ニュース
» 2006年05月18日 21時39分 UPDATE

写真で解説する「705T」

東芝製端末「705T」は、音楽プレーヤー機能が好評だった東芝製端末「803T」の後継モデルだ。基本機能はそのままに、薄型化を果たしている。

[園部修,ITmedia]

 端末を閉じた状態でオーディオプレーヤーの操作が一通りできる「Musicコンソール」が特徴の「705T」。人気を博した「803T」の普及版という位置づけで、機能面での進化ポイントはないが、ボディは小さく薄くなり、手のひらに収まりやすくなった。

 やはり大きな特徴はそのポップな色使いだ。アーバンブラックという落ち着いた色合いのモデルもラインアップしているが、ラッスルグリーンは蛍光緑のような明るい色で、サマンサタバサとのコラボレーションモデルとなるスプラッシュピンクもかなり派手なピンク色となっている。

PhotoPhoto 派手な外観の705T。左がサマンサタバサとのコラボレーションモデルのスプラッシュピンクで、中央がラッスルグリーン、右がアーバンブラック

 厚さが26ミリあり、比較的大柄な印象だった803Tと比べると、705Tは厚さが23ミリに抑えられていて好印象だ。右側面にはカメラ起動を兼ねたシャッターボタンとminiSDスロット、イヤフォン端子を備えており、左側面には上下のスクロールなどが行えるキーがある。

PhotoPhoto 右側面にカメラキーやminiSDスロット、イヤフォン端子を備える。左側面にはスクロール用のキーがある
PhotoPhotoPhoto ダイヤルキーは平型で大きく、803Tの雰囲気を継承している。写真は左からスプラッシュピンク、ラッスルグリーン、アーバンブラック

 「Musicコンソール」部は、ボタンの配置こそ803Tと同じながら、デザインは少々変わっており、1.3インチのモノクロディスプレイとの一体感が増している。基本的な機能は803Tのものを継承していて、メール操作やWeb閲覧、Vアプリなど一部機能を除くほとんどの操作が音楽を聞きながら利用できる。音楽再生機能は「着うたフル」の再生のほか、付属ソフト「Beat Engine」でminiSDカードに転送したMP3やAAC形式のファイルも再生可能だ。

PhotoPhoto Musicコンソールの機能は803Tから継承している。閉じたままで楽曲の再生/停止や曲送り、曲戻しなどができる。音楽再生時には、サブディスプレイにアーティスト名や曲名が表示される。ツインスピーカーは底面のカメラの左右に配置。カメラは131万画素のCMOSだ

 なお、スプラッシュピンクに限り、サマンサタバサがプロデュースした専用のメニューや壁紙、送受信アニメがプリインストールされており、他の色のモデルとは一味違った雰囲気が楽しめるのもポイントだ。

PhotoPhotoPhotoPhoto スプラッシュピンクに搭載されるサマンサタバサプロデュースの専用コンテンツ。左がメニュー画面で、壁紙もさまざまなものが用意されている
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.