ニュース
» 2017年08月09日 20時56分 UPDATE

外出先からエアコンの稼働状況が分かるスマート学習リモコン「eRemote pro」

リンクジャパンが新しいリモート学習リモコン「eRemote pro」を発売する。外出先から自宅のエアコン稼働状況を把握し、操作できるのが特徴だ。

[ITmedia]

 スマートハウスデバイスの企画製造を手がけるリンクジャパンは、新しいリモート学習リモコン「eRemote pro」を発表した。外出先から自宅のエアコン稼働状況を把握し、操作できるのが特徴。年内に発売する予定で、販売価格は1万5000円前後になる見込みだ。

「eRemote pro」。天井近くにあるエアコン用コンセントに接続する

 Wi-Fiでホームネットワークに接続し、スマートフォンの専用アプリから操作。eRemote proが赤外線リモコン信号を発して家電を操作する仕組みだ。学習タイプのため操作する機器を選ばない。

対応無線LANは2.4GHz帯のIEEE 802.11b/g。赤外線の送信距離は約10m

 最大の特徴は、本体をエアコン用のコンセントに接続し、さらにエアコンのプラグを差し込むというユニークな設置方法にある。天井近くに設けられたエアコン用コンセントを利用することで赤外線信号が操作する機器に届きやすくなるうえ、エアコンに流れる電流を検知して稼働状況が取得できるという。「エアコンのオン/オフをスマホアプリ上で確認し、操作できる機能を備えた国内初のスマートリモコン」(同社)

電流でエアコンの動作状況を取得

 本体サイズは70(幅)×76(長さ)×80(高さ)mm。重量は140g。アプリはiOS 7.0以上、Android 4.0以上の端末で利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう