調査リポート
» 2008年07月07日 07時00分 UPDATE

まずは様子見?――iPhoneを“発売後、すぐに購入したい”人は3%

トランスメディアGPが、iPhoneに関する意識調査の結果を発表。iPhoneの認知度は45%と高いものの、購入については「今後の状況を見て決めたい」という回答が35%で最多となった。

[ITmedia]
Photo 「iPhone 3G」。ボディカラーはブラックとホワイトの2色をラインアップする

 トランスメディアGPは7月4日、「iPhoneに関する意識調査」の結果を発表した。調査は6月26日と27日の両日、普段携帯サイトを利用している10代から50代の男女480人を対象に実施したもの。

 同調査によれば、iPhoneについて「知っている」人の割合は45%。「少し知っている」という回答は23%で、何らかの形でiPhoneを知っている人は合計すると約7割を占めた。

 購入については「今後の状況を見て決めたい」という回答が35%で最多。「発売後すぐに購入したい」は3%にとどまった。購入したいと考える理由については、「機能が良い」という回答が最多で54%。これに「デザインが良い」が28%、「価格が安い」が17%、「新製品が好き」が17%で続いた。機能については、「マルチタッチスクリーン」と「iPod機能搭載」に魅力を感じたという回答が、どちらも43%で最多だった。

 iPhoneの購入を考えるのは、「料金が安くなったら」という回答が38%で1位となり、「利用者の評価が良かったら」が31%、「新機能追加」が28%と続いた。

 他方、iPhoneを購入しない理由は、「現在の携帯会社を替えたくない」という回答が41%で最も多かった。2位以降は「現在の携帯端末を気に入っている」が29%、「価格が高い」が23%となっている。また機能については「お財布ケータイやワンセグ、デコメなどの機能が使えない」ことを不満とする回答が30%、「一般の携帯サイトを見ることができない」が26%で上位を占めている。

 しかしiPhoneが流行ると思うかどうかという質問に対しては、6割以上が「思う」と回答しており、購入意向も「今後の状況を見て決めたい」という回答が最多だったことから、iPhoneへの関心の高さがうかがえる結果となった。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.