ニュース
» 2006年04月13日 18時19分 UPDATE

定額プランで料金見直し(前編):パケット定額プランをチェックする──NTTドコモ、ボーダフォン編

新規契約やキャリア替えが増える春は、携帯料金を見直すいい時期でもある。本記事では、携帯・PHSキャリアが提供するパケット定額プランの概要と価格をまとめる。

[後藤祥子,ITmedia]

 春は、携帯電話の新規契約やキャリア替えが増えるシーズン。携帯の利用環境が変わる人も多く、料金プランを見直すにはいい時期だ。

 本企画では、4キャリアが提供するパケット定額プランの概要と価格をまとめる。前編ではNTTドコモとボーダフォンの定額プランをチェックする。

月額3780円の「タイプSS」でもパケ・ホーダイ──ドコモ

 3月1日、ドコモのパケット定額サービス「パケ・ホーダイ」(月額4095円)に、どの料金プランからでも加入できるようになった(1月31日の記事参照)。これまでパケ・ホーダイに加入できる最も安い料金プランは基本料金6930円のタイプMだったが、3月1日以降は基本料金3780円のタイプSSも加入対象となった。

 一番安い料金プランでパケ・ホーダイに加入した場合の金額を見ると、1万1025円だったところが7875円まで下がる。既にパケ・ホーダイに加入していて、音声通話をあまりしないユーザーなら、料金プランをタイプSSやタイプS(基本料金4830円)に変更することで、月々の負担を軽減することが可能だ。

 料金プランの変更は、iモードの「ドコモeサイト」(アクセスは「iメニュー」→「料金&お申込」→「ドコモeサイト」)から行える。なお、パケ・ホーダイは日割り計算ができないため、月の途中でプランを変更した場合でも4095円を負担することになる。

 またフルブラウザがプリセットされた端末の場合、そのフルブラウザの通信料にはパケ・ホーダイが適用されない点にも注意が必要だ。

 iモードメールについては、ファミリー割引に加入すると、加入した家族間のiモードメール通信料が無料になる。パケット通信料の定額や無料プランは3Gに適用される場合が多いが、ファミリー割引ではFOMA、ムーバのいずれにも適用される。

  • ドコモの定額プランと料金
サービスプラン名最低料金上限料金
メールパケ・ホーダイ4095円4095円
ファミリー割引(家族間のiモードメール通信料無料)0円0円
Webパケ・ホーダイ4095円4095円
フルブラウザ(端末プリセット)
フルブラウザ(サードパーティ製)パケ・ホーダイ4095円4095円
PC接続のインターネット
音声(プッシュトーク)カケ・ホーダイ1050円1050円

ボーダフォン──「メール定額」「デュアルパケット定額」「LOVE定額」

 ボーダフォンがパケット定額プランとして用意しているのは、「メール定額」(2005年4月の記事参照)「デュアルパケット定額」「LOVE定額」(2005年10月)の3種。

 Webもメールも定額で利用できるのは、月額1050円から4095円まで料金に幅を持たせた「デュアルパケット定額」だ。これは2万パケットまでは1050円、2万パケットから7万8000パケットまでは追加で1パケットあたり0.0525円が加算され、7万8000パケットを超えるとどれだけ使っても4095円が上限となるプラン。あまり使わなかった月は1050円ですみ、たくさん使っても4095円以上はかからないというものだ。

Photo デュアルパケット定額の料金構造

 デュアルパケット定額は、ボーダフォン3Gの全料金プランで加入が可能。一番安い月額3675円のライトコールパックとの組み合わせで料金を見ると、最大でも7770円でパケット定額サービスを利用できることになる。

 メール定額は、月額840円でボーダフォンの3G携帯による国内のSMS、MMS、VGSメールの送受信が使い放題になるプランで、その名の通りWebアクセスは定額にならない。ボーダフォン携帯だけでなく、他キャリア携帯やPC宛てにもメールし放題になるため、メールの利用が多いユーザーにはお勧めだ。

 このプランもボーダフォン3Gの全料金プランで加入できるが、デュアルパケット定額やパケットエコノミー、ハッピーパケットとの併用はできない。

 LOVE定額は、月額315円で1人のボーダフォンユーザーへの国内におけるメールと通話が定額になるプラン。ほかの定額サービスと異なり、V3〜V6系端末を使うPDCユーザーでも申し込めるのが特徴となる。メールはSMS、MMS、スカイメール、ロングメール(ボーダフォンの携帯電話番号で送受信した場合)の送受信料が定額の対象となるが、2.5Gのスーパーメールが対象外である点には注意が必要だ。

 そもそもボーダフォンは、電話番号を宛先としたボーダフォン3G同士のSMSとMMSの受信料が無料になる(2004年12月の記事参照)。ボーダフォンユーザー同士でメールのやりとりをする場合は、メールアドレスではなく携帯電話番号を利用するようにすれば料金を削減できる。

 なお、各種定額プランに申し込めるのは、2003年2月に導入された全国統一料金プランの加入ユーザーとなる。

  • ボーダフォンの定額プランと料金
サービスプラン名最低料金上限料金
メールメール定額840円840円
LOVE定額(ボーダフォンユーザーの相手先1件にメールし放題)315円315円
デュアルパケット定額1050円4095円
家族割引(家族間のメール送信と読出料が無料)0円0円
指定割引(指定先5件までのメール送信と読出料が無料)315円315円
Webデュアルパケット定額1050円4095円
フルブラウザ(サードパーティ製)デュアルパケット定額1050円4095円
フルブラウザ(702NK、702NKII)デュアルパケット定額(ISPがボーダフォンの場合)1050円4095円
PC接続のインターネット
音声LOVE定額(ボーダフォンユーザーの相手先1件に通話し放題)315円315円
家族通話定額(家族間の通話し放題)315円(1回線)315円(1回線)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.