ニュース
» 2018年01月16日 20時42分 公開

家にあった? 懐かしい「タマゴラス」がガシャポンで復活

バンダイは、1980年代にヒットした変形玩具「タマゴラス」シリーズをカプセル玩具として復活させる。現代の子ども達の嗜好に合わせ、等身バランスやディテールなどをスタイリッシュにアレンジ。

[ITmedia]

 バンダイは、1980年代にヒットした変形玩具「タマゴラス」シリーズをカプセル玩具として復活させる。「ティラノ」(恐竜)、「キリン」「ヒョウ」「パンダ」の4種を2月下旬に発売する予定だ。1回300円(税込)。

「ティラノ」の卵状態

 新シリーズでは、“卵型”を活かして「カプセルレス」商品として復活。卵のサイズは全高60mm程度で、変形すると95〜110mmのフィギュアになる。「現代の子ども達の嗜好に合わせ、等身バランスやディテールなどをスタイリッシュにアレンジした」(同社)

「ティラノ」と「ヒョウ」
「パンダ」と「キリン」

 タマゴラスは、1984年の発売から約2年で累計1000万個を販売した人気玩具シリーズ。全高50mm程度の卵が、動物や恐竜、ロボットなどさまざまなキャラクターに変形するギミックが人気を博し、子どものみならず幅広い年齢層のファンに支持された。

1984年に発売された「タマゴラス」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう