ニュース
» 2007年10月31日 18時34分 UPDATE

NTTドコモ、モルフォと資本提携――画像処理技術の開発で

NTTドコモは、画像処理技術の開発を手がけるモルフォと資本提携することで合意した。ドコモグループがモルフォの第2位の株主となる。

[ITmedia]

 NTTドコモは10月31日、画像処理技術の開発を手がけるモルフォと業務・資本提携することで合意した。モルフォはドコモを引受先とする第三者割り当て増資を行い9900万円を調達。これによりドコモの出資比率は6.58%となる。同社にはドコモ・ドットコムも出資しており(出資比率は7.28%)、今回の提携でドコモグループが第2位の株主となる。

 モルフォは携帯カメラの手ブレ補正技術など、画像処理関連の技術開発で知られる企業。同社の手ブレ補正技術は、NEC製の「N902iS」以降の手ブレ補正対応端末や、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「P904i」「P704i」などに採用実績がある。またシャープ製の「SH904i」に採用されたアクロディアのパノラマ生成ミドルウェア「VIVID Panorama」にエンジンを提供するなど、画像処理の応用分野を得意とする。

 ドコモは今回の提携で、携帯カメラへの手ブレ補正技術(静止画/動画)の搭載を進めるとともに、カメラ周りの新規ソフトウェアの開発や機能の追加、新製品や新サービスの開発について密接に協力するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.