ニュース
» 2008年04月04日 19時58分 UPDATE

スマートフォンで使える――リュウド、折りたたみ型のキーボードを発売

リュウドがUSB接続の折りたたみ型キーボードを発売。USB mini-B端子を備え、ウィルコムのW-ZERO3やEM・ONEなどのスマートフォンで利用できる。

[ITmedia]
Photo リュウドの折りたたみ型キーボード「RBK-500U」

 リュウドは折りたたみ型のUSB接続対応のキーボード「RBK-500U」を4月18日に発売する。同社のオンラインサイトの販売価格は6800円。

 RBK-500Uは、はUSB mini-B端子を備えた65キー日本語(JIS)配列のキーボード。中央部を中心に折りたたむことができるので、コンパクトな状態で持ち運ぶことが可能だ。ホスト機器とは、製品に付属する巻き取り式USBケーブルで接続。Type-A端子対応とMini-A端子対応の2つのケーブルが用意され、PCやスマートフォンと接続して利用できる。

 4月4日時点の動作確認済みのスマートフォンはウィルコムの「W-ZERO3[es]」「Advanced W-ZERO3[es]」、ソフトバンクモバイルの「X01T」、イー・モバイルの「EM・ONE」「EM・ONEα」の5モデル。X01Tを除く4機種は、リュウドがWebサイトで無償配布する「RBK-500Uサポート・ソフト」を利用することで、左右のメニューキーやウィンドウ右上の「OK」「×」の操作、F1〜F12へのアプリケーションの割り当てなどの機能が有効になる。

 サイズはキーボード利用時が285×98.5×14.5ミリ、折りたたみ時が145×98.5×19.5ミリで、重さは約180グラム。キーピッチは横18ミリ/縦17.2ミリでキーストロークは2.3ミリ。USBはUSB 1.2に準拠する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.