ニュース
» 2017年08月31日 13時15分 公開

ポケモンGO、レイドバトル参加人数の事前確認が可能に ラスト1球の不具合修正も

今回のアップデートはレイドバトルの改善が中心だ。また「Pokemon GO Plus」でジムからの道具入手が可能になる。

[ITmedia]

 米Nianticは8月30日(現地時間)、ゲームアプリ「Pokemon GO(ポケモンGO)」のアップデートを行ったと発表した。新バージョンはAndroid版が0.73.1、iOS版のApp Store上の表示が1.43.1。同社は全てのトレーナーに行き渡るには時間がかかるとしている。

Pokemon GO Update 1 「レイドバトル」のイメージ。今回のアップデートはレイドバトルの改善が目立つ

 アップデートの内容は以下の通り。

  • 「Pokemon GO Plus」がジムからの道具入手に対応。ジムに近づくと、ポケストップと同じように振動とランプで通知、本体のボタンを押すと道具が手に入る。初めて訪れたジムの場合は「ジムバッジ」も手に入る。
  • レイドバトルの参加前に、何人のトレーナーが入場して準備中かを確認可能に
  • レイドバトルのボスポケモンを捕まえるゲットチャレンジで、最後に投げた「プレミアボール」から、ボスポケモンが必ず逃げ出してしまう不具合を修正
  • 「しあわせタマゴ」を使用中にレイドバトルで勝利したとき、得られる「XP(経験値)」が通常の2倍であることを表示できていなかった不具合を修正
  • その他、不具合の修正
Pokemon GO Update 2 アップデートの内容(NianticのポケモンGO日本語ページより)

 今回のアップデートは、レイドバトルの改善が目立つ。

 これまでのレイドバトルは「レイドパス」を使って入場した後の準備画面で参加人数が初めて分かる仕様だった。そのため、1日に1枚しか入手できず、1枚しか持てない無料の「レイドパス」を使ったものの、レイドバトルの参加人数が少なく、制限時間内にボスを倒せずにパスを無駄にしてしまうケースもあった(複数枚所有して使える「プレミアムレイドパス」は1枚につき100コイン必要)。この変更により、レイドパスの無駄を減らせることが期待できる。

Pokemon GO Update 3 これまでは「レイドパス」を使うまで、レイドバトルの参加準備をしているトレーナーの数は分からなかった

 また、レイドバトルでは勝利後のゲットチャレンジにおいて、プレミアボールの残りが1球になると、ボールに入らず逃げられてしまうという既知の問題があり、一時的な対策として「レイドバトル参加賞」で得られるプレミアボールの数を1球増やして「6球」にしていた。今回の修正によって、最も気合を入れて投げるラスト1球でも捕獲できるようになる(それでも捕獲率は低いだろうが……)。

 細かいところでは、しあわせタマゴを使用中にレイドバトルで勝利したとき、XPが通常の2倍であることを表示できていなかった不具合も修正される。

Pokemon GO Update 4 ラスト1球で捕獲できない問題の一時的な対策として、レイドバトル参加賞のプレミアボールは6球に増えている。今回の修正後、参加賞でもらえるプレミアボールの数がどうなるかは不明だ

 この他、専用アクセサリーのPokemon GO Plusがジムからの道具入手に対応したことも、ユーザーにとっては見逃せない改善だ。

 2017年6月のレイドバトル開始に伴い、ジムからも道具が入手できるようになり、ポケストップの幾つかがジムに変更されたが、これまでPokemon GO Plusではジムからの道具入手ができなかったため、スマホアプリのポケモンGOを起動してジムにアクセスする必要があった。

 今回のアップデートにより、ポケストップと同じようにPokemon GO Plusでジムから道具入手(ジムバッジも)が可能になったため、操作の煩雑さが改善される。

Pokemon GO Update 5 「Pokemon GO Plus」がジムからの道具入手に対応

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう