ニュース
» 2008年06月17日 21時53分 UPDATE

CommunicAsia 2008:“すべてを搭載する”Windows Mobileスマートフォン──Samsung電子の「OMNIA」登場

Samsung電子は6月16日(現地時間)、Appleが「iPhone 3G」を発表した6月9日に開発を発表した“マルチメディア+ビジネス”対応のスマートフォン「OMNIA」を、CommunicAsia 2008の開催に合わせて公開した。

[山根康宏,ITmedia]
Photo プレスカンファレンスが開催されたシンガポールのTheatreWorks。OMNIAとは「Everything」「Wish」の意味を持つ

 Samsung電子は6月16日、シンガポールのCommunicAsia 2008開催前日に行われたプレス向けカンファレンスで、タッチパネルを搭載した新製品「OMNIA」(SGH-i900)を公開した。発売は東南アジアが今週中、欧州が7月、そのほかの地域では8月を予定している。

 OMNIAはOSにMicrosoft Windows Mobile 6.1 Professionalを採用したスマートフォンだ。ユーザーインタフェース(UI)に「TouchWiz UI」を搭載し、指先だけで直感な操作ができる。また画面下中央には光学式のポインティングデバイスを備え、画面に触れなくてもカーソル操作などが可能だ。待受画面となるデスクトップ上には時計やスケジュール、写真などのウィジェットを配置可能で、これらは画面左側のサイドバー部分から自由に引き出し/収納できる。

PhotoPhoto 「OMNIA」(SGH-i900)の外観。ディスプレイは3.2インチで、全面がタッチパネルになっている。下部中央には光学センサーを備え、カーソル操作などに利用できる

 製品名の“OMNIA”とはラテン語でEverything、アラビア語でWishの意味で「すべてを1つに」「利用者の願いを実現」という製品コンセプトを表現している。OMNIAはWindows Mobileが標準搭載するオフィスアプリケーションを利用し、WordやExcelファイルの閲覧のようなビジネス用途に対応。3.2インチのワイドQVGAディスプレイは動画や写真を高画質で再生できる。オートフォーカス(AF)や顔認識機能を搭載する500万画素カメラ、オーディオ再生に対応するBluetoothなどマルチメディア機能も強化されていほか、GPSを搭載しGeoタギングにも対応すした。まさに「すべてを搭載し、消費者のあらゆるライフスタイルに対応する」ために生まれた端末だ。

 Samsung電子 テレコミュニケーション部門 ディレクターのジョシュ・デルガド(Josh Delgado)氏は「OMNIAはPC環境をシームレスに持ち出せ、映像などを高画質で楽しめるなど、ビジネスにもエンターテインメントにも対応する。そしてスマートな操作を可能にするタッチUIは、ユーザーに新しい体験を提供できる」と語った。またグローバルマーケティンググループ・モバイルコミュニケーション部門の部長、ヤンヒー・リー(Younghee Lee)氏は「消費者のあらゆるニーズに応えていくのがリーディングカンパニーとしての当社の使命。あらゆる機能を1つの端末に詰め込んだ“All in One”、そしてマルチメディアやインターネットの利用をシームレスに提供する“Infotaimnent”カテゴリの製品を市場に投入することで、消費者にイノベーションを届けたい」と製品コンセプトを説明した。

 OMNIAのサイズは112(高さ)×56.9(幅)×12.5(厚さ)ミリ。バッテリーは交換可能で、容量は1440mAhとかなり大きい。対応するネットワークはHSDPA(下り最大7.2Mbps)/W-CDMA 2100MHzと、EDGE/GPRS/GSMの850/900/1800/1900MHz。3.2インチワイドQVGA液晶の解像度は240×400ピクセルで、無線LAN、Bluetooth 2.0、AF対応500万画素カメラ、DivX/XviDフォーマットなどに対応したビデオプレーヤー、TV出力端子などを搭載する。

PhotoPhoto OMNIAの特徴やコンセプトを語るジョシュ・デルガド氏(左)とヨンヒー・リー氏(右)
PhotoPhoto 全面タッチパネルを採用したOMNIA。TouchWiz UIを搭載している。画面の左サイドバーにあるアイコンを指先で右側にドラッグすると、待受画面上にウィジェットとして配置できる。また本体を横に回転させると画面表示も横向きとなる
PhotoPhoto 背面には500万画素カメラを搭載。画面下の光学式ポインティングデバイスにより画面に触れず片手だけでの操作もできる
PhotoPhoto アプリケーションメニューは3×4の格子状に配列。プログラムアイコンを開くとアルファベット順にプログラムが表示される。指先でリストを上下にスクロールできるほか、画面右のアルファベットが各ソフトの頭文字に対応。例えばGoogleを探したいなら「G」を指先やスタイラスペンでタップするとGではじまるプログラムにジャンプする
PhotoPhoto 文字入力は画面上にキーボードを表示させ指先でタップも可能。またプログラムやメニューなどWindows Mobileの機能をそのまま呼び出すこともできる
PhotoPhoto メタルボディー仕上げや革ケースが付属するなど、外観やアクセサリーにもこだわっている
名称 OMNIA(SGH-i900)
サイズ 112×56.9×12.5ミリ
重さ 非公開
内蔵メモリ 8GB/16GB
外部メモリ microSDHC(16GB)
アウトカメラ AF付き500万画素CMOS(手ブレ補正、顔認識、笑顔シャッター、Geoタグサポート)
インカメラ
メインディスプレイ 240×400ピクセル、3.2インチワイドQVGA TFT
対応動画形式 DivX、XviD、H.263、H.264、WMV、MP4
対応オーディオ形式 MP3、AAC、AAC+、WMA、OGG、AMR
対応ネットワーク UMTS/HSDPA(2100 MHz)
EDGE/GPRS(850、900、1800、1900 MHz)
Wi-Fi
Bluetooth 2.0
OS Windows Mobile 6.1 Professional

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.