ニュース
» 2006年11月08日 22時17分 公開

ソフトバンクモバイル、11月1〜7日は2万8000件の純増

ソフトバンクは、11月8日に開催した中間決算発表会で、11月1日から7日までのソフトバンクモバイルの純増数を明らかにした。MNPでの転入出を含む新規契約と解約の差は2万8000件の純増だった。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルの孫正義社長は11月8日、ソフトバンクグループの中間決算発表会(11月8日の記事参照)で、11月1日から7日までの番号ポータビリティ(MNP)による転入出数と、番号ポータビリティを利用せず新規契約もしくは解約した利用者の数を公表した。

 それによると、トータルでの新規契約は9万9200、解約は7万1200で、2万8000の純増だった。内訳は、MNPでの転入が3万6400件、MNPでの転出が4万3500件、MNPを利用せず新規契約したのが6万2800、MNP以外の解約が2万7700となっている。

11月1〜7日の加入状況
種別 件数
MNP転入 3万6400
MNP転出 4万3500
新規(MNP除く) 6万2800
解約(MNP除く) 2万7700
新規計 9万9200
解約計 7万1200

 ちなみに10月のソフトバンクモバイルの純増数は2万3800だった(11月8日の記事参照)。このときはMNPでの転入が3万1100件、MNPでの転出が5万5000件で、MNP以外での新規契約は19万2100、MNPを利用せず解約したのが14万4400件だった。

10月の加入状況
種別 件数
MNP転入 3万1100
MNP転出 5万5000
新規(MNP除く) 19万2100
解約(MNP除く) 14万4400
新規計 22万3200
解約計 19万9400

 番号ポータビリティに関しては、10月24日から運用を始めたため、集計期間は10月24日から31日までの8日間となっており、11月1日から7日までの7日間とほぼ同じ。その中で転入が増えて転出が減っている傾向は、ソフトバンクにとっては追い風といえる。

 ただ、ソフトバンクの新料金体系には2カ月間の無料期間などがある関係で、月初に契約をするユーザーが多い。そのため、単純に月末まで同じ傾向が続くとは限らない点には注意が必要だ。今後番号ポータビリティを利用して転出するユーザーが増える可能性もあるので、最終的な契約数がどうなるかは未知数だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう