZ810Xシリーズに対して5月30日からソフトウェアバージョンアップを実施する。

 また同時にスポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」の視聴機能、および地上デジタル放送などでゆっくりとした動きのあるシーンもさらに高精細に再現する「地デジビューティ PRO」が追加される。さらにX910シリーズのみとなるが、「暗部の階調表現をさらに向上させ、映画や音楽コンサートなどの暗いシーンなどでさらなる高画質を実現するバージョンアップ」も含まれるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう