調査リポート
» 2006年06月08日 01時25分 UPDATE

+D Voice:結果発表・番号ポータビリティ、今変えるならどこ? (1/3)

新機種ラッシュにわく携帯業界。各キャリアが自信を持って新モデルをお披露目してきたが、それを一通り見渡した上で――「今キャリアを変えるならどこ?」

[杉浦正武,ITmedia]

 各キャリアが、11月1日までに開始する番号ポータビリティを見据えた行動を続けている。5月には3キャリア揃って夏モデルの新機種を発表。音楽を強化したり、ワンセグに力を入れたりと思い思いのラインアップでユーザーにアピールした。それでは、現時点で「一番人気」のキャリアはどこなのか。

 ITmediaでは5月末に、Web上で誌上アンケートを実施した(5月24日の記事参照)。その結果が出揃ったので、公開しよう。

  • 調査期間:5月24日〜25日
  • 調査形式:Webアンケート
  • 回答総数:3799
  • 男女比:男性92.4%、女性7.1%

回答したユーザーの属性を見ると、市場シェアほどNTTドコモユーザーが多くなく、全体の37.2%となった。多かったのはauユーザーで、40.5%。しかしボーダフォンユーザーも多く、20.0%いた。男女の比率で見ると、相変わらず男性が多く9割を超えている。なお回答者全体の平均年齢は、29.4歳だった。


 まずは基本データとして、どのくらいのユーザーが乗り換えを希望しているかをチェックしよう。結果は下図のとおり。「すぐにでも乗り換えたい」「状況によっては乗り換える」を合わせると、半数を超えた。

Photo

 面白いのは、キャリアによって“乗り換え希望度”が異なることだ。下のグラフを見ると分かるが、auユーザーは「すぐにでも乗り換えたい」ユーザーが22.4%で最も多いが、一方で「絶対に乗り換えない」も24.2%と高い。ドコモユーザーの場合は絶対に乗り換えないと回答したユーザーが20.2%とまずまず高いのに対して、すぐにでも乗り換えたいユーザーは14.4%と、3キャリア中最も低かった。

Photo

では、どのキャリアに行きたいか?

 それではいよいよ、乗り換えるとしたらどのキャリアか――というデータを紹介しよう。ちなみに「絶対乗り換えるものとして回答してほしい」という条件だったので、今使っているキャリアと同じキャリアを選んだユーザーのデータは省いた。数のバラツキがあるので、公平を期すためキャリア別に集計している。

Photo

 これを見ると、明らかにキャリアごとの“傾向”があることが分かる。つまり、ドコモユーザーは全体の73.4%と大半が「乗り換えるならauだ」と考えている。乗り換え先にボーダフォンを選んだユーザーは23.6%で、イー・アクセスを選んだユーザーは2.6%に過ぎない。ところがボーダフォンユーザーを見ると、やはり「乗り換えるならau」というユーザーが過半数を占めるが、その割合は56.9%。ドコモに乗り換えようと考えるユーザーが38.6%で、4割近くいる。

 では人気のauユーザーが「乗り換えるならどこ」と考えているかというと、ボーダフォンとドコモがほぼ半々になっている。市場シェアが低いボーダフォンが、僅差とはいえドコモより人気な点は興味深い。なおauユーザーはイー・アクセスに相応の魅力を感じているようで、「乗り換えるならイー・アクセス」と応えたユーザーの割合は5.7%と、ドコモユーザーの場合の2倍以上となった。

 参考までに、上の3つのグラフをすべて合算すると下のようなグラフとなる。キャリアごとに回答者の母数にばらつきがあるので、その点は注意する必要があるが、傾向として基本的にauが人気があり、市場シェアが比較的少ないボーダフォンが意外にも善戦していることが分かる。

ms_dokoni1.jpg 「いま、メインの携帯キャリアを乗り換えるとして、どこと契約しますか? 絶対に乗り換えると仮定してお答えください」
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.