ニュース
» 2005年10月12日 16時52分 UPDATE

名刺入れと同サイズの折りたたみ──写真で見るパンテック&キュリテルの「A1405PT」

厚さ20ミリ、重さ約98グラム──。1Xの折りたたみ端末の中で最薄・最軽量の「A1405PT」が11月下旬にも登場する。どんな端末なのかを写真で見ていこう。

[後藤祥子,ITmedia]

 11月下旬にも登場予定の「A1405PT」は、韓国の携帯電話メーカー、パンテック&キュリテル製の1X端末。厚さ20ミリ、重さ約98グラムのボディは、折りたたみ端末の現行ラインアップの中で最薄・最軽量となる。このA1405PTを、写真で見ていこう。

sa_pt2.jpg
 名刺入れとほぼ同じサイズの折りたたみ端末(左)。女性の小さな手にもすっきり収まる(右)


sa_pt1.jpg
 コンパクトさがウリの「P901i」(ドコモ)、「703SH」(ボーダフォン)と並べてみる。ほかの機種に比べ、機能を大きく絞っていることからこの薄さが実現したという

名刺入れとほぼ同サイズのコンパクトな携帯

 実際に手にとってみると、改めてそのコンパクトさを実感できる。その薄さゆえに、少々端末を開きにくい感もあるが、端末の側面には指を引っかけられるくぼみがあるため、慣れればそれほど苦にはならないだろう。端末を開いて持ってみると、手に当たる部分は角が落とされて手になじむようデザインされているのが分かる。端末上部に重心が来ることもなく、ホールド感は良好だ。アンテナ内蔵型のボディは無駄な出っ張りがなく、胸ポケットにもすっきり収まる。

 背面は、半透過のクリアな素材の中にストライプがアクセントで入っているデザイン。サブディスプレイの文字は半透過の素材越しに、少しもやがかかったような形で表示される。

 通話、メール、着うたなど、基本機能を重視するユーザー向け端末ということで、かなり機能を絞っている。カメラはマクロモードなしの33万画素CMOSで、EZアプリにも未対応。ゲームはBREWではなく独自プラットフォームのものがプリセットされ、メーカーサイトから追加配信されるゲームも独自方式のものとなる。

sa_pt4.jpg
 アンテナ内蔵型のすっきりしたボディ


sa_pt10.jpg
 背面には2つのボタンを装備。上の大きなボタンは短押しすると時刻表示や端末のステータスが表示される。「機能設定」-「ユーザー補助」-「防犯ブザー設定」で防犯ブザーをオンにすると、大きなボタンの長押しでブザーが鳴る。下の小さなボタンを押すと、背面ディスプレイに着信したメールの内容を表示させられる。メールを表示させる場合は、受信ボックス内の「ストリームフォルダ」に振り分けられるよう設定する必要がある(左)。33万画素CMOSカメラとスピーカーは底面に装備。カメラはマクロ切り替えやQRコード読み取りには対応していない(中)。ヒンジ部は出っ張りがなくスマート(右)

個性的なテンキー

 A1405PTは、ほかの端末とは異なる点がいくつかある。1つはダイヤルキーの形。最近の携帯ではボタンのサイズを大きくするためにフレームレスキーを採用するものも増えているが、A1405PTが採用したのは細長いバー状のボタンだ。

 個々のボタンが出っ張っており、しっかりしたクリック感もあるため、押し間違いの心配はなさそうだが、大きなボタン型のキーからの移行は少々慣れが必要かもしれない。指の腹よりは、爪の先で押したほうが入力しやすい印象を受けた。ボタンを押したときの感覚は、どことなくドコモの超小型ストレート端末preminiのダイヤルキーに似ていた(2004年7月の記事参照)

sa_pt8.jpg
 ダイヤルキーはバータイプの細長いものを採用。発話キーと終話キーの上下には突起が付いている(左、中)。ダイヤルキーの右下部分にはPantechのロゴが(右)


sa_pt7.jpg
 暗いところではテンキーが白に、文字部分と十字キーの発着信履歴表示を示すアイコンがピンクに光る(左)。背面ディスプレイには半透過の樹脂越しに文字が見える(中、右)

 もう1つは、側面に操作キーを備えていない点。右側面に平型のイヤフォンマイク端子、右側面に充電端子を装備するが、メモボタンや上下キーなどは付いていない。

sa_pt13.jpg
 側面あるのはイヤフォンマイク端子と外部接続端子のみ。外部メモリには非対応


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.